米ファンドマネジャーに聞く 来年の3大テーマ

2015/12/07(月)<米ファンドマネジャーに聞く 来年の3大テーマ>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓日刊モーサテジャーナル  <米ファンドマネジャーに聞く 来年の3大テーマ>
┃ MORNING SATELLITE JOURNAL
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

www.tv-tokyo.co.jp

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣【フィナンシャル・タイムズ

jbpress.ismedia.jp

  Fund managers focus on three big themes

  There is no getting away from US interest rates, rebalancing in China
  and the EM outlool


 ・アメリカのファンドマネジャーが注目する来年2016年のテーマは
  「中国」「【FRB】の利上げ」そして「新興国経済」の3つだと伝えている。


 【ブラックロック】米資産運用大手
  利上げのペースより中国経済の行方の方が気になる。
  資金流出がどれだけで済むのか懸念している。


 【JPモルガン・チェース
  【FRB】が利上げを止める“終着点”に注目。
  実体経済が弱いため大きく利上げは出来ないと見ており、
  良くても「政策金利は1%止まり」にとどまるだろうと予想。


 ◇投資家
  実際に【FRB】が利上げをするタイミングが、
  逆に新興国は買いのチャンスかもしれない。

  メキシコや東南アジア諸国などは市場が織り込んでいるほど悪くなく、
  利上げ後に影響が限定的であることが確認されれば株価が上昇に転ずる可能性がある

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 Q.「利上げのペース」よりも「中国の経済が心配」という声もあるようですね。

 A.
  ◇肖敏捷 SMBC日興證券 ※中国の政治・経済に精通
   利上げが確定した後は、唯一と言っていいほど残されている懸念は今は中国経済
   ですね。私の見方としては、まあアメリカがこれから「緩やかな利上げペース」
   そして中国経済の次は「緩やかな減速」ですね。まぁその2つの緩やかがですね
   これがもしあれば、世界経済は消化する時間がありますので、したがって中国は
   来年ボトムアップ・底を打つですね、これがなるべくソフトランディングとして
   の形としては、まあ実現すれば恐らく世界的な影響が小さく済むのではないかと
   思いますね。


  ◇佐々木明子 MC
   しかも1つありました「原油価格」というのは、
   「原油が安くなれば中国には追い風だ」ということなんですよね。経済にはね。


  ◇肖敏捷 SMBC日興證券 ※中国の政治・経済に精通
   世界の1,2位を争う原油輸入国ですんで、まあ原油安になれば中国経済には
   ポジティブですし、私が一番注目しているのはもし原油とかガスとかですね
   安くなれば、中国国内では石炭から原油・ガスへの切り替えが進む・環境保護にも
   繋がりますので(『PM2.5』も解決するかもしれないと)そうですね。
   原油安は一概には中国にとっては悪い話ではないと思いますね。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・まぁ日本もそうやって環境改善をしてきたとも言えますしね。しかし日本国土の
  何十倍もある中国大陸で “生活必需品革命” を成し遂げるのは大変そうだ。(苦笑)

┗・『PM2.5』の大きな要因ともなっている「家庭で石炭を焚く」光景ですが、先日
  【天才!志村どうぶつ園】で、青森のブサイク犬で見せた石炭ストーブは実に便利で
  使い勝手が良さそうでしたね。そんな中で非上場企業【三浦工業】が今中国などに
  目を向けて荒稼ぎしてるって話ですけど、こうした中間的な要素も必要ですよね。

beniya-bis.at.webry.info

www.miuraz.co.jp