心霊×評論家軍団

2015/08/19(水)<心霊×評論家軍団>
【ホンマでっか !? TV】 http://www.fujitv.co.jp/honma-dekka/

www.fujitv.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓夏休み特別編  <心霊×評論家軍団>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      そこのア タ・・・
          ナ

     『幽体離脱』したことある人、手挙げてー !!

 

 ◇明石家さんま     ◇磯野貴理子 ◇一同(観覧者含め)遅れて
  ハァ~イ!       え”ー!   *エェ~*  ※とにかくいちいち
  誰も(手を)挙げへんから。       (笑)     反応が早い磯野貴理子(笑)

                ◇小杉竜一ブラックマヨネーズ
                 何の使命感やねん。(苦)


      あーやっぱりかー

      実はここだけの話、
     『幽体離脱』って簡単に・・・


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

      身の毛のよだつ怪談話も多くなるこの季節、

      心霊現象という不可解な出来事が、

      我々の恐怖心を一段と煽っている。


      そんな中、アメリカ【メディカル・デイリー】から
      こんな「ホンマでっか !? 」な情報が飛び込んできたッ!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■『幽体離脱』は練習すれば“体験できる”ようになる !?


 ◇明石家さんま
  フッ。(苦笑) *首を横に振る*     ◇加藤綾子 アナウンサー
  恋するといつも『幽体離脱』*頷く*(笑)  (笑)。
                     ◇マツコ・デラックス
  (笑)。アレは俺じゃない。(苦笑)     したいぃ、したいわ、幽体離脱ぅ。
                      ギャハハハハハハハ。(笑)
  ことが多々ある!     *一同苦笑い*
  エ~・・・


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*             ◇明石家さんま
 ◇澤口俊之 脳科学評論家         !? 脳科学から・・・
  だってこれは簡単な(渋顔)、もう・・・  アンタ『幽体離脱』してる方やもんね!
  (顔を背けて更に渋い顔。)     今出てるのは。
                    それであんなにおかしいねん。※マツコ
  この話は非常に簡単な話ですよ。      ◇明石家さんま     激しく同意
  ある、24歳の心理学を専攻している     ハイ、
  女子学生の話なんですけれども、       ハイハイ!

  その方がですね、自分で勝手に(自在に)
  『幽体離脱』ができるって人がいるんですよ。 いるんだッ!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.01
┣■『幽体離脱』を自分の“意思”で“できる”人がいる !?


 ◇マツコ・デラックス         ◇澤口俊之 脳科学評論家
  じゃあ彼女?か彼?かはそのぉ・・・    24歳。
  24歳?答えにはなってないけど・・・   24歳の女性です。
  どういうものを見てるんですか?実際。
                     自分を見たりとか、いろんな物、
  空、飛んだりとか・・・          物事を見てるんですよ。

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 曰く
         その女性は“空中”を自由に“動き回り”、
         “上”から“自分”を見ていた。

 ◇明石家さんま
  金縛りにあったり、        ◇澤口俊之 脳科学評論家
  疲れたりしているとたまにぃ・・・    ありますよ。この方(女性)の場合
  はあぁぁ・・・             自由にですよ、自由に。
          ◇ダレノガレ明美
           エェ~(驚顔)   ただしちょっと問題なのは、
  その人は!     *一同驚く*   子供の頃からやっているんですよ。
                    エェ、子供の頃からやっていて
  <『幽体離脱』時の脳の反応>    脳を調べると非常ーに面白くて、
   側頭葉は“活性化”し、      ある所が刺激されたりすると『幽体離脱』が
   視覚野は“活動低下”する。    起こるって判っているんですけれども、
                    その方ってぇのは、実際脳下を調べてみると
                    まさに能力部を含めた、脳が活性化するって
                    ことがあり、視覚野って部分があるんですが
 ◇明石家さんま            そこの活性化が下がっちゃうんで、つまり
  なるほどね!    *一同驚く*   “幻覚”を見ているんですよ、一人で。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.02
┣■『幽体離脱』の原因は“幻覚” !?


 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  つまりそういうことが出来るっていうのがポイントで、
  まぁ去年のことなんですけど出ていて、これ相当な有名な、◇明石家さんま
  いや、                         論文だけで証拠ない
  これは言っていることはですね、             もんなぁー

  「全ての子供は、
   『幽体離脱』の“脳反応”を持つ。」じゃないかと元々。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.03
┣■『幽体離脱』は“子供”の頃に、誰もが出来る可能性が !?


 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  それがやがて失くなっていくんだろうということと、  ◇明石家さんま
  やっぱりこの方は特別だっていう二つの大きな話というか。なるほどね!
  だからこの『幽体離脱』っていうのは、         判らんでもないけれども
  『幽体離脱』しようって思えば出来るんじゃないかと。
  あの区分すれば。

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 曰く
         『幽体離脱』(幻覚)は“子供”の頃から
         “訓練”すれば出来る可能性が。。。

 ◇澤口俊之 脳科学評論家            ◇磯野貴理子
  脳のどんな場所を刺激すれば出るかっていうのは 先生は信じてるんですか?その話
  判ってますから、こんな事は前から分かっている
  ので、大した話じゃないです。       ◇明石家さんま
                        あっそうですか。*ムッ*
                        第一声で大したことない言われると
                        今日の番組やるのどうしたらいいか
          *一同苦笑い*        分かんないです。(少怒)
                        大した話しましょうよ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇植木理恵 心理評論家
  心理学で考えると、いろんな「人体の不思議」って
  あるかもしれませんけれども、あのそれを全て
  「心霊現象」だと説明するのはナンセンスだと  ◇明石家さんま
  いう風に思いますよね。ハイ。          ねぇ?そういうことですよね。
  全部が心理学的なことで説明がつくと思います。  はぁ~心理学はそう言うんだ。
  そう、そう言い切ります!            ワォッ! カッコイイぃ(笑)


 ◇ダレノガレ明美                ◇明石家さんま
  私、小さい頃に遊んでいた子がいるんですよ。   あぅん。
  その子と毎日遊んでいてね、お母さんに
  「誰といつも遊んでるの?」みたいな。
  ついになんかぁ、普通に遊んでいた時にぃ、
  道路に(その子について)行ったから飛び出て
  (車に)轢かれそうになったんですよぉ。     あぅん。
  その子、その日からいなくなったんですよ。    うぅん。*頷く*
  でもそれを見えているの私だけだったんですよ。  アァ、子どもの頃ね、あぅんん

                         ◇小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
                          え”、自分しか見えへん友達と
  ずっと、                    遊んでたってこと ??
  お風呂も一緒に入っていたし、◇マツコ・デラックス
  一人で。一人で。*頷く*    それ、端から見たら一人でやってたの?

             *一同騒然*


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇植木理恵 心理評論家
  そういう例、あります。それもお母さんに「誰?」と聞かれたってことで
  なんか「こういう子がいた」って言いますよね?

  で、小っちゃい子が見たことって、親が大体こう名前を付けるわけですよ。
  「どういうのだった?」、「何をしてたの?」って言うの。

  そうすると答えますよね。答えている内に    ◇明石家さんま
  記憶が本当のものになっていくんですね。     なるほど~。
  具体的な「あーいう子と遊んでいた」という風に ◇ダレノガレ明美
  具体的なそういう風な勘違いって多いと・・・     否定されたようで(少し悲顔)
  思いますね。

        ◇植木理恵 心理評論家 によると
         子供の(実は)架空の体験
        → 親が“質問”し、子供が“答える”ことで、
         「どんな子なの?」   「赤い服の子と遊んでたけど
         「何してたの?」     消えちゃった。」

         本当の体験と思い込む。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.04
┣■“幼少期”の『心霊体験』は“偽りの記憶”の可能性が !?


 ◇吉田敬(ブラックマヨネーズ)       ◇ダレノガレ明美
  ダレノガレちゃんのその女の子は、実際
  存在してなかったってことなんですか?   ・・・  ※キョトンとした表情浮かべる


  *チーン*
 ◇澤口俊之 脳科学評論家     ◇明石家さんま
  それ簡単ですよ!        エッ?      *一同笑い*

  あの幼少期っていうのは、        ◇ダレノガレ明美
  多分6歳までですよねぇ。         5歳ですね。

  それくらいまでの(幼少期の)脳っていうのは
  大人のと違うので、相当に子供脳って違いますから、
  そんな理論(?)って相当に起こりますよ!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.05
┣■“幼少期”の『心霊体験』は“脳の未熟さ”が原因 !?


 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  実は大人に於いてもですね、そこまでいかなくても、
  「誰かがいるんではないか」というような感覚っていうのはあるんですよ。

                      ◇ダレノガレ明美
  それが原因に及ぶ、アン・パーソン     あっ、今でもあります。
  と言われる【FOP】ってやつです。

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         「大人の脳」
         → 何かの気配を“感覚として感じる”人が


 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  「誰かがいるんではないか」という感覚っていうのはもうモノの科学的に
  証明されていて、それ治まってくるとそっちなんですよ。

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         「子供」は脳が未熟
         → 霊的なことは幻覚など具体性を帯びて見る傾向が


  でも子供の頃はもう少し現実性がなんとなく帯びていて、
  「誰かが見ちゃったり」しているような幻覚を見ちゃっているんですけれども、
                    ・・
  大人の場合は【FOP】つまり  ・・
  「誰かがいる」んではないかという感覚になるんですよ。
  これどういう人になるかっていうのが判っていて、

              ◇ダレノガレ明美   ◇明石家さんま
  まず「女性が多い」。   エ~         女性が多いんだぁ。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.06
┣■“霊感”のような感覚を“持つ人”は“女性”に多い !?


 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  あとはね、ちょっと失礼なんですけれども、アッ! ◇ダレノガレ明美
  非常に美しいですよねぇ?  ◇明石家さんま    *キラン* ニヤリ(嬉顔)
                 美しいけどぉ?
  美しい人が見易いんですよ。  ウソぉ!      エェ~ ※やはり嬉しそう

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.07
┣■“霊感”のような感覚は“美人”な“女性”が“持ち易い” !?
                              ※宜保愛子は?(苦笑)

 ◇澤口俊之 脳科学評論家          ◇磯野貴理子
  アアぁ、あります。美しいって言ってるのは 関係あるんですかっ!※食いつき早い
  “シンメトリー”な方、見易いんですよ。

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         「シンメトリー」(左右対称)な人ほど ※女優・香椎由宇など有名
         “霊感”のような感覚を持ち易い。

  ちゃんと原因があって ◇明石家さんま         ◇ダレノガレ明美 
  もちろん。       え”ェ~バランスがいい人ね!  そうなんですか。
                              ※言われてみれば

 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  誰かがそこにいるんじゃないかって ◇明石家さんま
  感覚を持つ方っていうのは不思議と  え”ェ~    ◇加藤綾子 アナウンサー
  シンメトリーなんでぇ、       美しい人が見易い。 ・・・
  多分ですねぇ、           加藤は?     みっ!・・・
  誰といる感覚なんですよ。      ナニッ?     ・・・ アッ・・・
                    無いの?(苦笑)  無いですぅ(苦笑)
                    おまえあるように    ちょっと今(笑)
                    しようとしたやろ(笑)  しました。(笑)

          ◇マツコ・デラックス
           今の場合、Yahoo!ニュースになるから
           止めといた方がいいってアンタもぉ。  (苦照笑)。

 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  指の長さとかが、多分“左右対称”だと思いますよ。
  こうやって(手を合わせる)やった時に「指の長さ」が ◇ダレノガレ明美
  あまり変わんないとか。               へぇ~。※手を合わせる
  そんなような方って見易いって判っている。
                   ◇明石家さんま
                    あぁシンメトリーが人が見易いってことが!

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         「指の長さ」が“左右対称”な人
         → “霊感”のような感覚を“持ち易い”

 ◇マツコ・デラックス     ◇ダレノガレ明美        ◇明石家さんま
  大人になってからはあるのぉ? 私、前の家に“すごい居ました” えぇ、居たぁ!
 ◇小杉竜一(ブラックマヨネーズ) 霊かどうか判んないんですけどぉ
  エェ、怖ッ!         (何かの)気配がすごいするんでぇ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇植木理恵 心理評論家
  「心霊」とか「パワースポット」などを信じている人の方が、
  精神的な疾患に罹りにくいんです。*一同エェー* そうなんですね。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.08
┣■心霊など“信じている人”は『精神疾患』に“なりにくい” !?


 ◇植木理恵 心理評論家
  一般的にはあのぉ科学者、頑健なことを突き詰めようとする科学者の中に
  割と精神的な疾患が多いんです。

        ◇植木理恵 心理評論家 によると
         “真実”を突き詰めようとする「科学者」に
         『精神疾患』が多い傾向が

             ◇明石家さんま
    *一同エー*     エー、分かる分かる。疾患だらけやもんな、ここな。(笑)
              このメンバー、「疾患's」やもんな!
              アンタ、澤口さん。一番「疾患's」ですよ、アナタぁ。
 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  疾患・・・ ※しどろもどろ  ◇小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
  人を・・・  うろたえる。   「疾患リーダー」(笑)


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◇植木理恵 心理評論家
  信じている人っていうのは、「人間事」と「神様事」って別の事だって
  考えているわけですよね。

        ◇植木理恵 心理評論家 によると
         心霊などを信じている人
        → 「人間事」と「神様事」は“別”

  だから、何か悪いことがあったりとか悲しいことがあった時に、あのぉ
  全部「人間事」とか「データ」だけで考えずに、これは「神様事」だと
  二つの道で考えられるわけですから、広くモノを捉えられるんですよね。

        ◇植木理恵 心理評論家 によると
         「苦痛な物事」を「神様事」としても捉えられるんで
         “精神的負担”が“軽減”


                 ◇マツコ・デラックス
 ◇植木理恵 心理評論家       でもなんか凄い煮詰まっちゃった時とかは逆に、
  そうです。 ◇明石家さんま   他の他者のせいにできるよね、そういうことぉ。
         あっそうかぁ!  「自分が全て悪いんだ」とかじゃなくてぇ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*、*チーン*
 ◇武田邦彦 環境評論家           ◇明石家さんま
  それはねぇそれが『宗教』なんです。    あっ、なるほどねぇ。
  『宗教』はねぇコレどっちに向かっても
  「神様の思し召しだ」。基本はね。     ハイハイハイハイ。

  だけど僕らっていうのは、ほとんど全員がね
  “超常現象”を信じていると思うのはね、  あうん。
  「正月に初詣」。あれは“超常現象”の信用
  だからね。                ですよねぇ。
  だから日本人のほとんど100%くらいは
  そう思っているわけですよ。        そう、分かります*2。
  だって何のためにアレ、
  “手を合わせている”んですかね。     ねぇ? 
  “超常現象”です。お金まで払って。    それもお金払ってねぇ。


 ◇植木理恵 心理評論家        心霊、神様など
  基本的にあるか/ないかは別にして、霊的なものかどうかっていうのはまぁ、
  私は心理学的では理論で「全部説明できる」とは思うんですけれども、
  “信じている方が絶対幸せ”です。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇亀井眞樹 統合医療評論家
  じゃあ、本当にそういう世界があるのかどうかというとで言うと、
  今のところ『生まれ変わり』っていう現象を認めざるを得ないという
  科学的な研究がいくつかあります。  ◇一同  ◇明石家さんま
                     エー   ウソォ。 へー。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.09
┣■『生まれ変わり』としか考えられない“研究結果” !?


 ◇亀井眞樹 統合医療評論家
  いくつか代表的なのあるんですけれども、

  例えば1つ、
 ・【ヴァージニア大学】精神科の主任教授であった
  イアン・スティーヴンソンさんという方。

  この方は『生まれ変わり』ということに感心を持って、
  東南アジアを中心に約2300例ほど、

  「『生まれ変わり』以外では、なかなか他に合理的な説明がつかない現象がある」

  ということを発表されているんです。

  で、最近になってインターネット上でも話題になっているのが、
 ・3歳の少年の例なんですけど、
  エー、実はこの『生まれ変わり』
  イアン・スティーヴンソンさんの研究では「5つ」特徴があってぇ、

   <『生まれ変わり』を唱える人の特徴>

    1.男の子に多い。             ※前世の記憶を持っている。
    2.2~5歳で自発的に語り始める。
    3.5~8歳の間に記憶が消失していく。    前世と不思議と繋がっている
    4.多くの場合、身体の一部にアザなどがある。※指などが欠けている。
    5.両親に対して違和感がある。       ※自分の両親ではない気がする
       中には「本当のパパ・ママの所へ連れて行って!」
       と叫んじゃう3歳児とかもいるらしい。

  それでその3歳の少年は何を言い出したかというと
                                ◇明石家さんま
   「僕は殺されたんだよ。4年前に。」             ※あうん。連発
                                  興味津々(笑)
  と言い始めたんですよ。それでその村の男達が14人集まって
  その少年を守りながら、いろいろな村を訪ねて歩くんですよ。

  そうすると、ある村に行った時、皆見物客が集まってきた時に
  その少年がいきなり一人の男性を差して
                                ◇明石家さんま
   「僕はアナタに4年前殺された」っと言うんですよ。 *エェ!* ウソォー!(驚)

  で、その少年は実はここに(額に)アザが縦にあって、      ハアァ!
  それで警察がその人(男性)を調べてみると、           ハアッ
  実際に、4年前に、                      ウソやんッ !!
  一人の男性を、斧で前面・額を割って殺していた。   *エェェ~*
  死体も見つかったそうです。                 死体も見つかった
  見つかったという例もあって。                うわー怖い話やな

                  ◇小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
  はい、全然違う村の3歳の子供です。全然違う村の子供でしょう?
                  ◇明石家さんま
                   『生まれ変わり』とかいうことやろうけどなぁ
  ◇ダレノガレ明美         そういう事実があんねんから。
   エッ、私背中にアザがありますよ。 どんなアザや? ※ズカズカと近づく
   (苦笑)。

    ◇加藤綾子 アナウンサー
     見ようとしなくても。*制止* エッ?
    ◇マツコ・デラックス
     そんな簡単じゃないよぉ。 ◇明石家さんま
     収録中だし。        言い出してきたのソッチやしなぁ。

  ◇ダレノガレ明美        ◇加藤綾子 アナウンサー
   「〇」(丸)です。       でもどんな形なんですか?背中の。
   でも綺麗な「〇」じゃなくてぇ。
   ギザギザした「〇」      ◇明石家さんま
                   それ何かで突かれた、突かれて死んだ人のぉ
            *ウワッ*   『生まれ変わり』か分からへんねんなッ!
   それでお母さんとかも、
   「本当にこの人、私を産んだお母さんなのかな」って
   小さい頃よく言ってました。

     ◇マツコ・デラックス   ◇磯野貴理子
      ※吹き出し笑い →    それ、みんな思うよ。
                   みんな思わない?一回昔、子供の時。
     ◇明石家さんま       「この家の子供かしら、私?」って。
      誰に聞いてんだ、お前(笑) 思ったこと、、あるもんね?みんなね・・・
                                  (苦照笑)
            *一同爆笑・苦笑い*  ※雰囲気を壊す不器用なツッコミ
                        相変わらず。それでいて長らく
                        芸能界にいるのだから凄い(笑)

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  ですけど、やっぱり脳なんですよぉ。多分『前世』に関しても「遺伝子の繋がり」
  ではないかというのが最近の説ですよねぇ。   ◇明石家さんま
                          なるほどぉ。

  つまり、自分の生きている間に起こったことが「伝わらない」っていうのが
  今までの考え方だったんですけれども、DNAの結び方(?)などを通してぇ
  もしかして「記憶」もですね、『前世』のが伝わっていくのではないかという
  説もあるので、

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         最近では『前世の記憶』が「DNA」で
         『後世』にまで“伝わる”という説もある

  自分が「どのような仕打ちを受けた」とかっていう記憶を
  鮮明に覚えていて、どういうことを覚えていたかってことですよねぇ。


  ◇明石家さんま
   あぁ「行ったことのない場所」を鮮明に覚えてるって。  *エエェー*
   小杉たまにない?前ここ来てないかって思うような所。
   吉田そうやろう?          ◇吉田敬(ブラックマヨネーズ)
                      そうですね、行ったことのないような、
                      香港映画とか見てたら
   そうそう。(笑)           「俺、絶対ココ行ったことあるな」って

        ◇マツコ・デラックス
         あと「同じ体験してるって思う日」なぁい ??  
   アルアル! 「これ、前同じ日があったよな」っていう。 ◇磯野貴理子
         ウゥン。。。*不思議そうに頷く*       デジャビュみたいな
  ◇明石家さんま
   これはそやなぁ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇池田清彦 生物学評論家
  『デジャビュ』は判っているんですよ。非常に類似性に対して脳が敏感な人に
  もの凄く『デジャビュ』になり易いんですよ。

  だからちょっとした似たことでも「これはもう過去に体験したことだ」と
  思ってしまって・・・

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.10
┣■『デジャビュ』を体験する人は「似た事に敏感」なだけ !?


 ◇池田清彦 生物学評論家
  「類似性」に対して鈍感な人は『デジャビュ』ほとんどないですよ。

                    ◇明石家さんま
  うん、みんな敏感なんだ。       ハアァ、俺ら敏感なんだッ!
                     小杉だけが鈍感なんだ。 *一同苦笑い*
  ◇小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
   ・・・ あ~でも、あるあるあるあるぅ。 ウソ言うなッ!
   コレ前あった*2、この感じ前あったかも。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◇加藤綾子 アナウンサー
  皆さんの中にこう『心霊体験』なんかみたいなものを、したってことはあります?


 ◇マツコ・デラックス
  私、そんなに無いんだけど、一回ぃ友達の携帯で私が写メで撮ってもらったのよ。
  で、それが送られてきましたと。で、「アッ」(こないだの写真だね・・・ )「エッ」
  と思って。最初カーテンがここにクシャクシャって止めてあったんだけど、
  その模様が、なんかちょっと人の顔っぽく見えたのね、最初。

  まあでも「シワ」であるよねって思って、何日か後に何気にそれ(写メ)を見たら、
  「ピエロ」みたいな顔に今度見えたのよ。ちょっと人間っぽくなってたの、それが。

  それでまあ気持ち悪いなって思ってて、まーた暫くしたら友人から連絡があって、
  「あの写メ、まだ持ってる?」って言うから「ちょっと見てよ」と言われて見たらぁ
  いわゆるまだ死んでない「知人の顔」だったの。共通の知人の。*ハッキリと?*
  ハッキリとその人の顔だなって判るぐらい。         *エェー*貴理子
  私も全然ほったらかしにしてたんだけど、友人から連絡があって見たら
  それになってて、怖くなっちゃって、
                 ◇明石家さんま
  じゃないんだけどぉ、      それは別に死んだとかそういうことないわけね?
  まっちょっといろいろあった人で。 うわぁー。 ◇加藤綾子 アナウンサー
  ウン、なのかなって思ったんだけど、       なんかこう思いが来てるかな?
  気のせいなの?


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  人間っていうのは「顔」とかですね、人の「姿」を見たがるんですよ。
  そういう性質を元々持っているので、    ◇明石家さんま
  そうです。それは人で            あぁ言うてたな、前も。
  個人差はあるんですけども見たがるんですよ。 柱のアレとか人に見えるという・・・

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.11
┣■人は「脳」の性質上“不明な物”を人の「顔や姿」として見たがる !?


 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  心霊写真とかで「犬」とか「猫」とか「昆虫」とかって、 ◇明石家さんま
  そんなに騒がないでしょ?                あぁぅん。
  そんなのあったとしても大体「顔」を見るんですよね。

  これは大体「顔」を見るっていうのが分かっていて、
  パンの生地に顔を見るとか、月に(顔を)見るとか
  そんなことはもう分かっていますから、人間はまさにそれでぇ
  あったように見えるだけです。後は“理由付け”をどうにでも付けて、
  それでやると益々そういう風に“信じ込んで”きてぇ
  いわゆる植木先生が仰っていたとこの「偽りの記憶」みたいになっていくんですぅ。

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         実際に“一度”でも「顔」などに“見える”と
         “理由付け”し、より“信じ込む”ようになる

 ◇マツコ・デラックス
  じゃあ最初に見たヤツとカーテンの状況っていうのは、何も変わってないわけだ。

 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  変わってないのに、その脳が勝手にそういう風な情報が入ってくると、
  見たがるモノがより見たがっていって、◇明石家さんま
  ・・・ (聞き取りきれず)         なるほどね!ソッチの方がまた面白いしね
                     ※マツコ・デラックスも納得していた。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇植木理恵 心理評論家
  そうですね。仰るとおり、それと「偽りの記憶」っていうものが
  他の知り合いの方と共有したってことで、より強まるんですよ。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.12
┣■「偽りの記憶」は“共有”すると本物と“錯覚”し易い !?


 ◇植木理恵 心理評論家
  『目撃者情報』は多ければ多いほど「信憑性」は“薄く”なるんです。

  ・・
  一人の人だけが見ている時っていうのは、きちんと人はモノを記憶していて
  そのことの情報の「信憑性」も“高い”んですけれども、

  「これはこう見えない?」、「こういう風にも見えるわよね?」と。
  「いや、こう見えたらあの人じゃない?」、「そうあの人よ」と、

  ・・・
  みんなで重ねていくとドンドン情報っていうのは「真理」から“離れていく”
  んですね。

        ◇植木理恵 心理評論家 によると
         「目撃者」が揃って「話し合う」と
         「真実」から“離れていく”傾向に


  アメリカとかでは『犯人の目撃情報』っていうのは、犯人が人を殺すのってのを
  見ていた時に、5人で揃えて話を聞くってことは絶対しません。そうすると大体
  「こういう人だって」ってことが段々こう同じ方向にみんなが話を合わせていく
  ようになって、1人1人情報を別の部屋で聞くっていうことをすると・・・

    ◇マツコ・デラックス
     でも先生それ、私写っていた時って、
     「バスガイド」の恰好をして、         ◇明石家さんま
     『六本木心中』を歌っていた時なんですけど。   知らんがなッ!
     それは関係ない?

        ◇植木理恵 心理評論家 によると
         犯人の「目撃情報」を聞く場合、
         “1人1人”別室で「聞く」ようにする


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◇加藤綾子 アナウンサー
  ダレノガレ明美さんはなんか【ハワイ】でも?


 ◇ダレノガレ明美
  あっ【ハワイ】では、普通「夜景が綺麗な所」あるじゃないですか?
  そこに行こうってなって、すごく有名な所があって、森を通って行くんです。
  上にこうクルクルクルクル。  ◇磯野貴理子
  あっそうそう。         【タンタラスの丘】ね。

  あそこに知らなくて行ったんですけれど。で、ドンドン上へ連れて行く内に
  足が痛くなってくる。左足だけ。「あっ、これマズイな」って思って、
  動けないだけ左足だけこうずっと握られている感じが *誰かに握られている感じが*
  で、下に行ったら紫色の手形がバッと付いていて・・・  *これももうアカンな*◇小杉

  これは何なんですかねぇ?

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  古典的なもう『ラバーバンドイリュージョン』の応用バージョンですよ。
  あのそれに関しては“面倒臭い”のでいいッス!(苦々顔)

                 *エェー* (一同驚)

  『ラバーバンドイリュージョン』ってサイエンスにとって有名な話ですよね。
  もう“常識的な話”なのでいいッス!
                        ◇明石家さんま
                         ナニがぁ?
                        ◇小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
  『ラバーバンドイリュージョン』っていう・・・   そこしか言うてくれてへん!(怒)

                 ◇マツコ・デラックス
                  そんなに何回も言うなら説明してよ、もぉ!(怒)
 ◇澤口俊之 脳科学評論家     ◇明石家さんま
  えっとですねぇ、        それはどういう現象なの ??

  簡単な研究をやった方がいるわけですよ、
  ゴム手袋を(本物の手の)自分がやって、あと違う(ダミーの手の)ゴム手袋を置き、
  (両手の間を仕切り板で区切る。)
  同時に叩くんですよ。(ゴム手袋を何度か同時に叩き続ける。それを見ている。)
  (今度は交互に叩いている内に)ソッチ(ダミーの手)を叩いても自分(本物の手)が
  叩かれているような感じがする。これを『ラバーバンドイリュージョン』という
  「自分の感覚が別の感覚に移る」という・・・

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         『ラバーバンドイリュージョン』(脳の錯覚)

  だから誰かが触られていたものが、自分が触られていたと勘違いしていただけです。
  脳が。
                ◇明石家さんま
                 脳が勘違いして「青アザ」作ったんや!(嬉笑)

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.13
┣■得体の知れない「誰かに触られた」感覚は、『脳』の「錯覚」が原因 !?


 ◇澤口俊之 脳科学評論家
  誰かが触ったんですよ。誰かが何かを触ったんですよ、そん時。

             ◇吉田敬(ブラックマヨネーズ)
  それが(握られたのが) ペットボトルとかのを持っている(握っている)のを見て?
  自分がされたっていう
  イリュージョンかなんか  ◇明石家さんま
  そういうのを・・・       あー、イメージで形残んねん!
                だから熱湯を目隠しして掛けて、あのぉ(その後で)
                冷水を浴びせたら火傷すんねんから。 *エェー*
  あぁ、そうです。      「今から熱湯掛けるぞ、熱湯掛けるぞ」って言うてね
                冷水ポーンと掛けたら「熱いッ!」言うて。
                ホンマに火傷すんねん!
 ◇加藤綾子 アナウンサー
  エェー(驚)、身体が?    そうや!
 ◇吉田敬(ブラックマヨネーズ)
  皮膚も赤くなるんですか?  そうや!
  エーッ!(驚)

        ◇澤口俊之 脳科学評論家 によると
         「他人」が何かを「握っている光景」を見て
         「自分」の足が「握られた」と脳が“勘違い”


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇植木理恵 心理評論家
  「脳の錯覚」で、そういう締め付けられたっていう感覚は実際にあるんです。
  「跡が残る」こともあるんですけれども、

                 ◇マツコ・デラックス
                  じゃあ「ここちょっと怖いなぁ」と思って、
                  もしかしたら「幽霊出るかもしれないな」という
  もちろん、そうです。      状況がそれ(錯覚)を生む可能性もあるってこと?
  そうです。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇植木理恵 心理評論家
  ダレノガレさんみたいにそのお子さんの頃に5歳までよりも小っちゃいような頃に
  そういう「霊体験」とか「お化け」を見たことがあるって人は、割と一生見ます。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.14
┣■『幼少期』に「心霊体験」をした人は、『大人』になっても「継続」する !?


 ◇植木理恵 心理評論家
  大人になってもあのぉ、そういう感覚っていうのは研ぎ澄まされてしまうというか
  “記憶のセッティング”が出来ちゃうんですね。
  “幽霊というのは出るんだろうな”と。    ◇明石家さんま
                         なるほどな。えぇな石井はぁ。
  だから急に40歳過ぎて、               ◇石井一久
  急に幽霊を見るってやっぱりなくて、           ここまで無発言(苦笑)
                        ◇明石家さんま
  やっぱりお子さんの時に「霊体験」がある人は  うわーバカっていいよな~。
  ずっと見るっていうことが・・・          石井は?(苦笑)

       ◇石井一久
        僕、特別ないんで・・・ (苦笑)
        あんまり「石井は?」って
        振って欲しくなかったです(苦笑)  (苦大笑)


        ◇植木理恵 心理評論家 によると
         『幼少期』に「心霊体験」をしたと“思い込み”と
         『大人』になってもその“思い込み”は“継続”する


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇谷本道哉 運動生理学評論家       ◇吉田敬(ブラックマヨネーズ)
  「脳で幻覚」とかって話ありましたけど、 凄い“クソ田舎のホスト”みたいな恰好
  *無言で*(苦笑) *しわくちゃ顔*
           ※確かに的は得ている。(笑)

           ◇マツコ・デラックス   ◇明石家さんま
  (苦笑)。      どうしちゃったのぉ?   ファッションに目覚めてんねん!
  大事な話いきますね。             
  (苦笑)。                   ホンマや!


 ◇谷本道哉 運動生理学評論家
  あのぉ「幻覚」とか『脳』で“霊現象”とか勘違いするって話がありましたけれども
  身体でも起こることはいろいろあります。あのぉ霊に取り憑かれたりとかしなくても
  “勝手に身体が動いてしまう”ってことはいろいろあるんですね。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.15
┣■身体が“勝手に動く”のは「生理的」な現象 !?


 ◇谷本道哉 運動生理学評論家
  僕自身にあったことで、
  ちょっと死の恐怖に見舞われるぐらい怖い現象があったんです。

  夜寝てたんですね。寝たまま歩き出したんです。
  で、階段の方へ行ってそのまま真っ逆さまにドーン!といったんです。(転落)
  もうドーン!と。(階段から転落した。)んですが、そこでちゃんと両手を付いて
  受け身を取ってたんです。

  で、これ全部生理学的に説明が出来て、「寝てる」んですよ。
  でも寝てても実は歩けて、実は「脳が無くても歩ける」んですよね。

  動物実験で『脳』を切除してランニングマシンの上を歩かせることが出来るんですよ
  歩行みたいな基本な動きっていうのは「反射経路」があって、勝手に歩けるんですね

  で、手を付いたのも実は「反射」で、あのぉ、
  『緊張性頚反射』といって首の動きが変わると手が出たり引っ込んだりするんですよ
   ※新生児などもでよく調べ研究されているようだ。

  そういった「反射」なんかで動けたりもするんで、
  いわゆる「霊現象」だと思っているものの中にも、
  「反射」が関係してて、勝手に動いていると説明できるものは結構多いと思います。

        ◇谷本道哉 運動生理学評論家 によると
         人は一定の「感覚刺激」に対して
         “無意識”に「反射」という運動反応をする


  ◇明石家さんま
   あーなるほど。だから分からんでもないですね。
   石井なんかは疲れる商売やろから、そういう現象とか
   起こるやろ? 金縛りとか?
                 ◇石井一久
                  ・・・ あっ、でも僕、
   (笑)。 ほぉ。        布団から出たくないってことはありますけど。

  ◇小杉竜一(ブラックマヨネーズ) 仕事に行きたくないから、
   どこが心霊現象 !? (苦)    布団から出たくないことはあります。だから・・・

       ◇マツコ・デラックス
        なんなのソレ!
        全然関係ないわ、それもぉ(呆怒)

  ◇吉田敬(ブラックマヨネーズ)    ◇石井一久
   金縛りのせいにしてるんですか !?   *頷く* 関係あるのかなぁって思って。

               *女性陣(苦笑)*


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇武田邦彦 環境評論家
  かつてね、宇宙は1つだと思ってた。これ『ユニバース』って言って。

  ところが今は物理的にはね、違う物質で構成された宇宙が大体1万個あるんですよ。
  僕らとダブっているわけですよ。だからここには誰かがいるんですよ。
  なんだか分かんないだけで。
                   ◇明石家さんま
                    ハァ、そういうことを、思ってきているんだ
  それはもう確定していると。     確定して、ここに人はもういるんだ !?
  物理学的には確定している。     ヘエェ~(驚)


    ※「我々の宇宙」と「別の宇宙の人」が重なった同じ空間にいるという捉え方。

        ◇武田邦彦 環境評論家 によると
         複数の宇宙が存在し「我々の世界と重なっている」
         という考え方

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.16
┣■『物理学』的に【宇宙】は1つではなく“複数”が“重なって”存在する !?


 ◇武田邦彦 環境評論家
  ダブってるこう【宇宙】が。ところが僕らはどうしてもそのドアが見つからないの。
                            ※別の宇宙への出入り口

  だけど、もしかしたらドアが分かっている人がいるかもしれない、
  それはもちろん普通だったら「脳の異常現象」という風に整理するけれども、

  「脳の異常現象」で整理するっていうのは、【宇宙】が1つだと思っているから
  「脳の異常現象」で整理する。

               ◇明石家さんま
                だからいわゆる【ドラえもん】って凄いんですねぇ。

  【ドラえもん】の『どこでもドア』っていうのはね、
  明らかにあり得るんですよ。(物理学的に)     *へぇ~* 一同驚嘆


                   ◇明石家さんま
   ◇吉田敬(ブラックマヨネーズ)   じゃあ一遍、むやみに開けてみなーなぁ?
    どれかが『どこでもドア』かも
    分かんないんですもんね!    そうそうそう。(笑)

 ◇武田邦彦 環境評論家
  それを探しているんですよ、一生懸命。*真顔*  ◇明石家さんま
  『物理学』は。                 ハアァ、なるほど。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  *チーン*
 ◇門倉貴史 経済評論家
  この日の為に、全国の【心霊スポット】の経済効果を計算してきました。

       ◇スタジオ観覧者の女性 ※なぜか一際大きな歓声が上がる。ヤラセ?
        「オォー」「オォー」
                       ◇明石家さんま
  *ニヤ~* 発表を・・・             何を笑うてんねん!ほんでぇ!


 ◇門倉貴史 経済評論家            ◇明石家さんま
  結論から申しますと、            あぅん。
  な、なんと、
  1200億円。*クルリ* ※観覧席を見渡す。
               女性全く無反応。 ゴメン「オォー」って言うてあげて
                                      (笑)

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  No.17
┣■全国の【心霊スポット】の「経済効果」は、約1200億円 !?


 ◇門倉貴史 経済評論家
  まずですね、全国の【心霊スポット】がサイトで集計したところ、 ※地味だなぁ
  な、なんと218ヵ所もありました。

  一番多いのは、な、なんと【京都】で23ヵ所。
  なぜかと言えば「神社」や「仏閣」が多いから。

       ◇スタジオ観覧者の女性 ※お願いされて大げさに反応してあげる
  *クルリ*  「アァ~」「アァ~」
                  ◇明石家さんま
  *ニヤ~* 発表を・・・        ちょっともうエエ、甘えかすな !! (苦笑)
                  ◇マツコ・デラックス
                   もうダメよ、もうダメよ、もうダメ。(苦)

 ◇門倉貴史 経済評論家
  そうして【心霊スポット】に行くと一杯お金を使うじゃない? あのぉ
  遠かったりして「交通費」も掛かるし、「お土産」とか「虫除けスプレー」とか
  いろいろ買いますよね? 旅費などの経済効果をトータルすると約1200億円。

        ◇門倉貴史 経済評論家 によると
         【心霊スポット】へ行く「旅費」や雑費などの「経済効果」

  さらに【心霊スポット】でお金を使うと、そこで働いている飲食店の人達の
  収入も増えるんで、そういう効果も含めますと、1200円になるんですよ。

   ◇明石家さんま        ◇マツコ・デラックス
    1200円。(苦笑)      なんなの。もう本当に。(怒)
    お前「億」をよく置くよね。
    1200億円やろ!     ◇門倉貴史 経済評論家
    続けんのかいッ !! (怒)    地域経済の活性化に・・・ *ウフ、うふ*(苦笑)


        ◇門倉貴史 経済評論家 によると
         周辺の飲食店などの“収入増加”による経済波及効果も期待

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・番組後半の20分ちょいの特集でしたが、面白かったですね。思わずこうして
  メモに残してしまったわけですが、いや~非常に疲れました。*1千行超え*

┣・いろいろと他にも応用できそうな話だと思います。語るとまた長くなりそう
  なので、ここでは止めときます。(苦笑) これらの心理現象が社会に深く
  根付いていることは間違いありません。

┣・心理学や哲学というものはかなり面白く、これらを深く読み進めると学校や
  会社などでの人間関係も滑稽に思えること間違いなし! 対人関係で悩んで
  いる方は是非ともこれらの書物を手に取ることをお薦めします。ただ深みに
  嵌まると時間的感覚をも消失させてしまうかもしれません? (苦笑)

┗・物理学も面白いですね。『どこでもドア』か。実際にもう既にありそう。(笑)