読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問われる“カジノ”の是非 【アジア】では過当競争とも・・・

【報道STATION】 797ギャンブル 323憲法・行政法 318地方自治・地方行政 368社会病理(事件・事故)

2016/12/12(月)<問われる“カジノ”の是非 【アジア】では過当競争とも・・・ >
報道STATION】 http://www.tv-asahi.co.jp/hst/


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  <問われる“カジノ”の是非 【アジア】では過当競争とも・・・ >
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   韓国のカジノ
  【江原ランド】から「LIVE中継」を行われた。


   ※「綺麗にきらびや飾っている」と言っていたけれども、建物の背景は真っ黒で
    ホテルの壁がライトアップされてはいるけれども、地方の国道を走らせてると
    拝める【大手パチンコ屋】のネオンよりもショボく私の目には映ります(苦笑)
    「経費削減」してんじゃねえの ??  地方都市なのでする意味もないとか。

 

  【日本】では今、【自民党】などが明後日2016年12月14日まで
   国会の会期内に『カジノ法案』を成立させたいと必至になっている。

   もしかしたらこうした【カジノ】が【日本】にも誕生するかもしれない。


   実際【カジノ】を支える街の足元はどうなっているのか?

   【江原ランド】
    「収益は大きい」と言われているが、様々な問題を抱えていた-

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  『カジノ』
┣■既に過当競争か


 ◆問われる“カジノ”の是非


 ・賛否両論ある、いわゆる『カジノ法案』

  いち早く取り入れたお隣【韓国】では-

     カンウォンドウ
 【韓国・江原道】

  ◇50代とおぼしき男性  ※後ろ姿のみ
   現金を5000万ウォン(約500万円)失った。
   一言で『依存症』ですよ。


 ・そして【日本】では-

  今日2016年12月12日
 【国会】の会期は「あと2日」
  法案採決に向けて緊張が高まっている。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  今日2016年12月12日午後2時過ぎ
 【京都・清水寺

 ・今年の世相を表わす漢字に『金』が選ばれた。  ※確かに読めなかったよね(苦笑)

     【リオ五輪】メダルダッシュの「キン」でもあり、
     『政治資金問題』(都政)での「政治とカネ」という意味もある-


 ・今日の国会でもその「カネ」を巡る議論が行われていた-

 『参院内閣委員会』

www.asahi.com

  「賛成」参考人
  ◇美原融 教授 大阪商業大学
   現在社会においては『カジノ』は健全・安全かつ、その公平公正な空間としてエー
   いわゆる『犯罪』とか、そういうのは“無縁の世界”になっているというのが
   現実ではないかという風に思いますね。

  ◇渡辺雅之 弁護士   ※誰、コイツ?
  【2020年東京オリンピックパラリンピック】がありますが、その後の経済政策を
   どうするか。そこでこれはまさにですね、アフターオリンピック・パラリンピック
   の『国際観光戦略』の一つとして、この『IR』があるわけであります-

  ・次々と語られる『カジノ法案』の“素晴らしさ”。


  「反対」参考人
  ◇鳥畑与一 教授 静岡大学
  (法案)提案者は【日本】国内では『IR』(統合リゾート)型カジノ数を制限するので
   “過当競争”にはならないとしていますが、肝心のアジアのIR型カジノ数を
   【日本】はコントロールできません!

  ◇新里宏二 弁護士   ※知らない・・・
  『カジノ賭博』は多くの者が財産を失い、『依存症』へと追い込まれる
  『カジノ』は“不幸を撒き散らすビジネス”ではないのでしょうか?

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  <【日本】を取り囲む、アジアの【カジノ産業】> ※出典:【東京都】2013年時点


   平成26年度 IR(統合型リゾート)に関する調査業務委託 ... - 東京都港湾局

  ・15の国と地域、「186施設」が存在している

   【韓国】      18施設
   【北朝鮮】      2施設
   【フィリピン】   32施設
   【香港】       1施設
   【マカオ】     46施設
   【ベトナム】     5施設
   【ラオス】      3施設
   【カンボジア】   29施設
   【マレーシア】    1施設
   【ミャンマー】    4施設
   【ネパール】    11施設
   【インド】      8施設
   【スリランカ】    9施設
   【カザフスタン】  14施設
   【トルクメニスタン】 2施設


   ※中東地域では
   【アルメニア】    4施設
   【イラク】      1施設
   【エジプト】    26施設
   【レバノン】     1施設

   ※東京都 観光産業振興プラン 2013年度


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆アジアでは“過当競争”とも・・・


  あのラスベガスを凌ぐほどの収益を上げていると言われる
 【中国・マカオ】だが

 ・今“ある変化”が起きていた-


  今年2016年9月OPEN
    PARISIAN
 【ザ パリジャン マカオ】
  従来のカジノだけではなく、ホテルや劇場、ショッピングモール、会議場を備えた
  『IR=統合型リゾート』として誕生した。

www.his-j.com

www.youtube.com ※「CG」だとこんなに違和感があるもんなんですね。(苦笑)

www.youtube.com

   ◇観光客 30代半ばの女性 ※子供連れ
    子供は『カジノ』に入れないので『観光スポット』に行きます。

  ・新たに「女性や子供」をターゲットにして“事業の転換”を図ろうとしていた


 ・実はここ【マカオ】では

  2年前2014年に「月5500億円」だった『カジノ収益』が“半減”している。

    富裕層専用VIPルームの
   ◇元ディーラー 40代前半の男性
   『カジノ』の顧客は「2種類」あります。
            「VIP」と「一般のお客さん」です。

   (客の減少は)主に「VIPルーム」です。
    「VIP」の賭け金は平場と比較になりません。

    「VIP」の顧客が“4分の1”にまで減ると、かなり深刻な状況になります-


 ・「VIP」の減少の理由は・・・

  【中国政府】が「腐敗撲滅」に乗り出したことにある。

   賭博が禁止されている【中国】では
   地方幹部などが不正に蓄えた金を【マカオ】などの『カジノ』で使っていたという

   それに最近の【中国】国内での「景気減速」が追い打ちを掛け、
   収益の半分以上を占めるという「富裕層=VIP」の足が遠のいてしまった-

samaritan.2chblog.jp


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 Q.後発組【日本】に「勝算」はあるのか ??

 A.
  【大和総研
  ◇米川誠 主任コンサルタント
   まあ同じようなものを作ったとしても、多分【日本】は選ばれない。

  【日本】ならではの独自性を持った
  『日本の文化』を色濃く反映した『IR』を作っていくということがやはり
   お客さんを呼び込むためには必要なんじゃないかなとは思います。*コクリ*

   例えばですね、エーまぁ『温泉』とかですね。あとは『日本食』。それから
  『日本の伝統文化』ですね-

 

   ※結局はもう既に「沢山ある」ってことなのよね。どこにもないモノ作らなきゃ!


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 Q.では「どこに」作ればよいのか ??

 A.
  ・交通インフラの多い【大都市圏】や
   既に【観光客が多いエリア】が望ましいとされている。


  ・ただし、その【大都市圏】であっても
   「全体の収益の約7割が国内客」との試算もされている。

   → 日本人を主に相手にしないと経営が成り立たない可能性が高い・・・
     ^^^^^^

   ※【ゴールドマン・サックス・グローバル投資調査部】による試算。

    また【大阪府】【関西経済同友会】が作成したIRイメージ動画が放映された。

www.sankei.com ※問題になったキュレーションサイトみたいな名前をしてら。(苦笑)

thepage.jp ※「私には見えます。誰一人いない “廃墟”となった姿が・・・ 」ってか。(大笑)


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  <【日本】の主な『カジノ候補地』>

  ・北海道、千葉県、東京都、神奈川県、和歌山県大阪府長崎県沖縄県 etc.

  ・地方からは『地域振興策』として次々と手が挙がっている状況。


   【佐世保市
   ◇川田洋 副市長
   【日本】で最も早く・確実な『IR』がじつ、実現出来るものと
    そういう風に確信いたしております。 
                     ※だいぶ緊張してました。

   【和歌山県
   ◇仁坂吉伸 知事
   【大阪】は【大阪】であの「お考え」があって、あのいろいろ、あのぉ
    そういうのをやられたら良いんですね。*コクリ*
   【和歌山】は【和歌山】で、あの、エー「ここ良いと思いますよ」「どうですか」
    という風に-
                     ※大丈夫か、こんな適当そうな知事で(笑)


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆地方への誘致にはリスクがある-


  【大和総研
  ◇米川誠 主任コンサルタント
   かつてあの【日本】で『リゾート法』ってありましたけれども、
   あの時に【地方】に幾つかの、沢山【リゾート施設】が出来て
   それでまっお客さんが「見込みの客」が来なくて結局閉鎖とかになってしまった。
   まっそういった歴史がまた繰り返されるんじゃないかなとは思いますけれども-

   ※そーいや先日これらの『廃墟ツアー』が若者らに人気だと報じられてましたね。

www.nhk.or.jp ※今の日本人は新しいモノよりも古びて朽ちたモノに対して親近感が沸くようです。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  問われる『カジノ』の是非
┣【韓国】に見る「明と暗」


 ◆【地方】そして「国内客」への依存


 ・お隣【韓国】にその前例があった-


  今月2016年12月11日
 【韓国・江原道】
 『カジノ』開設から16年経った街。

 ・一般の自家用車、トランクルームに載せられた「炊き出し」に次々と集まって来る
  “カジノホームレス”と呼ばれる人々

  この周辺では、
  『依存症』になり、財産を失い、駅周辺などに住んでいる人達がいる。

  この「炊き出し」を行っている男性(64)もそんな『カジノ依存症』の1人でもある-


  ◇『カジノ依存症』の男性(64)
  (自家用車の後部ドアを開け)私の家だよ。*アー*(ござが敷かれた後部に乗ると)

   これだけの広さで十分だよ。*サンダル履き*

   アー、『カジノ』について研究しましたが、  ※マス目の入った横長のメモ帳に
   難しいですね-                出目パターンを記載してた(笑)


  ・この男性のような“カジノ中毒者”は「約2000人」いると見られている。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  首都ソウルから車で4時間
 【江原ランド】
  “韓国一”の売り上げを誇る『カジノ複合施設』。 ※裏手はすぐ寂れた山です・・・

 ・かつて“炭坑で栄えた街”は、時代とともに衰退。
  街の再生を賭けたのが『カジノ』だった。

www.youtube.com


  「関連施設のスタッフ5500人の7割は地元からの雇用」と公表されている。


  ◇食堂の女将さん 40代後半の女性
  『カジノ』が出来て全国から人が集まってきました。(^o^)
   沢山お客さんが来ました。(^o^)
                          ※笑ってばかりが逆に気になる

 ・街の【無料駐車場】は“連日満車”状態。

  しかし目立ったのはなぜか「ナンバーが無い車」だった。 ※プレートが外されてる


  【江原ランド】へと続くその道中には、多くの【質屋】が軒を連ねていた。

   中にはここまで来たその車を売って、そのお金で『カジノ』へ行く人もいるという

  ◇【質屋】の店長 男性  ※音声のみ
   来た客の5割が『車』を担保にします。
  『賭博』は止められないものです。
  『カジノ』を作って規制しても不可能に近い-


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  2009年
 【韓国政府】公表

  カジノ収益    :16.5兆ウォン
  賭博中毒者の対策費:78.2兆ウォン


 ・「カジノの収益」よりもその「依存症対策費用」の方が上回っていることを認める。


 ・また「街の再生」が生み出した“負の遺産”として

  【チョンソン郡】自殺者数(10万人当たりの「年平均」)

         46.2人(【韓国】平均28,2人。国内で最も多い地域に。)


 ・これから『カジノ』を始めようとしている【日本】に対して-

  『ギャンブル依存症』患者を支援している
  ◇キム・ソキ 牧師
  【カジノ産業】が“黄金の卵”を産むと考えている人は絶対に諦めないでしょう。
  【ギャンブル産業】の裏で失われる命があることを認識して下さい。*深く頷く*

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


  ◇小川彩佳 キャスター
   あの【江原ランド】では確かに「雇用」は生まれましたけれども、
  『地域振興策』だったはずが、治安が悪化して・住民の数は以前よりも減って
   しまったそうなんですよね。


  ◇後藤謙次 ジャーナリスト ※【共同通信社】客員論説委員
   そうなんですよね。この法案が出てきてね、急に【国会】が盛り上がった時から
   私は非常に疑問に思っているんですが、今回の【日本】の法案『カジノ解禁法』
   とも言われていますけれども、コレ「大義名分」が非常に不透明なんですね。

   あの【アメリカ】の場合、【ラスベガス】が非常に有名ですけれども、これは
  「先住民族の職業」だと。「生活を守るため」にカジノを認めているんですねぇ。

   一方で【ハワイ】。コレ非常に世界的な『リゾート』ですけれども、ここは
   先住民族の人達が「賭博は嫌いだ!」ということで一切受け入れないですね。
  『カジノ』が1軒も無いんですけれども世界屈指の観光地になっている。
   コレ【日本】にとっても非常に勉強になることなんですね。

  【日本】にも優れた・世界的な文化、沢山ありますよね。「おもてなし」を含めて
  【日本】に呼べる観光資源って沢山あるんですね。それを超える大義名分とかですね
   理由があるならばですよ、それは【国会】でドンドン*2議論してもらわなければ
   我々に伝わってこないんですね。

   私は元々【日本】にある文化で・世界のお客様を呼び込むという方が遙かに健全だ
   と、いうのはズッと思ってますねぇ。是非そうしてもらいたいと思いますね。


  ◇小川彩佳 キャスター
   そうですね。『依存症対策』など細かいことは「後回し」と言いますか、(^_^;)
   後に決めていくということですし、その前に「大義名分」シッカリと示して頂き
   たいですよねぇ。 ハイ。 *コクリ*

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・韓国カジノ【江原ランド】のホームレス・中毒者の実例に関しては先に【ひるおび】
  にて事詳細に報じられておりましたけど、このくらいが報道するのには適度だと思い
  こちらの方を選びました。(苦笑) メモし終えてみるとなかなか核心を突いた話が
  挙げられていたように思いました。

┣・後発組が大きな利益を得られないのは『資本主義』ましてや『グローバル』が進んだ
  現代社会に於いては立証済みとも言える話ですが、「既存」のという言葉を用いれば
  安易な開発をしてしまった「大阪湾岸エリアの後始末」だと言いたいのでしょうし、
 「パンダに続く観光客を呼び寄せたい、欲をかいた和歌山」とか(笑)、「治安回復など
  もはや無理宣言したい、神奈川県」などアルよね~。結局この後【国会】では見事な
  押し切り法案通過させられたわけで、まあ【大阪】になるんでしょうけど『依存症』
  対策費を地方税の中で賄うんでしょうし、いいんじゃないでしょうかね。橋下徹氏も
  大阪での再登場はなんか無くなった感じも受けますし。(苦笑)

www.youtube.com ※大きな収益『カジノ』はどこに ?? 地方自治体のPR等どこもこの程度だよね。(笑)


┣・『依存症』対策に効果的だと思うのは、やっぱり「飯」ですかね。食わねば何事も
  始められませんからね。こんな美味しい飯が幾らで食えるのかを実感・感動させると
  賭博に費やしてきた「カネ」が非常に勿体ないことが身に染みるかと思います。ハイ

┗・または「別のことに強い興味を持たせる」。小さい子供を躾ける動作とほぼ同じだね
  意外とコレは効果があると思いますよ。私は『週刊経済誌』の“爆読み”定期購読の
  買いまくりで【競馬】をしている暇が無くなったことが有効打だったりしましたので

  最初は職場の同僚に競馬・一口馬主出資で損をさせてしまった罪悪感からでしたけど
  ちょっと離れて馬券購入代を競馬書籍、そして株でもやろうかなと経済誌を読み始め
  てみたらコレが面白くて。んで、競馬好きが高じて府中市に移り住んだにも関わらず
  未だに【競馬】は“再熱”していませんからね。そんなもんなんですよ、中毒なんて
  ものはね。ストーカーにしても同じじゃないのかなぁ。ふと「なんでこんなヤツに」
  など男女問わず思う時ってあるしさぁ。(苦大笑)

  ン~、牧師にでもなろうかな、俺。(^^ゞ