ソーラー機が史上初の世界一周

2016/07/27(水)<ソーラー機が史上初の世界一周>
【モーニングcross】 http://s.mxtv.jp/morning_cross/

s.mxtv.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓WEBニュース クチコミランキング
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2016年07月27日(水)のWEBニュースランキング

s.mxtv.jp

  番組注目記事
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  RANK TOPICS                     POINTS
    7 ソーラー機が史上初の世界一周            6347

jp.reuters.com

www.sankei.com

www.swissinfo.ch

 

  ◆『太陽光エネルギー』だけで「世界一周飛行」に挑戦していた
   2人乗りの有人ソーラー機『ソーラー・インパルス2』が
   2016年7月26日、最終目的地の【アラブ首長国連邦】(UAE)のアブダビに到着
   1年4ヵ月余りの旅を終えた。化石燃料を使わない世界一周飛行の達成は史上初。


  ・2015年3月9日に同地【アラブ首長国連邦】(UAE)のアブダビを出発して以来、
   約4万キロを500時間近くかけて世界を飛行した。
   当初の旅の予定は5ヵ月だったが、悪天候に見舞われ途中で足止めされた。

   経由地は
   オマーン、インド、ミャンマー、中国、日本、米国、スペイン、エジプト。

 

www.jiji.com

  『ソーラー・インパルス2』を操縦したのは、

   スイス人の2人

  ◇ベルトラン・ピカール
   ローザンヌ生まれ。ローザンヌ大医学部を卒業した精神科医だが、
   冒険家としても活動し、1999年には世界で初めて気球による無着陸の世界一周に
   成功した。祖父と父も冒険家として知られる。

  ◇アンドレ・ボルシュベルク氏
   チューリヒ生まれ。スイスで機械工学や経営学を学んだ後、
   米マサチューセッツ工科大で経営科学を修めた。エンジニアであると同時に
   実業家で、これまで数々の企業経営に携わってきた。


  ・クリーン・エネルギーの利用促進に向けて世界一周を目指した。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・有人ソーラー機(太陽光だけ)で「世界一周」を成し遂げたこともスゴいのですが
  操縦桿を握った2人の経歴がまた魅力的だったのでメモした次第。いや~夢あるわ。


┣・一生懸命に学んで知識を蓄え、知恵を付け、事業に成功すれば、こうした大冒険を
  行うことができるってことをもっと子供達に知らしめるべきですね。日本の場合は
  単なる忠実なる労働者を生産することが未だに最重要視されているようですけれど
  それじゃ反発心は一向になくならないんだよね。「夢」を見させて・持たせてあげ
  なきゃね。(笑)

┣・先日若い日本女性の冒険家が取り上げられてましたけど、背後には大企業のロゴ。
  今回のスイスの2人にももちろん大企業は付いているのですけれど、日本の場合は
 「ルックス・見た目重視でサポートしてるんじゃねぇの?」と穿った見方を私などは
  してしまいます。 そーいや、芸人なすびなどもエベレストに登頂してましたね。

  大冒険に臨むにも、いろいろとルートがあるってことで。(^^ゞ

www.waseda.jp

www.huffingtonpost.jp

kawarawari.jp