【香川県・男木島】“猫の島”増えすぎで「秘策」

2016/05/19(木)<【香川県・男木島】“猫の島”増えすぎで「秘策」>
news every.】 http://www.ntv.co.jp/every/index.html

 news every.-「ミンナが、生きやすく」-


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  <【香川県・男木島】“猫の島”増えすぎで「秘策」>
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   “猫の島”と有名になった瀬戸内海の島で、野良ネコが増えすぎたことで

            今、様々な問題が起きている。


      島では「糞尿」や「農作物への被害」が相次いでいるという。


         そこで地元の住民が“ある秘策”を打ち出した-

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  右も左も猫だらけ
┣■一躍有名にしたモノ


 ◆“猫の島”


 【香川県・男木島】
  瀬戸内海に浮かぶ、ほぼ海の中央に位置している。

find-travel.jp

  2016年5月1日現在
  人口:178人
     その多くが高齢者という“のどかな島”。

     ※高齢者の漁師が蛸壺漁などされている映像が流された。*美味しそう*(笑)


 ・実はこの“男木島”数年前から注目されている

  島の中は至る所“猫だらけ”  ※民家の敷地に3匹、飼いネコのように出入り
                  その向かいの路上では建物の日陰に猫が5匹
                  さらにその奥に2,3匹・・・ ゲッ、大群だ(驚)
  とにかく歩いているだけで、
  右にも左にも猫が沢山居る島。


 ・目を瞑り、ジーッとしている野良ネコ達。
  くつろぎまくっている島にいる“沢山”のネコ達

  その数は「約200匹」※【男木地区コミュニティ協議会】による推定
     島民:178人を超える数の野良ネコが生息している。


 ・通称“猫の島”とも呼ばれていて、
  猫好きの人達が訪れる「観光スポット」となっている-

guesthouse-hostel.com


 ・有名な動物写真家が【男木島】のネコ達を紹介する写真集を紹介したことが
  キッカケとなり、一躍有名になった。

岩合光昭 島の猫

岩合光昭 島の猫

 

  

岩合光昭の世界ネコ歩き

岩合光昭の世界ネコ歩き

 
野生動物カメラマン (集英社新書)

野生動物カメラマン (集英社新書)

 
2017岩合光昭ねこカレンダー壁掛け

2017岩合光昭ねこカレンダー壁掛け

 
2017岩合光昭ねこカレンダー ふるさとのねこ週めくりカレンダー

2017岩合光昭ねこカレンダー ふるさとのねこ週めくりカレンダー

 

 


  <観光客> 【灯台資料館】入場者数より

   去年2015年 「約7,200人」  ※島民の「約40倍」人が押し寄せている


 ・島の重要な「観光資源」となりつつあるネコ達だが
  しかし今、増え過ぎたがのゆえの“問題”が浮上しているという-


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆“猫の島”増えすぎて問題に-


  ◇島民 60代半ばの男性
   トウモロコシ、これが大きうなって、実が付いたらそれを食べる、猫が・・・

  (畑を)掘って・ウンチして・そこら中ハエがプーンと飛んで、
   信じられないくらい“臭い”(苦)・・・ *コクリ*


 ・貴重な食料である『農作物』を食い荒らされ、
  また畑などに糞をするため、ニオイにも悩まされているという。


 ・猫による被害は島の主要な産業である【漁業】にまで及んでいる。

  夜、港を訪れてみると-

  近付いてくる取材班に驚いて漁船から飛び出してくる猫。

  「網に残った魚を探しに来ている」のだという。  ※暗闇の中、目を光らせる猫


  ◇漁師 70代前半の男性
   網と一緒に・・・ あのぉ魚を食べるというね。(悲)
  (網を)破ってしまいましてね、網も噛みちぎるんだども・・・


 ・「漁の網を破る」などの被害が続出している。  ※岸から漁船への渡し板の上を
                          悠然と歩いて乗り込む野良ネコ


  <【男木島】のネコ>

   一部の島民や観光客が「エサ」を与えたことで繁殖が進み、
   結果的に増えすぎてしまった猫。


 ・さらに-

  首の後ろの毛が大きく禿げてしまっている猫も見掛ける。

  病気に罹ったり、やせ細っている猫など、
  健康状態が悪い猫がこれ以上増えないよう
  島側は“ある対策”に踏み切ることにした-


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆打ち出した“秘策”


  ◇会長【男木地区コミュニティ協議会】
   猫が増えんようにするのが1つ。ですから「避妊・去勢」。

  「これ以上は増やしたくない」というのが現状なんで・・・


 ・島にいる“全ての猫”に対して「不妊手術」をすることを決定した。

  ◇会長【男木地区コミュニティ協議会】
   これから(来年2017年)ほっといたらな「400匹になるんじゃないか」
   というようなことを考えると「末恐ろしいな」ということで、今回のことに
   踏み切りました・・・ 。


 ・“命を守る”取り組み

  <「不妊手術」などの費用>

   【兵庫県】の動物愛護団体が負担することになった。

   また現在、猫のエサ場を設けて栄養を与え、
   体の弱い猫でも手術に耐えられるようにしているという。


 ・早ければ来月2016年6月上旬から行われる「不妊手術」。
  猫の命を守る取り組みが進んでいる。

headlines.yahoo.co.jp

irorio.jp

healthpress.jp

happy2greenlife.com

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・ただ伝えただけでコメントが添えられることなく終わってしまいました。
  【日テレ】と【フジテレビ】はこうした傾向が強いですね。後者は過激なネタに
  食いつき散らかしっぱなしで。まあ取り上げるだけでも大したものと言えなくも
  ないですけれど。

┣・プロの写真家のみならず、スマホ片手に世界中で誰もが“報道記者・気取り”と
  なった今(当ブログなども二次利用でその最前線とも言えますけど。(^^ゞ(謝))

  この「動物に関する問題」は真剣に考えて対策を打たないとマズいと私は思います。

   「カワイイ」からエサあげちゃう。「カワイソウ」だからエサあげちゃう。

  その猫の今現在の立場はそれでいい・救えるかもしれないけれど、先のことまで
  よく考えて行動を取らないといけません。同じ場所に住んでいる方々の意見など
  当然自分と同じように「猫カワイイでしょ?増えてもいいジャン」という訳では
  決してありません。猫に関して言えば、毛づくろいをして体内へ取り込まれ糞に
  混じって輩出されます。水に溶けにくいんです。臭い糞が長い間、放置されれば
  ハエなどもたかってきますし(ハエが増えますよね)、衛生面で人間も含め他の
  生き物・食物などへの影響が懸念されます。そこまで考えて欲しい。

  そこまで訴求するとプロの写真家などは生計が成り立たなくなりそうですけど(爆)


┗・犬猫ってペットショップで見ていても、生後4ヵ月もなると発情しまくりですから
  年に2回も出産しちゃうっていう話(年3回も産んだ猫もいるとか)。近親相姦等
  全く意識せずにガンガンやりまくるから、そりゃ数は増えるし・元から虚弱体質の
  ものも出てきます。そして病気に罹りやすくなって、思わぬ感染症が我々人間にも
  及ぶかも知れない。その時になって無責任なエサやりをした者を罰するなどしても
 (島への乗船記録・近場の宿泊記録・防犯カメラなどから割り出せるはず)結果として
  後の祭りなわけだしね。

  安易に「カワイイ」などと口にする輩はちょっと思考力に欠けると思われますので
  お付き合いするのは考え直した方がいいかもしれませんよ。ハイ。(苦笑)