アメリカ:「親離れできない若者」増加

2016/05/25(水)<アメリカ:「親離れできない若者」増加>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  <アメリカ:「親離れできない若者」増加>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 【アメリカ】

  <18~34歳の「暮らし方」>

   親と同居  :32.1%
   結婚して独立:31.6%


  ・過去30年で初めて親と同居が上回った。

  ・特に若い男性に多く35%だった。

  ・若者の失業率は高止まりしており、
   「不十分な賃金上昇」と「住宅価格高騰」が背景にある。

 

アメリカの若者は親と暮らす - trendswatcher.net

forbesjapan.com

rny.jp

cotree.jp

「大人になっても親と同居する若者(25~34才)がヨーロッパ各国にこれだけ存在する」海外の反応 – 10000km.com

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・エンディングでチラリと触れられた程度のNewsだったのですが、同じ程度の報道で
  米国では中高年者が老後の不安から、高齢になっても働く傾向が強くなっていると
  いったNewsがあったかと記憶します

www.nikkeibp.co.jp

jp.wsj.com

www.nikkei.com

www.dir.co.jp

┗・労働人口の世代バランスとでもいうべきか、企業の社会倫理性を問うべきというか
  いや、社会福祉制度の見直しが必要なのだと色々と挙げられるかと思います。

www.adecco.co.jp

diamond.jp

 

  将来性を考えれば、譲り合い・助け合いの精神が今また問われているのでしょうね。

  ・・・ 神父様か、俺は。(^^ゞ