日本人独特の細かい気配り・・・切れ目

2014/09/05(金)<日本人独特の細かい気配り・・・切れ目
【所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!】
 http://www.tv-tokyo.co.jp/sokontokoro/index.html

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  外国人が本当に驚いた日本の技術
┏┓ <日本人独特の細かい気配り・・・切れ目>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 『マジックカット』 Magic Cut


 ◇アメリカの若い女性
  とても手際よくキレイに切れるね。

 ◇ドイツ の若い男性
  とても開けやすくてクールだと思ったよ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆日本で誕生した「どこからでも切れる袋」。2000種類以上!
  わさびやしょうゆの袋など。

 ・発売以来、売り上げ100億円以上


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆開発したのは【旭化成パックス】埼玉県上尾市
  食品、医薬品などの包装用フィルムやプラスチック容器を製造する会社。

 ・フィルム技術開発部長・大野俊明さんに聞く。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■「どこからでも切れる」その仕組み。


 ◆袋の端をよーく見てみると「傷がついている」


 ◆引っ張るだけで小さな傷から裂け目ができ、次の傷へとつながっていく。
  それが「切れ目」となって、開くという仕組み。

 ・この“小さな傷”こそが日本が世界に誇る技術!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■“小さな傷”の驚きの誕生秘話


 ◆35年前- 当時の専務が出張帰りの新幹線車内での出来事。
  ビールとおつまみで仕事の疲れをいやすのが楽しみだった専務。


 ・しかし! おつまみの袋をど~やっても開けられない!
  老眼で「おつまみの切れ目」が見つからなくて開けられなかった。

  会社の技術者に自分のこの悔しい思いをぶつける専務。

  「指先だけで簡単に、どこからでも開けられる袋は作れないか !? 」


 ・輸送や店頭などで袋に触れられる。

  “袋が破れて欲しくないときは裂けない。
   袋を裂きたいときには簡単に裂ける。 ”

  すごく難しいポイントだった。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆この未知なる「傷」作りの研究は改良に改良を重ね、開発期間5年。


 ・辿り着いたのが、傷の大きさ0.5mm。その間隔も0.5mm。*黄金比*


 『マジックカット製造機』

  正確に極小の傷をつけるには、なにより切れ味が重要。
  心臓部にあるローラーの特殊な刃は、職人が1本1本手で彫ったもの。

  また直線では一気に切れすぎてしまうため、傷の形を三日月形にした。

  刃を作る職人と何度も改良を重ねた、技術者と職人の努力の賜物である。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 ◆出演者一同で『マジックカット』された袋を*ビリビリ* *スイスイ*と裂く。


  「うわぁ、気持ちいい!」           ◇福田彩乃

  「(裂くときに)ストレスないな、コレ。」   ◇所ジョージ

  「(真っ直ぐ縦方向に。)横には全然切れないで」◇清水ミチコ

  「気持ちいい、コレ。1日やっていたい。」   ◇平泉成


  「『プチプチ』に繋がるものありますね。」   ◇所ジョージ

  「今朝ね、納豆を食べて来たんだけれど     ◇平泉成
   老眼鏡をかけないとうまく袋が切れない。
   コレだったらスゴイよね。感動的。」


 ◇所ジョージ
 ・専務だからやったが、平社員だったら誰もやってくれないんでしょうね。

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┗・外国人の驚き方がハンパなかった。>『マジックカット』。
  これこそ【クールジャパン】だと言えると思います。ホント。