「世界一安全な国に・・・ 」 テロ対策で新組織

2015/12/08(火)<「世界一安全な国に・・・ 」 テロ対策で新組織>
【NEWSアンサー】 http://www.tv-tokyo.co.jp/newsanswer/

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓訓練 <「世界一安全な国に・・・ 」 テロ対策で新組織>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  今日2015年12月8日 午後2時過ぎ
 【三重県英虞湾】※翌日9日大阪湾内でも訓練が行われた。
  来年2016年開かれる『伊勢志摩サミット』のテロ対策に向けた海上訓練が行われた。
  テロリストの船を追跡し、制圧することを想定したもの。

headlines.yahoo.co.jp

不測のテロに備えよ 大阪港で合同対策訓練 - 大阪日日新聞

 

  先月2015年11月20日
 【東京都港区】
  赤坂迎賓館前でテロ対策の訓練を実施。

www.youtube.com


 ・日本国内でのテロを警戒するため、日々各地で行われる訓練。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆こうした中【政府】は今日2015年12月8日
  テロに関する情報を一元的に集約する新たな組織、
  【国際テロ情報収集ユニット】を発足させた。

www.sankei.com


  午前10時過ぎ
 【総理官邸】
 ◇安倍晋三 総理
  “世界一安全な国・日本の実現”に向け、全力で取り組んで頂きたいと思います。


 ・これまでは・・・ テロなどに関する情報は各省庁が個別に収集し官邸に報告していた。

            【総理官邸】
              ↑
         ┌──────┼──────┐
         ↑     ↑     ↑
       【防衛省】【警視庁】【外務省】
        情報   情報   情報

 

 ・新組織には【外務省】の他に【防衛省】や【警視庁】から職員が移籍する。
  上がってきた情報を一元化して官邸に報告する。

            【総理官邸】
              ↑
        ┌───────┴─────────────┐
        │ 【国際テロ情報収集ユニット】 │
        │                │
        │【防衛省】【警視庁】【外務省】 │
        └───────┬─────────────┘
              ↑
       中東やアフリカなどから情報収集

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  国内手との脅威も
┗■新組織の実力と課題


  本日2015年12月8日 発足
 【国際テロ情報収集ユニット】
  日本のテロ対策の新たな組織。先日のパリの同時多発テロ事件を受けて
  予定より前倒しで結成された。

 

 Q.海外で/国内で、具体的にテロの脅威に対処するために何が出来るのか?


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  <海外の日本人被害>

   2013年
  『アルジェリア人質事件』
   天然ガス施設が武装勢力に襲われ、日本人10人が死亡。

www.afpbb.com

   2015年1月
  『日本人ジャーナリスト殺害事件』
   後藤健二さんらが過激派組織【ISISイスラム国に殺害された。

shuchi.php.co.jp


  ・日本人が海外でテロに巻き込まれた場合、
   常に課題となってきたのが「情報の収集」。

  ◇板橋功 研究センター長 公共政策調査会 ※テロ事件に詳しい
   諸外国の情報機関との「情報交換・交流がより円滑」になると思いますね。
   インテリジェンス機関の場合、やはり顔の見える関係っていうのが非常に重要な
   わけですね。長い間お付き合いというか、そういう中で情報交換が行われるわけ
   ですね。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  <国内のテロを防ぐ>


   2015年12月6日
  ◇オバマ 米大統領
   “テロの脅威は新たな段階”に入った。

  ・12月2日 米・カリフォルニア州での乱射事件を受け、緊急会見をしたオバマ大統領
   容疑者はアメリカ国内で過激思想に染まったと見られており、
   ホームグロウン“自国育ち”のテロリストへの危機感を示した。

  【FBI
   容疑者夫婦は犯行前に何回も射撃訓練を行っていたことが新たに判った。

www.asahi.com


   2015年11月13日
  『パリ同時多発テロ事件』
   実行犯の中にもフランスで生まれ育った“ホームグロウン・テロリスト”がいた。

www.asahi.com


  ・日本でもその危険は高まっている

  【警察庁】
   日本国内にも【ISISイスラム国を支持する人が存在しているとして警戒感を示す

  ◇河野太郎 国会公安委員長
   国内でもその「【ISISイスラム国と連絡を取っている」と公言している人物も
   おりますし、「【ISISイスラム国に忠誠を誓っている」と思われる人物が存在
   しますんで、【警察】もそうした人物についてはシッカリとモニタリングをして
   いるところ-


  ・さらに、『伊勢志摩サミット』や『2020年東京オリンピック
   今後、国際イベントが目白押しの日本。

   海外からテロリストが入国し、テロを狙う可能性もあるが-


  ◇板橋功 研究センター長 公共政策調査会 ※テロ事件に詳しい
   「日本にテロリストを入れない!」ってことが非常に重要なんですね。
   テロリストらしき人物がですね「出国した」とか出国側の情報があって初めて
   日本に入ってくるのを防ぐことができるんですね。

   そういう情報交換がですね、円滑に行われるようになるだろうと。


  ・しかしテロ対策に既に相当な人数と予算を投入してきた
   アメリカやイギリスなどでもテロを完全に防ぐことはできなかった。

   今回日本では僅か40人程度の組織だが・・・  ※後ろ姿から女性が1名いました。


  ◇板橋功 研究センター長 公共政策調査会 ※テロ事件に詳しい
   (新組織を)これからどうやって生まれ育てるかは、これからの問題ですね。
   まさに“卵”。。。情報の蓄積・分析のノウハウっていうのが必要になってきます
   ので、それをいかにこれから養えるか。そういった能力を持ったスタッフの育成が
   大きな課題かなと・・・

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 ◇森本智子 MC
  「情報を事前掴めたことでテロが防げた」という例は海外ではあまり報道されない
  のですが、そういった例は数多いと言います。

  日本では既に【国家安全保障会議】というものも立ち上がっているんですけれども
  今回の新たなユニット【国際テロ情報収集ユニット】で収集した情報を元に
  【国家安全保障会議】でより実効性がある対策を打ち出していくと、
  そうした連携したスムーズな流れが出来ることを期待したいと思います。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・これだけテロの報道がされている中で、この新ユニットに関しての報道はTVでは
  ほとんど見掛けなかったですね。報道規制? そんな必要性あんのかなぁ ??

┣・インタビューでは結構怖い発言も見受けられましたが、今の日本人そのものの方が
  ある意味あちらの人より怖いからね。“テロは日本の専売特許”みたいなところが
  ありますからね。新幹線や市役所にしろ、一般庶民がいとも簡単にあーいう行為を
  しちゃうでしょ? 本当にこれは病的だと思いますよ。「隣国は“火病”」だとか
  言えた義理じゃないよ。(苦)

┗・あちらの人々には自爆テロだなんて行為はして欲しくないなあ。愚かな行為を真似る
  必要はないって(願)。日本人に自戒の念はあるのだろうか? そう思わざるを得ない
  身勝手な抗議っぷりに同じ日本人として悲しくなるばかりです。ハイ。。。

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┗・昨日2015/12/15、TBSラジオ【デイキャッチ】に河野太郎 国務大臣が出演。
  (国会公安委員長を兼ねる) 日本で起こり得るテロの可能性について色々と
  質問をされてました。相変わらず大衆を意識した回答で自らの決意を述べることは
  一切なかったけれど。(苦笑) この3代目はそういう方針みたいなんだよね。(苦)

  国民一人一人が目を光らせるしかないようですよ。*ギランギラン*とね。(苦笑)