企業2015年4~9月決算、明暗

2015/11/11(水)<企業2015年4~9月決算、明暗>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓日経朝特急  <企業2015年4~9月決算、明暗>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

www.nikkei.com

 ◆上場企業 2015年4~9月期決算

 ・企業や業種間での好不調の差がくっきりと出た。
  特に『資源』『海外』『スマートフォンスマホ)』の3つのキーワードでくくると
  その傾向がより大きくなる。


  ※カッコ内は経常損益の前年同期比増減率、%。▲は減少。


  『資源』
   【日本航空】     (34) 原油安で燃料コストが低下。
   【三菱ケミカルHD】 (77) 原油安で石油化学品の採算改善。
   【三菱商事】    (▲45) 石炭や鋼など資源分野が不振。
   【三井金属】    (▲59) レアメタル下落で在庫評価損。


  『海外』
   【富士重工業】    (62) 北米で自動車の販売伸びる。
   【味の素】      (59) 東南アジアで調味料が好調。
   【神戸製鋼所】   (▲28) アジアの鋼材市況が悪化。
   【日立建機】    (▲61) 油圧ショベルの中国販売が減。


  『スマホ
   【村田製作所】    (64) 通信部品の受注が拡大。
   【ソニー】    (黒字転換) 画像センサーの搭載数増加。
   【オムロン】    (▲27) バックライトの受注不振。
   【シャープ】   (赤字転落) 液晶パネルの販売低迷。


 ・『海外戦略』ではどの地域が収益源かで業績に明暗が分かれた。
  経済の減速感が強まっている中国が投資から消費に経済の軸足を移す中、
  その風向きの変化に巧く反応した企業は検討している。


 ・2016年3月期通期は経常利益が7%増える見通しだが、
  不調企業がどう逆境を切り抜けるかが持続力を左右する。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・浮き沈みの激しい世の中なわけですが【村田製作所】と【富士重工業】は最近では
  “不沈空母”と化してますよね。“高品質”の強さ・憧れ度合いが伺い知れます。

┣・【シャープ】はどうするんですかね。海外ファンドが入っていれば、
  「液晶事業の切り離し」で採算改善を迫っていると思うのですが、他にも良い製品
  ある企業ですからね。【三洋電機】同様に無くしてしまうのは惜しいです。

┗・とはいえこれが資本主義のビジネスですからね。「弱った」のだから仕方ないか。