これぞ世界一の放蕩息子

2014/09/09(火)<これぞ世界一の放蕩息子>
5時に夢中!】 http://s.mxtv.jp/goji/


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓夕刊ベスト8 
┃ 2位 <これぞ世界一の放蕩息子>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

s.mxtv.jp


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣【日刊ゲンダイ
 『これぞ世界一の放蕩息子』

www.nikkan-gendai.com


 ◆もぎたて海外仰天ニュースより


 ・ルーマニアに住む18歳の男子学生が登校の際にヘリコプターを利用して
  いるそう。その理由が「少しでも長く寝ていたいから」。


 ・試験の日にはフェラーリで登校したこともあるそうで、紙面で紹介すると
  「あってはならない」「いてはいけない生徒」などの批判が相次いでいる。


 ・なお父親は資産約250億円の不動産王。欲しいモノは何でも買い与える
  甘やかしぶりだという。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■この放蕩息子になんて言いますか?


 ◇北斗晶
  学校にヘリコプターで行くなど馬鹿な話だと思うが、父親の資産を考えると
  そういう家の子なわけで、ちゃんとしないと苦労するよと言ってもこれだけ
  不動産があるわけだし、日本みたいに遺産相続で半分持って行かれたとしても
  だよ、それでも遊んで暮らせる環境に生まれちゃった子なんだよね。

  世の中にはそういう子もいて、あーだこーだ言うのは僻みでしかないと思う。

  でも世の中、いろいろな子育てというのがあって、

  子供の内にあまり贅沢なモノを与えるのは良くない、という考え方は間違い。
  子供に時にいいモノを与えて、それを得る為には一生懸命勉強してお金を
  稼がなければいけないことを子供が考えるようになる。なるほどと思った。


 ◇岡本夏生
  あのね、北斗の子供はね、超幸せだと思う。だってね、私が48年掛けて
  行ったナイアガラの滝とかさ、世界の旅をね、11歳で成し遂げてるわけよ。
  だからね、同級生の子は羨ましいと思うだろうし、海外なんてなかなか
  行けないじゃない。私だって子どもの頃など1回も行ったことないし。
  だから晶・北斗のブログを見るとムカついてしょうがないんだよ。(苦笑)

  完全にもう“プチ放蕩”ですよ。バカ親ですよ。 


 ◇北斗晶
 ※話を聞いていて終始(苦笑)。

  いろんな所を見せたやりたいと思ってる。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・私も早くに父が亡くなり母子家庭となり、それ以来、家族旅行など出掛けた
  ことが1度もなかったです。当初車もなかったので同級生の家の車に便乗
  させてもらう時が嫌でね、ウチ以外全員車がある中で強烈な敗北感を味わい
  ましたよ。その分、勉強やスポーツで見返してやりましたけどね。(苦笑)

┣・40過ぎて振り返ってみると、生活力は他家と比べないことが一番ですね。
  旅行などに行けない分、なにか他にやることを見つければ済むだけですから。

┗・今つくづく思うのが本を読んでおけばよかったってこと。本には書いた人の
  貴重な時間・成果・人生が詰まっています。それを安易に得られるのです
  からね。時計の針を巻き戻せるならば、毎日、本を読みたいですね。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┗・北斗晶は大病に見舞われてしまったけれど、それまでにやれるだけのことは
  見事にやり抜いたからね。大したものだと思うよ。今度はお子さんがしっかり
  見守ってくれることでしょう。

  さて私も頑張らないとなぁ。。。