学歴だけでは測れないあっと驚く人生SP:2/3 「中卒」編

2016/06/03(金)<学歴だけでは測れないあっと驚く人生SP:2/3>
所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!】
 http://www.tv-tokyo.co.jp/sokontokoro/index.html


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  <学歴だけでは測れないあっと驚く人生SP:2/3>
┃    「中卒」編
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

www.tv-tokyo.co.jp

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「中卒」で大成功!【業界】に「革命」を起こした社長
┣■世界が大注目!◯◯を開発した中卒発明家


 ◆「中卒」ですが、なにか


 ・世の中には何事にも囚われない「自由な発想」そして「行動力」によって
  成功した「中卒」の人が数多くいる!

       松下幸之助:【松下電器】創設。(現【パナソニックPanasonic
       田中角栄 :第64,65代内閣総理大臣に就任。
       井山悠太 :囲碁棋士。2016年【囲碁界】史上初の七冠達成!


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆ある歴史を変えた「中卒」発明家

  今から2年前
  2014年8月27日
 【日経産業新聞
  世界中を驚かせる“あるニュース”が報じられた。

  『緩まない ねじ革命 2000年の歴史 VBが変える』

www.nikkei.com


  ・『ネジ』とは
    振動や衝撃などによって、どうしても“緩む”モノ。
    これが【事業界】の“常識”だった。

  ・しかし、そんな業界の常識を覆し「絶対に緩まないネジ」を開発したのが
   ◇道脇裕さん(39) 「中卒」
    これが「絶対に緩まないネジ」です。 ※「NejiLaw」と刻印されてある


  Q.二つのナットが付いたネジ。これがなぜ緩まないのか?

  A.
   ◇道脇裕さん(39) 「中卒」
    右回転で進むナットと、左回転で進んでいくナットを組み合わせることで
    緩まなくなった。

   ・彼の作ったネジは、右回転と左回転・2方向のナットをはめられる特殊な構造。
             これが“緩まない”秘密。

    この2つのナットがくっつくと、片方が緩む方向に回転してももう1つが締まる
    だからネジは“絶対に緩まない”。


   ・このネジによって、建物や橋の「メンテナンスの簡略化」。
             「溶接作業をネジで代用」などが期待されている。

matome.naver.jp


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 Q.なぜ「中卒」? 進学しなかったのか ??

 A.
  ◇道脇裕さん(39) 「中卒」
   皆と同じになっちゃうと思うんですよね。

  「これじゃダメになっちゃうんじゃないか」という風に感じる部分が
                           強くあったんですね・・・ 。

  ・皆と同じになりたくない!から進学しなかった。

   そのように考えた小学校5年生以降、学校に行かず趣味である「発明」に“没頭”

   その結果「200件以上」の特許を取得するに至った!

   彼は他の人には真似の出来ない・『発明家』としての道を歩んでいる-

 

  ◇道脇裕 社長 NejiLaw ※2009年7月設立 東京・江東区 資本金2億円
   ネジを始め総合技術の開発、製品販売、ライセンシング。
  【IHI】と共同研究。【産業革新機構】が出資。

   NejiLaw

   小学校中退、NejiLaw(ネジロウ)道脇裕の緩まないねじの革命

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ある業界で革命を起こした
┣■「中卒」社長 仕事は◯◯


 ◆年商20億円の「中卒」成長


 ・「学歴社会」と言われる現在

  上場企業の役員の95%は「大卒」が占めている。※【東京商工リサーチ】より


 ・そんな時代にも関わらず、「中卒」で大成功した社長とは?

  取材するのは
  ◇浜谷健司 ハマカーン東京農工大学】卒業
   卒論のテーマ:「液体の音速測定のためのパルスエコー装置」

www.tuat.ac.jp


  早速「中卒」社長の自宅へ向うと、そこは
 【六本木】のど真ん中にあるタワーマンションの上層階で暮らしていた !!

              ※東京ミッドタウンの向かいのビルでした。

  高級ホテルのような廊下・そして重厚な扉。
                              白いチワワ
  玄関の扉を開けるとラメがちりばめられた派手な服装の社長がペットを抱えて登場。

  ◇浜谷健司 ハマカーン東京農工大学】卒業
   アッ、どうもぉ。スミマセン、初対面ですけど“チャラい”ですね!

  ◇五島学さん(40) 年商20億円の「中卒」社長
   アッハハハハハハハ。(^o^)  ※肌も十分に焼けて浅黒です。(笑)

  ・リビングダイニングの広さは20畳分ほど。
   部屋からは東京タワーもバッチリ見える。 「社長、天下獲りましたね、コレね」
   夜になれば、見事なまでの夜景も独り占め!

   2LDKで「家賃80万円」だという。
                                時計12本で
   部屋の片隅(窓際)には高級時計をクルクルと回転させて展示。総額5千万円以上


  ◇浜谷健司 ハマカーン東京農工大学】卒業
   実家が超お金持ちで・二世とかじゃないんですか?

  ◇五島学さん(40) 年商20億円の「中卒」社長
   いや、あの、全然普通でした。       ※偉ぶらない、優しい口調の方。
   ウチの父親郵便局員なんで。ハイ。

  ・父親郵便局員という家庭で育った。

   中学で不良友達の影響でグレ始め、     ※よくある話ですね。 (苦笑)
   高校生になると素行の悪さはエスカレート  ※バイクに跨がり始める。(笑)
   結局、高校を中退してしまった。      ※私もです。経緯は違うけど(^^ゞ


  ◇五島学さん(40) 年商20億円の「中卒」社長
   尖っている方が「カッコイイ」みたいな(苦)、
   なんか感じがあったんですよね、当時。
   なんとなくそんな感じになっちゃったという-


  ・しかし、その後に始めた“ある仕事”で大成功を収めた !!


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 Q.大成功を収めた“ある仕事”とは?

 A.
  ◇五島学さん(40) 「中卒」
   その現場へ、愛車ロールス・ロイス・レイスで連れて行ってもらった。
         価格4000万円!
                    ※スポーツカーみたいにドア逆に開くのね

www.rolls-roycemotorcars-nicole.com

jp.autoblog.com


  ・連れて行かれた先は「ビル建設現場」。
   会社の従業員の方々が一生懸命働いていた。

  ◇五島学さん(40) 「中卒」
   ウチは「足場を専門で組んでいる会社」です。


  ・年商20億円の仕事とは「建設用の足場」を組む仕事だった。


  ◇浜谷健司 ハマカーン東京農工大学】卒業
   足場を組む会社がそんなに儲かるんですか?

  ◇五島学さん(40) 年商20億円の「中卒」社長
   儲かりますッ! 儲かります。*一礼*
   新築でも使うし、例えばこういう感じでリフォームとかでも使います。
   常にこの「足場」の需要があるわけですね、日本中。


   建築足場専門会社
  【武州鳶】
   社員:約100名
   八王子と横浜を拠点に、関東全域で足場を組んでいる。

www.bushutobi.co.jp


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 Q.どのようにして「中卒」で、年商20億円の会社社長に上り詰めたのか?

 A.
   その稼げる秘密には
  ・業界初の“画期的システム”の導入があった!


  ◇五島学(40) 社長 武州鳶 ※「中卒」社長

  ・17歳で『鳶』の仕事に就いた。
   同じ世代の多くが高校に進学し、青春を謳歌する中、建築現場でしごかれる毎日。

  ・しかし学校時代とは打って変わり、仕事に真面目に取り組み、
   20歳の若さで現場を取り仕切る「親方」になった。

  ・そして稼いだ給料をコツコツと貯金をし、
   30歳の時に自らの会社を設立した。

   「 技は後輩に教えた。     ※求人広告でしょうか?
     会社の育て方は、       なかなか感じのいいポスターです。
     仲間から教わった。 」


  ◇五島学(40) 社長 武州鳶 ※「中卒」社長
   この二人が会社の立ち上げメンバー。

  「社員3人、仕事はゼロ」。厳しい会社の立ち上げだったという。

                       ◇立ち上げメンバーの2人
   最初の1年くらいはそう無かったですね。←「最初の半年は給料がなかった」(笑)
   僕は。コッチはあげないといけないかなと→
   思って。ウン。
                ◇浜谷健司 ハマカーン
   ウン、なんとか       兄貴だねぇ。
   食いつなぎましたよ。(苦笑)       「アッハハハハハハハ」(^o^)

   いや、だから前もって蓄えていたヤツがあたりとか、


  ・休み無しで“毎日営業!”

   なんとか仕事を確保するという日々だった。


  ・しかし起業から1年後、会社に注文が殺到するようになっていた!

   そのワケは-

  ◇五島学(40) 社長 武州鳶 ※「中卒」社長
  「人(職人)が集まってくる」。そしてまた今度「仕事が増えて」っていうのが
   *グルグル*、ずっとこう、いいサイクルで。

   もう1年目で。1億円くらい年商。 ハイ。

                   ◇浜谷健司 ハマカーン
   そうですね、ハイ。*頷く*     それはもう大成功ですよね。1年目で。


  『鳶職人』に求められる能力とは、

   「安全で使いやすい足場を素早く組めること」。

    短時間で足場を組めれば-

    職人 :より多くの現場を担当できるようになる。
    発注者:(建築会社にとっても)工期が短縮でき“コストダウン”に繋がる。


  ・つまり「優秀な職人の確保」が「売上げ拡大」のために大切!


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆「優秀な職人」を集めるために導入したシステム


  ◇五島学(40) 社長 武州鳶 ※「中卒」社長
   職人の世界って怪我したりとか・病気になっちゃったりすると
   もうクビなんですよね。

   「職人さんの終身雇用の会社」は無いんですよッ !!


  ・業界初という、職人の「終身雇用制」を導入したという。


   この人達(部下達)が例えば「怪我をしたらどうするんだろう」とか、
                「年を取ったときにどうするんだ」とか

   「ずっと現場をやらせるのかなぁ」と思った時に、

   なんかちょっと「違うな」と思ったんですよね。ウン。

   せっかく僕に付いてきてくれるんだから、まっ変な話だけどこう
   将来?まで面倒を見たいッ!


   <職人の終身雇用制>

   【武州鳶】では
    怪我などで鳶職人が現場に出られなくなっても
    営業や経理として働けるようにした。(デスクワークへ異動させた)


    ◇立ち上げメンバーの1人
     腰を悪くして「現場はもうキツイかな?」と思っていた時に
    「じゃあ営業やってみないか?」という風に言ってくれたので・・・

                   ◇浜谷健司 ハマカーン
     そうですね。*少し涙目*    ねー、それはありがたい話ですよね。
     ハイ。   *何度も頷く*


  ・この「終身雇用制」の導入によって
   【武州鳶】には優秀な職人が次々と集まるようになった-

             新たな
         ┌─→ 優秀な職人 ──┐
         │           ↓
          大幅に
      職人の給料UP      仕事の増加

         ↑           │
         └── 売上げUP ←─┘


    好循環を生み出すようになった!


   建築足場専門会社
  【武州鳶】
   職人は業界屈指の高給取りになった!

   ◇職人歴2年の男性(32) 「中卒」
    今(月給)80~90くらいですね。*頷く*

   ◇職人歴6年の男性(31) 「高卒」
    稼ぎ頭!最高で(月給)230。 *クールな言い方*


   「今から!ここから!自分から!」

    職人の大半は「中卒」や「高卒」の職人。
    その多くが1000万円近くの年収を稼いでいる。

jp.indeed.com


  ◇五島学(40) 社長 武州鳶 ※「中卒」社長
   若い子達もこういう所を見て「俺も頑張ろう」と思ってくれればいい。ハイ。

                        ◇所ジョージ MC
                         素晴しいッ!

  ・五島さんが高級品を購入して金を掛けるのも
   鳶の仕事に対して「夢」を持って貰うため。「夢」を伝えるため。

   そんな五島さんは「中卒」だからこそ、自分は成功できたと考えている。

  ◇五島学(40) 社長 武州鳶 ※「中卒」社長
   社会にね、人よりも早く出れたのが大きかったんじゃないかなと思います。
  (10代の頃は)まあ粋がってるじゃないけど、なんかやってたわけですよ(自分が)
   それで社会にいきなりポーンと出た時に、まだ子供じゃないですか? そうですね
   何も通用しない。ウン。鼻をボキボキ折られましたからね!

                   ◇浜谷健司 ハマカーン
   ハイ、ハイ。           そうなんだ。それが10代だったから
   そうですね、ウン。        良かったんですかね?


  ・年商20億円の「中卒」社長が
   職人を家族のように想い・大切にする
  【鳶業界】の革命児だった!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■スタジオにて


  ◇所ジョージ MC
   気持ちいいッ !!        「素晴しい!」 *パチパチパチパチ*
   いい感じで回ったねぇ。    「そうなんですよ!」

   だって人情を掛けたら
   それが仕事が回り出したキッカケだもんね。


  ◇清水ミチコ タレント
   私あの方が搾取しているのかと思った、本当は。*ボケかます*
   そうしたら全然そう・・・ そんなんじゃ・・・

                  ◇所ジョージ MC
   チワワ見た時、*ウン*2*     初めのチワワ見た時ね。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  建築足場専門会社
 【武州鳶】
  会社案内がまた素敵。『写真集』のような仕上がりとなっており、
 「職人の仕事を知ってもらいたい」という想いが詰まっている。

 「鳶の仕事の格好良さを伝えたい」ということで、
  各職人がモデル張りに掲載されている。 *ガデン系* ※佐川急便の写真集以上かも

www.bushutobi.co.jp

求人・転職情報のはたらいく


  ◇所ジョージ MC
   こういうのって大事なんじゃない?
   やっぱりリーダーって大事ですね!ホントに。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・「中卒」でも世界に誇る『発明家』に、また“人望厚い”会社の社長になれることが
  よく伝わる内容でしたね。現状に納得せず、または這い上がることさえ諦めなければ
  チャンスは万人にあるということかと。フッ、また甘っちょろいこと言ってますかね
                                     (^^ゞ
  ※最近妙なコメントが来るんだよなぁ。面倒くさいのに目を付けられたか?(苦笑)


┣・“心が洗われる”話なのですけれど、ちょっと苦言というか助言を。既にその業界で
  有名だとは思いますが「建設足場」をパイプ椅子のようにニョキッとあっという間に
  建っててしまう会社が北陸に存在するようです。*全国展開中* 狭小現場などからも
  需要がなくなることもなく、上手く棲み分けられるかとも想像しますが、この世の中
  上手く行っている時ほどアクシデントに見舞われやすいものです。*心の油断*

 「発明品」もすぐに真似されてしまいますからね。商品を売るために技術を請われて
  教えざるを得なかった日本の中小企業の社長さんの苦悩も以前紹介されていました。

  世の中、ホント、お金が絡むと汚いことしようとする者がいるからね。(苦)


┗・もし中学時代に戻れるのであれば、高校生であくせく様々なものを学び知識を増やし
  取っ掛かり口をとりあえずは増やしておきますかね。
  社会人となってから窓口の少なさは致命傷となりかねませんから。時間が無いので
  もう気が弱い者ならば身動きが取れず、ブラック・ブラックの言いなりかと。(苦笑)

  最後、嫌な話になっちゃった。(謝)<(_ _)>