米 インフラ投資計画

2015/12/09(水)<米 インフラ投資計画>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓NY証券取引所  <米 インフラ投資計画>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  選挙が近づいてくると景気に対して前向きな話題への期待も大きくなるが・・・


  2015年11月末
 ◇ヒラリー・クリントン 民主党 米大統領候補
  向こう5年間に渡り、2750億ドル(約33兆円)規模の公共事業への投資計画
  を発表した。


 ・銀行を設立して“レバレッジ”をかけることで最大5千億ドル(60兆円)にも上る
  とされている。


 Q.ヒラリー・クリントン氏の狙いは?

 A.
  ◇ヒラリー・クリントン

   この投資によって21世紀も米国が世界経済をリードするための基盤を構築する。

   道路や鉄道などのインフラに10億ドル投資することで1万3千人の雇用を創出。
   その雇用の大半は賃金が比較的高い仕事になる。質の高い雇用の創出効果も高い
   ことを強調している。

 

  2013年
 【米土木学会】
  アメリカでは多くでインフラの老朽化が進んでおり、
  2020年までに3.6兆ドル(約400兆円)を超える投資が必要とされている。


  <米 インフラ状況>

   道路  「不十分」
   橋   「可」
   空港  「不十分」
   鉄道  「可」
   飲料水 「不十分」
   ダム  「不十分」
              ※「優良」「良」「可」「不可」「使用不可」の順。


 ・特に高速道路が半分以上が45年以上経過していて、渋滞などの原因にもなっており
  早急な改善が必要だとされている。


 ・年明けから選挙戦が本格化する中、ヒラリー・クリントン氏が優勢となれば
  公共事業に関連する建設株などにとっては追い風となりそう。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・脆弱な道路事情もあってか、アメリカでは『ピックアップトラック』の人気が高い
  わけですが、日本でもこの老朽化が進むインフラ整備は度々問題視されてますね。
  しかし実際に手を付け始めるのはいつも都心が最初で、なかなか地方にまで手が
  広がっていないのが現実ですね。「使用不可」通行禁止となった「橋」など田舎では
  結構存在するのではないでしょうか? 広い土地を有しておきながら、渡る橋げたは
  1つしかなく、毎朝の通勤時に渋滞するなど発展途上のアジア諸国とそう変わりない
  のかもしれません。(苦笑)

┣・マンションにしてもそうですが、使用期限・寿命というものを建造物には必ず定め
  その総量・メンテナンスの必要数から計画的に練られないものなのでしょうか ??
  毎度「無くなったら困るぅ~」と被害者妄想ばかり言われてもね、倒壊するよりは
  マシでしょ? まぁマンションなどの場合には資産価値などの絡みもあって誰もが
  シカトしたい問題なのかもしれませんけど。そーいう困った所にメスを入れていく
  のがお上・行政の役目だと思うのですが、強引にやるのは沖縄の米軍基地問題とか
  福島の原発事故処理くらいだものね。本当に行き届かなくて勤めていて恥ずかしく
  ならないんですかね? 日本ばかりでなくどこの国でも同じなのかもしれないけど。

┗・世界中からお金が集まるアメリカにとっては実現しやすい政策なのかもしれません。
  まずはアメリカ様のインフラ整備を終えて、それからですか、日本以下の国は。(笑)