読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリア危機巡り 米露外相会談へ

【Newsモーニングサテライト】 226西南アジア・中東 232ロシア 253アメリカ合衆国 319外交・国際問題 391戦争・戦略・戦術

2015/10/23(金)<シリア危機巡り 米露外相会談へ>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓日刊モーサテジャーナル  <シリア危機巡り 米露外相会談へ>
┃ MORNING SATELLITE JOURNAL
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

www.tv-tokyo.co.jp

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣【ウォール・ストリート・ジャーナル】

jp.wsj.com


 ◆シリアのアサド大統領がロシアを電撃訪問し、
  プーチン大統領とガッチリ握手を交わす写真を掲載


  Talks Set on Syrian Crisis

 ・これがキッカケになったかは定かではないが
  2015年10月23日に、アメリカとロシアの政府幹部が会談することになった。

 ・会談は、ロシアがシリアでの空爆を開始して以来初めてのことで、
  米ケリー国務長官オーストリア・ウィーンで露ラブロフ外相と会談し、
  シリア内戦の解決策について、話し合う見込み。

 ◇ケリー国務長官
  アサド政権に対抗する『シリアの反体制派』がロシアの空爆の標的になっている
  ことについて、懸念を伝えるとみられている。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 ◇井上哲也 野村総研 ※日銀出身。福井副総裁(当時)の秘書官などを歴任
  (注目したのは)やはり『シリア問題』ですね。この問題ご覧の通り、
  「移民を通じて、ヨーロッパに深く関係してます」よね。


 ◇佐々木明子 MC
  アメリカはアレですね、あの『アフガニスタンの撤退』もできなくなって-
  どうでしょうか、外交上では?


 ◇井上哲也 野村総研 ※日銀出身。福井副総裁(当時)の秘書官などを歴任
  なかなかね『中東政策』が上手くいかないですね。オバマさんの元ではね・・・


 ◇佐々木明子 MC
  そうですね。難しいですよね。。。

 

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・完全にお株を奪われてしまっているアメリカ。英中にしてもそんな感じですよね。
  物資・金融に物を言わせてきたアメリカに対し、皆が一斉に反旗を翻している様子。
  クラスで威張っていたアメリカ君を皆が一致団結、シカトし始めた感じですよね。
  アメリカ君に寄り添いまだ従うように見える日本君もいつ裏切ろうか思案中?(苦笑)

┗・アメリカの自分勝手な振る舞い、また頭の悪さに皆うんざりしたのではないだろうか
  今のロシアはより冷静で、かつ行動が素早いので本当に強い・危険な国だと思うね。
  最も近い隣国(北方領土は目と鼻の先)でもあるので個人的には仲良くしたいのだが
  安倍政権、『シベリア抑留』を持ち出して、一体ナニを考えているのやら?
  アメリカとも最終的には別れたい・独り立ちしたいわけでしょ?ねぇ? うーん・・・