米オークション企業 一流作品で盛り返し狙う

2015/11/05(木)<米オークション企業 一流作品で盛り返し狙う>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓日刊モーサテジャーナル  <米オークション企業 一流作品で盛り返し狙う>
┃ MORNING SATELLITE JOURNAL
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

www.tv-tokyo.co.jp

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣【ニューヨーク・タイムズ

www.fujisan.co.jp


 【クリスティーズ】CHRISTIE'S
  アメリカの大手オークションハウス(競売会社)

 ・同紙に全面広告として、
  アメリカのポップアートの有名画家アンディー・ウォーホルが
  マリリン・モンローを描いた作品を掲載した。

giver.jp

www.huffingtonpost.jp

 ・今月2015年11月10日、同作品はオークションに出品される予定で、
  少なくとも48億円以上の値が付くと見られている。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣【ウォール・ストリート・ジャーナル】

jp.wsj.com

  Art-Auction Rivals Aim TO Hammer Each Other


 ・今は“芸術の秋”。実はアメリカの多くのオークション企業は
  一流作品を集めるために躍起になっている。


  <米オークション企業の売り上げ>

  ・金融市場と同様、今年2015年の夏頃から低迷気味。


 ・その盛り返しを狙うためか、各社は作品の所有者により多くの手数料を払うなど
  一流作品の販売を手掛けるための競争を激化させている。


 ・こうした努力もあってか、秋以降は売り上げが戻ってくるだろうと分析している。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 ◇佐々木明子 MC
  いやいや桁違いの金額ですけれども(笑)、こういうオークションって政井さん
  景気にね、随分と影響を受けますよね?


 ◇政井貴子 新生銀行 ※専門は為替。的確な市場予測に定評
  そうですね。流通品というのは非常にセンシティブらしいですねー。※敏感


 ◇佐々木明子 MC
  ということは秋に、今年の夏くらいから低迷だったっていうのは、やっぱり・・・


 ◇政井貴子 新生銀行 ※専門は為替。的確な市場予測に定評
  「中国の株が落ちた」とかですね、そういうセンチメント、それから利上げの問題も
  ありますよねー。そういうことでちょっとセンチメントが悪化して、※市場心理
  仮にこれで本当にオークション市場のセンチメントが戻ってくるということは
  また年明けに向けてリスク・センチメントが回復して、まぁリスク・テイク、
  のがね(笑)、マーケット上戻ってくるのかなということになると、まあ一つの
  バロメーターとして見ても面白いかも知れないですねー。(笑) *ニコニコ*

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・金額は桁違いですけれど、先日私も絵画の類いをいくつか購入したばかり。転売を
  目的とした投機筋も多いのかもしれませんけれど、やはり飾って眺めていると心が
  和むのが絵画の良い所ですよねー。それが複製であろうが、偽物であろうが肝心は
  まさに「心」の持ちようなのかと。(^^ゞ

┗・勤めていた頃ならば買っているであろう作品が今あるんですけどねー。これ以上の
  贅沢品は己の生活寿命を縮めるので今は買えません。(悲) そー考えるとまともに
  また働きに出ようかなとも思うのですが・・・ いつまで続くかな、このブログ。(苦笑)