山間部で 『水俣病』 一体なぜ?

2016/11/02(水)<山間部で『水俣病』一体なぜ?>
【NHKニュースウオッチ9】 http://www9.nhk.or.jp/nw9/

www9.nhk.or.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  <山間部で『水俣病』一体なぜ?>
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    “公害の原点”とも言われる『水俣病

     今年2016年で公式確認から60年が経ち、先週『慰霊式』が行われた-


     この『水俣病』は“有機水銀”に汚染された
       【水俣湾】などの魚を食べたことが原因で罹る病-

        国の基準を元に認定された人は【熊本県】を中心に3千人近くに上る。

     水俣病について知っておいてほしいこと | 一般財団法人水俣病センター 相思社


     ところが、海から離れた【鹿児島県】の山間部で『水俣病』と診断される人が
          最近になって分かってきた-

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  山間部の『水俣病
┣■海から離れた地域で・・・


 ◆一体なぜ?

  鹿児島・伊佐市
 【大口山野地区】
  山間にある地区。

  九州森林管理局/伊佐市 大口山野 布計 ※相当山深いみたい。危険度「A」だとか。

  ◇78歳の男性 この地で生まれ育った
  ・50代の頃から手足に軽い痺れを感じ、周囲に勧めで医師の診察を受けたところ
   4年前2012年『水俣病』と診断された。

   歳のせいだと思ってましたので、別にその『水俣病』だなんて全く考えて
   いなかったですね。*頷く* 自分でももうビックリしましたし、まず「関係ない」
   と思ってましたので(^o^;)、尚更、ショックがありましたけどねぇ・・・ (悲顔)。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 『水俣病

  診察中
  ◇男性医師
  (患者をうつ伏せに下状態で背中を触診しながら)
   これ、どこ触っているか分かる?

  <『水俣病』の主な症状>

  ・手足の先端部分の神経が麻痺するなどの「感覚障害」。


 ・医師達が【大口山野地区】やその周辺で、42人を診察したところ
      『水俣病』の症状が見られた人が39人に上った。

  ◇髙岡滋 医師
  「まあこんなにあるのだな」という感想は持ちましたねぇ。※この先生も麻痺有り
   これまであの「沿岸地域」で検診をしてきましたけれども、
   それと(この「山間地域」でも)類似したような結果-


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 Q.なぜ海から離れた「山間の地区」で、
   『水俣病』の症状を訴える人が相次いでいるのか?

 A.
  ・「症状がある」と診断された39人が住んでいる場所は
   【水俣湾】からは山を隔てて30km前後離れている。

    医師達はこの位置関係に謎を解く鍵があると見ている。


  → この地区には30年程前まで【水俣】が起点となる旧国鉄・山野線が通っていた

    廃線・山野線

    廃線探索 山野線(歩鉄の達人)

    かつて全国各地で見られた『行商』の風景
                ※昭和30年代の映像が流された。
                【東銀座】歌舞伎座脇にいたお婆さんまだ健在かな?

    海沿いの街で魚を仕入れた行商人は、列車に乗って「山間部」へと売り歩いた-


   鹿児島・伊佐市
  【大口山野地区】
   ◇この地区で行商をしていた女性 80歳代
   【水俣】で仕入れた魚を売っていたという。

   【水俣】からですね、仕入れをして(ブリキのカゴの天秤竿に)魚を入れて
             担いで行っとったわけですね、こうして。

             ※保存状態メッチャいい。サビ少ない。
              きちんと手入れをしていたことが伺い知れます。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  山間部の『水俣病
┣■対象地域の“外”


 ◆認定に“高い壁”

  鹿児島・伊佐市
 【大口山野地区】
  ◇78歳の男性 この地で生まれ育った
  ・行商人が売っていた魚を「よく食べていた」という。

  【水俣】の魚は新鮮だということで、全部、当時は【水俣】の魚でしたねぇ・・・ 。
   朝昼晩、新鮮な魚を食べていましたねぇ-

  ・医師によって『水俣病』と診断された男性。
   しかし被害者として法に基づく『救済』を受けるのは“簡単ではなかった”。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ・民間の医師が『水俣病』と診断しただけでは救済を受けることはできない。

  1.【県】に申請して「救済の対象」と認められる必要がある。

  2.対象に認められるためには県が指定した対象地域での居住歴が重要となる。
                 海沿いの【水俣市】。
                 山間部の【伊佐市】は対象地域に含まれていない。
                           水俣湾から離れているから?

  → そのため78歳の男性は【県】に対して

   「“日常的に【水俣】の魚を食べていた”ことを
    自ら証明しなければならなかった」。

    ・40年以上前に行商人から魚を買っていた記録は残っていなかった。
    ・一方で当時、仕事で毎日のように【水俣】に通っていた。
     そこで、
     【水俣市】でガソリンを入れていた「当時のガソリンの領収書」や
                       給油済み
                       38.10.5
                       水俣石油株式会社

     「魚を買ったと記録された家計簿」を【県】へ提出。
      サバ  ※几帳面に単品ずつが記載されていた。


  → 【県】は「【水俣】で買った魚を日常的に食べていた」として
    78歳の男性を救済の対象に認めた。

   ◇78歳の男性 この地で生まれ育った
   「こげなもん」と、ざっくばらんに考えとったんですけど
    コレがあったおかげで「認定」になった-


   ・しかし、医師達の調査では
    この【大口山野地区】に住んでいた人の中で「救済を受けられた」のは
    この78歳の男性・夫婦だけだった。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ・同じ【大口山野地区】に住む
  ◇87歳の女性
  ・39歳の時、突然動けなくなるほど足が痺れ「入院」した-
   1968年頃

   足も手も痺れて叶わなかった。もう這って回らなければならなかったです-

   入退院を繰り返す生活が50年近く続き、現在も10種類以上の薬を飲んでいる。

  ・4年前2012年
   民間の医師に『水俣病』と診断されたが
   【県】からは「救済の対象」に認められなかった。


  ・女性は家族と共に【旧国鉄・山野線】の駅の側で【商店】を営んできた。
   行商人から仕入れた魚も取り扱っていた-

  (仕入れた魚は)全部【水俣】ですよ。【水俣】から行商があの(売りに来た)
   駅はすぐそこだからね。あの行商さんがここ専用に2人いて、飛ぶように売れた。


  ・女性は「救済」を受けようと当時店で仕入れていた魚量など記録した帳簿を
   【県】に提出した。

   → しかし帳簿には「仕入先」が記されておらず
     そのため【県】は【水俣】の魚を食べていた証拠とは認めなかった-

水俣病 山間地では/魚の行商先たどり調査/鹿児島 ※【赤旗】は2014年8月に報道済み。


  ◇87歳の女性
  『水俣病』だけは私は腹が立つの。
   なんとしても解決してもらいたいの。*頷く*2* 認めてもらいたいんですよ。

   ウチで買った人に申し訳ないと思っているんですよ。*コクリ*
   何も知らなかったからホラ、(知っていたら)だったら売りもせんし-

   ホントに認めてですね
  「悪かったですね」と言ってもらえれば、それでいいんですよねぇー


  【岡山大学
  ◇津田敏秀 教授 ※水俣病に詳しい
  ・『行政』がこれまで被害の全容を把握する調査を行ってこなかったため、
   今後も症状を訴える人が相次ぐ恐れがあると指摘する。

   アクションを患者様の側が起こさないと「病気1名」として数えられない。
   だんだん口を開く人が五月雨式にドンドン後から出てくる、そういう構造に
   なってしまいます。

  (国や県の全容)調査が実行されないためにそういうことが起っていると。
   もうハッキリと断言できますね。*頷く*

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 ◆公式確認から60年

 ・終わらぬ『水俣病


  ◇鈴木奈穂子 MC
   (苦)。今になって診断されている人が増えているというのには驚きますけれど
   50年前に食べた魚の記録を遡って探して証明していくっていうのは、これは
   途方もなく大変な作業ですよねぇ。


  ◇河野憲治 MC
   それは難しいですよねぇ。
   しかもその関係者の人にとって高齢化のね、進んでますからね。

   先週の『慰霊式』に出席した◇山本環境大臣は、
                「患者の救済が完了しているとは言いがたい」

   という風に発言をしています。

   【国】などにはできるだけ早い対応が必要なのではないでしょうか?

www.asahi.com ※確かに認める方向ですね。もう高齢者だから? 認定作業を早めて欲しい。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・酷い話ですよね。ゆえに公務員は皆額に入れ墨させて目立つようにしろと言うのよ。
  責任の所在を一目で分かるようにさ。何十万人・何百人もいれば逆に彫っていた方が
  ステータスが上がるくらい、善行に努めてくれりゃいい話で、そう【キン肉マン】の
  マスクと同じ原理です。(苦笑) とまあ嫌みを書いてしまうくらい、腹立たしい話。

┣・商店を経営してて・魚売りの行商が定期的に来て・それを地区の人々が認めていれば
  もうそれで『水俣病』による被害者だと認めて然るべきだと思いますけどねぇ。もし
  規定で条件が足りないというのであれば、それを放置したままとせずに、県なり国の
  上層部に上申するのが勤めでしょう。職務怠慢だとして訴えられないのか、コレ(怒)


┣・『行政』の野郎共は「見舞金・助成金」に気付かなかった本人が悪い的な思考です。
  「高額医療費制度」も申請しないと貰えないしね。なんなの、この不平等は ??

   クッソみたいな、詐欺的なやり方だよねぇ。こんな所で働いているヤツらなんて
   よっぽど冷たい人間なんだろうね。家庭も表向きだけじゃないの?(苦笑) *ケッ*


┗・それにしても昔の人は家計簿にしても帳簿記入はとても几帳面だし、モノを大切に
  扱っていますよね。ブリキの天秤竿などは今でも全然使えるくらい美品でしたよ。
  Amazonに上場すればすぐに売れちゃいそうな気がします。(笑)


  認定が早く認められますことを願って、ここに拙い・乱暴ですがメモさせて頂きます