苦境のバイオ燃料 藻から食用油の開発

2015/12/22(火)<苦境のバイオ燃料 藻から食用油の開発>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓日刊モーサテジャーナル  <苦境のバイオ燃料 藻から食用油の開発>
┃ MORNING SATELLITE JOURNAL
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

www.tv-tokyo.co.jp

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣【ウォール・ストリート・ジャーナル】

jp.wsj.com

  Biofuels Move From Lab to Frying Pan
 ◆生物燃料は、研究室からフライパンへ移ります


 ・「藻から作った食用油」を用いて調理している写真を掲載。

 ・石油の代替燃料として注目されてきた『バイオ燃料』が現在苦境に立たされている。


 ・原油価格の急落などバイオ燃料関連企業を直撃。この食用油を作る新興企業は
  12年前の創業以来、自動車などのバイオ燃料開発を手掛けてきたが、
  より多くの利益が期待できる『食用油』の開発販売に踏み切った。

 ・この企業は「藻から作られた食用油」の魅力の1つとして
  「軽くて“クリーン”な味が楽しめる」としているが、

  果たして起死回生のヒット商品となるのでしょうか ??

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 ◇佐々木明子 MC
  政井さん、原油安の影響というのは本当にいろいろな所に出てくるんですねぇ。


 ◇政井貴子 新生銀行 ※専門は為替。的確な市場予測に定評
  そうですね。通貨でも実は昨日【アゼルバイジャン】の通貨が『ドルペッグ制』をね
  産油国はズッと使ってますけど、まあ外れて一気に3割ぐらい通貨安になって・・・
  まぁあまり良いことではないんですよ!これで売り上げは円安で輸出企業が潤うのと
  一緒で、同じように産油関連の企業が潤うということになります。

  でもそういうのが2016年に向かって続くんじゃないかって、1つのリスクとして
  その辺も宿題になるのかなーって感じですよねぇ。

          ◇佐々木明子 MC
  そうですね。   『ドルペッグ制』が無くなる・やめる国が増えるかもしれない?
           そういう動きですねー。チェックしたいと思います。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・『バイオ燃料』。日本ではミドリムシから産出されたものでバスや飛行機を飛ばす
  食用品も販売と一見上手くいっているように報道されていますが、ミドリムシ食品
  本当に売れてるの? バスもバイオなんてのはそれほど見かけないしね。前の職場が
  晴海通りに面していたので、天然ガス車のバスとか走っているのは目にしたけどさ。

  「実際の数字を出して欲しい」と少し思ってしまいました。(苦笑)

┣・「円安」誘導により大手輸出関連企業は確かに潤ったようです。羽振りが良い人達は
  確かに高級百貨店などで高額品を買われているのでしょう。しかしそんな場所には
  程遠い、我々一般庶民の目に彼らが触れる機会は極めて少ないです。目に触れずして
  景気浮揚の雰囲気など感じられるわけないし、どーしても所得再分配が歪している
  としか思えません。別の意味で狩りが始まるんじゃないでしょうか?狩るなら立場の
  異なる層へ向かってね。(爆) 同じ層を狩るのは共食いと言います。(爆)


┗・お金が増えても怖くて満足に表を歩けなくなる。そんな時代がまた日本にもやって
  来るのかもしれませんね・・・ 。「昭和の凶悪犯罪史」を振り返ってみて下さい。