廃炉・賠償の利用者負担 新たに“8兆円余りに”

2016/09/16(金)<廃炉・賠償の利用者負担 新たに“8兆円余りに”>
報道STATION】 http://www.tv-asahi.co.jp/hst/


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  <廃炉・賠償の利用者負担 新たに“8兆円余りに”>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         【原発】の『廃炉』や『賠償』の費用


       やはり私たち国民にツケは回されてしまうのか ??


        【資源エネルギー庁】から独自に入手した

         内部資料
             『電力システム改革の貫徹』


         これを見ていくと【原発】の『廃炉』や『賠償』には

         新たに8兆円余りという莫大な費用が掛かる-

         さらにそれを【政府】が、

         全国の利用者に負担させる形で調整に入ったことが判った-

                    ・・ ・・
             『電力システム改革の貫徹』

              これは改革と言えるのか?

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  廃炉・賠償の利用者負担
┣■新たに“8兆円余りに”


  番組が独自に入手した
 【資源エネルギー庁】の内部資料

www.enecho.meti.go.jp

 『電力システム改革の貫徹』には


  【福島第一原発

   ・廃炉費用として 4兆円

    総額8兆 = 4兆(資本的経費)+4兆(経常的経費)


   ・賠償費用として 3兆円

    過去分

    総額7兆 = 5兆(一般負担金)+2兆(特別負担金?)
          → 内、過去分(6割)


   ・そして【福島第一原発】以外の
    廃炉費用として 0.8兆円(400億×50基の4割)
            0.5兆円(130億×50基の過去分(7割))

        合計で「8.3兆円」と記載されている。

        これを「全て利用者に負担してもらう」という調整が
        密かに始まっていた-


   ・全国の『送電線利用料』に上乗せする形で、全ての利用者から徴収。

    <標準家庭の場合>

     東電管内  :毎月180円
     その他の地域:毎月 60円  を想定している。

www.sankei.com

www.sankei.com

www.nikkei.com


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆街頭インタビュー

 【東京都新宿区】

  ◇主婦(75)
   絶対それは嫌ですよぉ。何でも尻ぬぐいは出来ないッ!

  ◇年金生活者(82) 男性
   自分のところの不始末なんだよねぇ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 【東京電力
 ・事故を起こした責任から、その後始末に自力で「2兆円」を用意してきた。

 ・しかし現場での作業は費用がかさみ『廃炉』までのどのくらい費用が掛かるのか
  “誰にも判らない”というのが実態-


  今年2016年7月
 『東京電力会見』
  国への救済を求めていた。

  【東京電力HD】
  ◇西山圭太 取締役 ※【経産省】からの出向
   世界で初めて挑戦するような事業でもございますので
   これを実現していくためには“【政府】との連携”や課題共有が不可欠であると-


 ・イチ民間会社である【東京電力】が起こした事故の後始末に
            なぜ国民の負担が必要なのか?


  <【東京電力】の営業利益(昨年度2015年)>

    3407億円


 ・今回は【東京電力】以外の【原発】の『廃炉費用』も
               広く国民が負担する内容となっている。


 【経済産業省

  内部でも
  「国民へのツケ回しであり、事実上の『東電救済策』に国民の理解が得られない」

  といった声が挙がっている。


  2016年9月16日 午前10時半
  ◇世耕弘成 経産大臣
  (国民負担は)現段階では検討していません。*頷く*
   まずは【東電】が責任を持って対応していくべきだと考えています。*頷く*


 Q.「現段階ではない」ということだが、
   将来的には可能性はあるか?

 A.
  ◇世耕弘成 経産大臣
   もう私が申し上げた言葉の通りです。*ニヤリ*
   ・・・  ※記者団を見渡し、少し威圧するような表情に見受けられた

 

  【政府】は
   僅か数回の議論を経て、年内に結論を出す方向。

   その中には今後さらに費用が不足すれば、
             費用を上乗せできる『法改正』も含まれている。

www.tokyo-np.co.jp


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆『再生エネルギー』については


 ・これまでの「普及を後押し」してきた仕組みを変える方向が盛り込まれている。

  新たな仕組みでは
  『再生エネルギー』の「料金が割高」になるため、
             普及の妨げになるという指摘も出ている。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・独自入手ということもあり、TVで報道されたのは同番組内だけでしたけど
 『再生エネルギー』の負担金に関しては先日、池上彰氏の番組内でも大きく取り上げて
  ましたね。僅か4年で負担額が10倍近く膨らんでいるという指摘。その通りでして
  節電に努めて電力使用量も減らし、石油やLNGなど調達コストも大きく下がっても
 「再エネ賦課金等」の項目欄はこの1年間だけで7割近く増えてしまってます。

  奇しくも当家の電力使用量の7月分が同じだったので見比べてみると

     2015年07月分   「165kwh」   2016年07月分

     -26.40円   燃料調整額   -702.90円 ※大幅減も11月↑(悲)
     260.00円   再エネ賦課金等  371.00円 ※前年比7割増↑

www.sankei.com ※株価のような「燃料調整額」と、増える一方の「再エネ賦課金等」。(苦)


 「再エネ賦課金等」が年々増えているのは【東電】による買い取り量が増えているため
 (太陽光発電など新規参入者が増え続けている)だからそうですが、設置の不備などが
  大きな社会問題となっている中、この不透明感満載の増額は頂けません。(苦)

 【政府】を問い詰めたところで「それを決めたのは当時の政権【民主党】」と述べられ
  野党陣営を益々弱体化させるだけですし(苦笑)、ホント困ったものです。


┣・【原発】にしろ【太陽光】にしろ、ここまで国民負担を賦課させるのであるならば
  明瞭会計・査定をして一般公開すべきです。それもせずままいつまでも昔のやり方で
  押し通せると思っているならば、世の中乱れていく一方です。

┗・暴発・テロも自分の極身近へ向わず、こうした輩の元へ向うのであればいいのにね。
  まっ元々“根性が無い”から権力には立ち向かえないのでしょうけど。

  結構ガードが甘いけどね【霞が関】近辺。ある程度の頭数が揃えば楽に・・・ (苦笑)