TS>復旧しましたッ!でも・・・ 『TV』はもはや短期消耗品?その存在が問われているッ !! (^_^;)

 こんばん〇 !! 人体重-18Kです。左目の眼精疲労に伴い、スッカリご無沙汰・書いてらんねぇよ!状態となってしまっております当ブログですが(苦笑)、前回の『TS:タイムシフト』(丸ごと録画機能)が壊れた状況から見事復旧、再び録画可能状態となりましたのでご報告させて頂きます。(喜) いやー3年目に入った途端にぶっ壊れて正直言って焦り&怒りに満ちておりました。(^_^;) ネットを検索すると他にも同様の現象に遭われている方が多くおられるようです。そこで簡単にですが、私の場合の事後報告をしたいと思います。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 まず使用している機器は以下の通りです。

www.toshiba.co.jp  ↓ 高いッスね。10万円台するんだ、今も・・・ 

www.iodata.jp ↓ 今では生産中止となった最大容量です。カセットタイプで別録りも出来ます。

AVHD-ZRC9 | サポートライブラリ | IODATA アイ・オー・データ機器 | IODATA アイ・オー・データ機器

ヨドバシ.com - AVHD-ZRC9 [東芝 レグザ Z8X/Z8/Z7シリーズ用 USB 3.0/2.0対応外付ハードディスク 9TB]のレビュー 2件AVHD-ZRC9 [東芝 レグザ Z8X/Z8/Z7シリーズ用 USB 3.0/2.0対応外付ハードディスク 9TB]のレビュー 2件

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  私が体験した『エラー』はデジタル放送を受信するための『mini B-CAS 青』が未挿入です!といったものでした。最初は時折エラーになる程度で一部録画出来ていない程度でしたが、1週間も経たない内に完全にOUT、一切録画が出来なくなります。5月のGW前後だったかと記憶します。金銭授受が絡む・“オークション三昧”な日々を送って多忙だった私は(苦笑)、当ブログも暫く更新するつもりもなかったので静観したままにしておりました。TV・ニュース番組のチェック作業から解放された心地良さを感じたのも事実です。だって年明け・さらに今春に入ってからのTVメディアの体たらくぶりは酷いんだもの。(苦) しかしいつまでも放置したままでは高価な機器が勿体ないため、それぞれのサポートセンターにメール・電話して問い合わせをしました。

 

<症状>

 TV :通常通り見られる。

 HDR:タイムシフト録画は「×」。通常録画(カセットタイプ)は「〇」

 

 問題なのは録画機能だったので、タイムシフトマシン機器である【アイ・オー・データ】にまずは問い合わせたのですが「TV側からのエラーメッセージなので関係ないと思う」というつれない返事。(苦) でも結論から言うと正解でした。(^_^;)

 

 そこでTVの故障かもということで、長期保障期間内でもあることから家電量販店の【ケーズデンキ】へ電話で問い合わせたところ「テレビ本体そのものの故障であれば保障対象だが、そうでない場合は有償扱いになる」という衝撃の告白を受けます。今回のようにハッキリどちらか判別できない場合、TVの故障かと思って依頼して違ったらば出張費&調査費を徴収されてしまいます(5千円~ )。それは嫌だなと、しつこく他の原因を手繰ってみると・・・ 【B-CAS】そのものへ訊ねてみることになりました。

 

 B-CAS(ビーキャス)

 お客さまサポート | B-CAS(ビーキャス)

 

 B-CAS】サポートセンターでは「購入から3年の無償期間であれば無料で再発行・交換してくれる」とのことでしたが、まだ『B-CASカード』が故障の原因なのかはここでもハッキリと掴めませんでした。(苦) そこで最後の手段として、かつて対応が悪いと評判だった【東芝】サポートセンターへ電話してみることになりました。(苦笑)

www.toshiba.co.jp

 

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 話が長くなったので端折りますが(苦笑)、原因は『B-CASカード』そのものでした。それは【東芝】サポートセンターがしっかりと教えてくれました。いや、驚きました。対応がひと昔前とは雲泥の差です。ちょうど昨年に前の住居から使用し続けてきた同じ【東芝製】の液晶テレビが映らなくなったので問い合わせた時以上の見事な応対・回答ぶりでした。この後もう一度別件で電話をしたのですが、二度とも若い女性で機能説明でもシッカリと出来てました。マニュアル&教育が充実しているのだと思います。【東芝製品】が壊れたらば、まずは真っ先に自社サポートセンターへ問い合わせてみることをオススメします。(^o^:) 当たり前の話かな?

 

<故障の原因>

 少し昔のTVですとキャッシュカードと同等の大きさの赤・青、最近はそのminiサイズの赤・青が主流かと思われます。チップが内蔵されており、単に地上デジタル放送の受信の可否を司る「鍵」の役目に過ぎないのですが、これが壊れるのですねぇ。購入したらそのまま “差しっぱなし” & “蓋もされて密封” 状態だったのにです。

一般向けカード | B-CAS(ビーキャス)

 

東芝】の『タイムシフト』録画機能が備わっているTVにはB-CASカード』が赤と青それぞれ1枚ずつ装着されています。で、赤は「テレビ画面&通常録画」用として、青は「タイムシフト」用としてあるのだそうです。私の場合『mini B-CAS 青』が未挿入です!といった不具合でしたが、TV&通常録画はできていながら・タイムシフトだけダメだったという条件に見事にピッタリと当てはまります。そこで改めて【B-CAS】サポートセンターへ電話をし、青いカードの再発行を依頼。速達で到着後に入れ替えてみたところ、ウソのようにエラーメッセージも消えて再び録画することが可能となった次第であります。(^o^) いやー、ホッとしましたよ。

f:id:jnsk_jojo:20170707024916j:plain

↑ 今回故障したカードの裏面。心なしか横線が多いような。頻繁にアクセスされている ?? 

f:id:jnsk_jojo:20170707024930j:plain

f:id:jnsk_jojo:20170707024945j:plain

↑ こんな感じで前のカードは送り返すことをお願いされます。

 

minimemo.hatenablog.jp ↑ 感じとしてはこの方と近いですが、私の場合はカードの交換で済みました。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 で、先月の半ば頃から『タイムシフト』丸ごと主要6局同時録画を再開したわけですが、するとまもなく今度は『通常録画』(カセット入れ替えタイプ)が認識されないエラー表示が出まくります。(汗) 

 

 「なんだよ、コレ~。今度は赤いカードの方か?/HDRそのものの故障か?」と、貴重な番組を録画保存してあるカセットの故障にまたもやパニクったわけですが(苦笑)、こちらはどうやら録画番組を見ては/消しての動作を繰り返している内に、HDカセットそのものの領域が壊れたため、TVに登録されたカセットとして認識できなかったからでした。TVの機能に「修復」というのがありまして試してみたら、きちんと再認識されました。ドキュメンタリー番組などちょっと再視聴したいものがあっただけで助かりました。(^^ゞ

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 といった感じで購入2年ちょい過ぎて立て続けに「TV番組録画機能の不具合」に遭遇。そしてこのように思ったのです。「あぁ、TVはもはや短期消耗品だ。録画した番組が保障される訳でもなし(TV本体そのもの固定条件)、番組自体も劣化していくばかり。真実はネット動画が多く・TVメディアはそれを追随している有り様。ならば『パソコンTV』&『ネット動画』の保存&リンク張りで十分じゃねぇ?」と。

 

 『タイムシフト』は一応このまま続けますが、録画機器が壊れたらもう捕捉・購入することはないと思います。TV本体も「4K」「8K」とありますが、ネット上の小さい画面でもパソコンで覗けば十分綺麗に映ります。TV本体も今後はジャンク品・中古で十分だと思った次第です。

 

 あとはこの『パソコン』ですね。こちももはや『Windows』:【マイクロソフト】はOS機能を守り切れていません。全くメディアは報道しませんが『Internet Explorer』の動作の重さは事故レベルそのものです。(苦) 次のパソコンは【アップル】しかもはや残されていないのかと悲しくなります。今の若者達の “パソコン離れ” は機材として使えない・信用できないからに他ならないのでしょう。 先日【中国】で『iPhone』の売れ行き・予約が好調だという報道がなされてましたね。これも裏返せば他社製品のOSが信用できない・危ないからということなのでしょう。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 グダグダとまた長文となってしまいました。只今、録画した番組をDVDへと保存しているところです。今後は主に「D」:DVD保存としてタイトルとその保存先No.のみ告知することになると思います。<(_ _)>

 

 

P.S.

※またアクセス数が1日で700超えと跳ね上がったので何かと思ってみたらば

jnsk-tv.hatenablog.com

 でしたね。どうやらこれはテレ朝【スーパーJチャンネル】にて放映された「ホームレスが棲みついていた」報道に対して検索されたからのようでした。でもこうした問題は都心の空き家でもありますよね。マンションの空室にも不法外国人が隠れて住んでいたりとか。

 今週は【九州北部】を中心に『線状降水帯』豪雨災害に見舞われてしまっておりますが、今改めて「衣食住」の基本三原則の大切さを知らされました。とくに居住区が危険に瀕した際のあの“不安感”と言ったら顔が青ざめてしまう程です。私にも経験があります。都心部でありながら「家屋倒壊の危機」に瀕していたことが・・・ 。(怖) いずれこの時の様子を語りたいと思っています。。。