“厚切り流” ベンチャー投資術

2016/05/16(月)< “厚切り流” ベンチャー投資術>
ワールドビジネスサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓マーケット  < “厚切り流” ベンチャー投資術>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  投資家の顔も持つ、お笑いタレントの“あの方”に、投資の心構えを聞いた。

 

  ◇“あの方”

    *絶叫!*

    Why Japanese people !? (なぜなんだ、日本人 !? )

www.youtube.com

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  “厚切り流”
┣「ベンチャー投資術」


 ◆ベンチャー投資の心構え


  先週2016年5月13日
  千葉・幕張メッセ
 『SLUSH ASIA 2016』

tobira.socialstudy.biz

  ◇ベンチャー企業 20代半ばの若々しい男性
   *英語にて壇上でプレゼン*

  「登山中の最も重大なトラブルが遭難。我が社のサービスはそれを解決する。」


 ・若い起業家が、審査員や投資家に自らのビジネスを紹介するイベントが行われた。

  ※全員ほとんど「英語」での紹介でした。「英語」ねぇ・・・ 。

www.youtube.com

www.youtube.com


 ・この様子を(立ち見)見守っていたのは
   “厚切りジェイソン”こと(お笑いタレント)
  ◇ジェイソン・ダニエルソン氏

   米IT企業【テラスカイ】の役員でもあり、
   さらに創業間もないITベンチャー数社に投資をしている投資家としての顔も持つ


  「教育を影響出来るような分野。その何て言うの、エデュケーションeducationとか
   ITを使ってエデュケーション(教育)を効率よくするということが絶対必要だと
   僕は思ってて、それも結構興味があります。」


  「(娘が)幼稚園に入っているんですけど、幼稚園に入ってて、
   エー『紙飛行機を作る授業』があったんだけど、
   自分で考えずに、先生の言う通りにやらないと叱られるんですね。

   何の教育ですか !?  もう「3歳」ですよ。*指3本立てる* 
   もっと飛べるヤツも作れるかもしれない!

   でも*手首クルクル*ね、自分から考えて・自分から試してみることをやらせないと
   “考えられる人”は生まれないッ!」


  ・熱弁を披露した。 \Why/  ※周りのファンにネタ振り、サービスしていた

www.terrasky.co.jp


  【ベンチャー企業】に投資する上で「必要な心構え」があるという
  ◇ジェイソン・ダニエルソン氏
   
  「今コレを投資したら、もう5%のリターン」ではなくて、

  「今コレを投資して、5年後は1,000倍になっているかもしれない」。

   そういうような感じ・・・ *頷く*

   以下、*余談*

  「日本はゲームとか??とか凄い強いんですよ。映画とかアニメとか・・・ 」


  ・その上で【日本】の【ベンチャー企業】には「経営のスピード感」を求めている。

  ◇ジェイソン・ダニエルソン氏
   もう「製品を作る」、と「ネタを作る」のは“実はそんなに変わらない”と
   僕は思いますよ。

  「ネタを作る」と、とりあえずウケるかどうかは分からないジャン!
                        分からないじゃないですか!

   で、やってみて、その反応を計って「この辺はあんまりウケなかった」
                   「じゃあこの辺を変える」。

   最低限の物をとりあえず作って、反応を計って、そこからさらに↑
   力を入れて出していく。

 

   \Why Japanese people !? /(なぜなんだ、日本人 !? )

      もっと挑戦しないとダメだよぉ !!   *周囲思わず(苦笑)*

      なーっ!              *ヒュー!* *パチパチパチパチ*

         - 以-上ッ !! -     「アハハハハハハハ」。*女性の声*

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・非常に有益な指摘をしてくれたのですが、残念ながら番組は取材内容を報じただけで
  コメント無しのスルー。こういう所にも日本人の良くない点が現れていると私などは
  思いますね。

┣・彼◇ジェイソン・ダニエルソン氏は、この「グローバル競争の社会」を勝ち抜くため
  成功するための秘訣を惜しげもなく披露してくれたのであり、単なるお笑いタレント
  としての“面白さ”だけを伝えていても意味が無いはず。

  「こんなことを言ってました」というデータを蓄積するだけで生かさないその姿勢は
  先の『熊本地震』震災後の断層の指摘と同じことだと私は思います。

www.youtube.com

 


┣・こうした『詰め込み教育』で知識は得ても、それをさらに発展させるという教育が
  未だに広く(公立で)国民に広められていない【日本】。「クールだろう?」などと
  一部頑張った者を取り上げるだけでなく、もっと数多くの者がチャレンジをしなきゃ
  いけない。それを今回“厚切りジェイソン”さんは自ら身体を張って教えてくれたの
  です。

www.youtube.com

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┗・「コピペ人間」ばかり製造(教育)したら、晩年“キレて”どうしようもなくなった
  本当に一人になった時に「どうすべきか」自ら考えて行動できる人間が少ない。これ
  国政として大失敗だと言えるのではないでしょうか?


     責任を取れ!責任を! 誰だぁ、こんな教育考えたのは ?? (苦笑)


  私は高校生の時、教科書に書かれた通りに発音できず、
          英語教師に皆の前で「バーカ!」と散々言われました。何度も*2

          そしてその教師の授業をエスケープするようになり、
          つれて他の教科の授業も受ける機会が減り学力が落ちていきます。

          英語の授業さえなかったら。あの英語教師さえいなかったら。


          唯一、この出来事で得られたのは、これまで隠されていた
          もう一つの顔、とても“冷酷”な自分の存在を知れたことです。

          今にして思えばこの時に冷酷な自分に気付けて良かったと思います

          だって、本当に抵抗なくできちゃうと思ったもの。この私も・・・