肝機能に血糖値まで、小4の1割が「おじさん化」・・・

2015/08/04(火)<肝機能に血糖値まで、小4の1割が「おじさん化」・・・ >
【みんなのニュース】 http://www.fujitv.co.jp/minnanonews/index.html

www.fujitv.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓ <肝機能に血糖値まで、小4の1割が「おじさん化」・・・ >
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┣■小4の1割が「おじさん化」 !?  肝機能に異常


 【香川県三木町】
  最高気温35.6℃を記録。プールで夏休みを楽しむ子供達だが、実は今
  この子供達を巡り、香川県が頭を悩ませていることがある・・・ それは、


 “生活習慣病予備軍”の小学生

 ・去年2014年
  香川県の小学4年生を対象に行われた
  「肝機能」や総コレステロール中性脂肪などの「脂質」「血糖値」を計る
  血液検査で、異常値を示した子供が約1割もいることが判った。


 ◇父兄
  子供が肥満傾向なのかなと思います。

 ・実際、香川県三木町のプールで遊んでいる子供達を取材すると、
  結構“ポッコリおなか”の小学生が多く見られた。


 ・そもそも調査のきっかけは、深刻な香川県の“糖尿病治療者数”。

  <糖尿病受療率> 外来・入院 人口10万人に対して
           【厚労省】患者調査より
                         ※グラフより目分量
        徳島県   香川県   全国平均
   1996年  300人  230人  190人
   1999年  340人  240人  180人
   2002年  300人  260人  175人
   2005年  315人  250人  180人
   2008年  290人  315人  160人
   2011年  315人  310人  190人


 ・2008年に全国ワースト1位になると、その後も隣の徳島県とワーストを争っていた。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 【香川県
  「糖尿病ワースト1位脱出事業」と題し、まず小学生を対象に検査をしたところ
  このまさかの結果に・・・ 頭を悩ませている。


 Q.なぜ香川県の小学4年生の約1割が“生活習慣病予備軍”になったのか?

 A.
  ◇香川県民 20代の赤ん坊を連れた若夫婦
   野菜とかあんまり食べんよね。で、『うどん』がすごく好きで。

  ◇香川県民 30代の幼子を抱いたお母さん
   離乳食もほとんど『うどん』(苦笑)。もう『うどん』・・・


 ・原因は、消費量全国1位、香川県民のソウルフードである『うどん』。
  さらに『うどん』に『おにぎり』をトッピングするなど炭水化物のオンパレード!


 ◇村尾孝児 センター長 香川大学・糖尿病センター
  炭水化物の配分を(通常は)食事全体の中のカロリー半分という風に考えればいい。
  ですから香川県の方は『うどん』と『おにぎり』もしくは『うどん』と『稲荷寿司』
  というようなパターンですと、“炭水化物の取り過ぎ”っていうのは
  肥満を助長する一つの原因になるかと思います。


 『ヘルシーうどん店MAP』
 ・香川県保険事務所は『うどん』の他にも野菜も食べて欲しいと
  「野菜も食べられるうどん店を星でランク付け」したマップを配布してる。


 【香川県
  “偏った食生活”が子供にも反映されたのではと指摘している他、

  <異常値が出た子供へのアンケート>からは、

   「おなかいっぱい食べる」
   「早食い」
   「一日のゲーム時間が長い・2時間以上」


  などの生活習慣が多いことも判っている。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■一方、全国では・・・


 ◆去年2014年【文科省】が行った
 『全国体力テスト』
  1週間の運動時間が60分未満の児童が約1割近く、
  そして、その約半数が0分という結果が出ている。

 ・さらに
 【厚労省】は
  肥満児(0~15歳)の5~15%に『糖尿病』などが存在していることから
  “小児生活習慣病”として「ライフスタイルの改善」に取り組むなど、
  問題は香川県だけでなく全国的に広がっている。

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・何らコメントもなく単なるNewsとして片付けられていたが、コレってかなり
  由々しき問題だと思う。思い起こせば現在四十過ぎの自分が子供だった頃も
  “炭水化物”中心の食事生活だったが(苦笑・親が仕事で忙しいかったから)
  “ポッコリおなか”でもあったけど、それなりに運動・外で遊んでいたことを
  覚えてる。中学生になると運動部で汗をかき、高校生は文化部でほぼ帰宅部
  みたいな状況だったけれど(確かにこの頃は太っていたなぁ)上京した際は
  極貧生活で自然と激やせした。(自爆) それなりに変化があったおかげで
  今も生活習慣病として糖尿病などにならないで済んでいるのかも知れない。

┗・肥満問題と言えばアメリカやメキシコが大きく取り上げられているが、日本も
  このように抱えているわけで、しかも日本の場合は運動時間が0分などと
  体力的問題も上積みされた深刻な状況であることが大いに推測される。親も
  暢気に笑っていられない。食事以外に没頭できる何かを子供に見つけたあげる
  ことが自分の経験上、解決策に繋がるかと思う。TVゲームとかじゃダメだ
  けど。TVゲームは視力を奪う・乱視になる最悪なモノとして注意喚起した
  方がいいと私は考える。もしこれがアメリカだったならファミコンなどに対し
  大きな訴訟問題が起きているだろうと思っている。任天堂ナムコハドソン
  エニックススクウェア等。これらの会社によって私は視力2.0から極度の
  乱視になりました。あの頃に自分に会えるならこの惨状を教えて上げたい(悲)

  話がズレてしまったが、まっ由々しき事態であることは間違いなさそうです。