中国:消費者物価指数CPI↑2%も・・・ 楽観できず

2016/06/09(木)<中国:消費者物価指数CPI↑2%も・・・ 楽観できず>
ワールドビジネスサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓マーケット  <中国:消費者物価指数CPI↑2%も・・・ 楽観できず>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【中国】の経済を牽引する「消費」。
   その動向を示す物価指数が今日2016年6月9日発表された。

   1年前と比べ「2.0%↑」の上昇と堅調とも言えそうな数字だが
   楽観視はどうも出来ない模様・・・

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【中国】物価にデフレ懸念
┣■消費は2倍に伸びる !?


 「物価」
  その国の「経済の体温計」とも言われるが、
 【中国】で今回発表された数値は“やや心配”な結果となった。


  今日2016年6月9日
 【中国国家統計局】発表

  『中国消費者物価指数

   2016年5月 ↑2.0%(前年比)

jp.reuters.com

www.bloomberg.co.jp


 ・しかしその要因は1年以上「値上がり」を続ける『豚肉』と『野菜』の高騰で
  これら変動幅の大きい食品を除けば、大きな上昇は見られなかった。

 ・景気の減速を受け『デフレ』へ陥るのではという懸念が残る・・・


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 Q.今後、中国経済の消費はどうなるのか?

 A.
  ◇小泉芳雄 部長 三井物産中国 経済研究部
   今の(中国の)消費っていうのは、下手すると今の2倍ぐらいの伸びが
   アー、期待できておかしくないと-

  ・その根拠となるのが国際機関【OECD】が行った
  「所得に占める貯蓄の割合」調査。

   例えば、米国だったらせいぜい「5%くらい」( +4.97%)。
       日本だったら限りなく「セロに近い」( -0.47%)。

       中国は「40%くらい」の家計貯蓄率(+38.34%)。
       これは世界でも異例なほど高く、この部分が消費に変わる時が
      “消費が爆発的に伸びる”-

       ※凄いなぁ「4割」とは。ひと昔の日本もこれくらいあったかな?(笑)


 ・いわゆる“爆買い”を見ても分かるように
  消費者が求める商品やサービスを提供できれば
 【中国】の消費は「まだ上向く余地が残っている」と言えそう。

ecodb.net

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  証券大手3社
┣■企業業績見通しを「下方修正」


  今日2016年6月9日
 ・日経平均株価「16668.41」(前日比-162.51)

j-net21.smrj.go.jp ※ ♪株価は~ジェットコースター! この程度の上下ではもはや驚かない?(笑)

www.youtube.com


   証券大手3社による
  <2017年3月期の企業業績予想(経常利益)>

  【野村證券】     7.2%増 → 2.9%増
  【大和証券】     4.1%増 → 2.6%増
  【SMBC日興證券】 5.4%増 → 4.5%増


  ・3社共通したのは「経常利益の下方修正」。


  ◇高橋和宏 株式ストラテジスト 大和証券
   一番やっぱり注目されますのは、今日もちょっとそうした動きでありますけれども
  “円高”の動きを受けた『加工組み立て』の「減益」と(予想)。


  【大和証券
   想定為替レート:1ドル=115円 → 110円。“円高”方向へ見直したことで
  【自動車】や【機械】などの業種で「減益」に陥るとの見通し。


  【野村證券
   想定為替レート:1ドル=117円 → 108円。9円“円高”方向へ修正した。


  ◇伊藤桂一 チーフクオンツアアナリスト SMBC日興證券
   非製造業の方で引き続き「高い成長」が見込まれていて、まあ
   製造業の方は相対的に「増益の基調が弱い」と-


 ・証券会社3社とも
  採算の改善をしてきた【建設】やオフィスの賃料の上昇が続く【不動産】など
  非製造業は「増益」を確保すると予想。

  しかし“円高”による製造業の落ち込みは「カバーしきれない」と見ている。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ・一方で“円高”が一服しさえすれば、株価は上昇していくと見る。


  ◇高橋和宏 株式ストラテジスト 大和証券
  「1ドル=110円」の標準シナリオで考えて「1万7,500円」程度
   という風に見られます。


  ◇圷正嗣 株式ストラテジスト SMBC日興證券
   米経済の回復と利上げが見えてくれば
  「1ドル=115円」になっても不思議ではないと-

   今年の後半にかけて(株価は)上値を切り上げていく-

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・今現在の日経平均株価は、

  6月20日 13:01 JST
  15,955.17 ↑355.51 (2.28%)

 ・為替の方は、

  6月20日 13:20
  米ドル  104.59円-104.66円
  ユーロ  118.95円-119.04円
  英ポンド 152.72円-152.84円

www.yomiuri.co.jp


  ですね。10日程の間で「110円」の壁など軽々と乗り越えてしまっています。


┣・中国経済への懸念、英国の【EU】離脱、米大統領選など様々な要因が絡んでいる
  わけですが、【証券会社】のアナリスト達の予想など大方はこの程度のものであり
  馬券で生計を立ててきたこともある私から見れば、競馬予想家と“同じ穴の狢”と
  言い切れるわけです。そのポジションを社会的に上と見るか/下と見るかなだけ。


┣・“円高”は詰まるところ【日本】の国力は「強い/安心感がある」と認められている
  わけで、それで困り果ててしまうというのは、国内事情『構造改革』が一向に進んで
  いないからに他なりません。いつまでも既得権益層を「可哀想」とかと称しちゃって
  庇い続けているから『財政出動』してもキリがないわけです。いっそのことですね、
 『失業給付』を増やす代わりに、延命を請う【ゾンビ企業】を容赦なく倒産させれば
  いいと考えるんですよ。労働者なんて現金だから『失業給付』の方が割が良ければ
  喜んで辞めると思いますよ。(苦笑) その間に真っ当な・脱税もしない会社を認可し
  社会構築して行けばいいだけです。「首切りカッター」がいないんだよね、日本人には


┗・カルロス・ゴーンの兄弟姉妹、一家を日本に来日させて、全ての分野で「首切り」を
  実行してくれることを切望します。(苦笑) 厚切りジェイソンでもいいかもしれない
  彼も米国人らしく“割り切った”考え方ができる人物のようですので。(笑)

jnsk-tv.hatenablog.com

  *バーカ、バーカ*な、サラリーマン&政治家。 *フン!*