読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いかなる戦争も準備」軍事パレード&超エリート養成・・・ 北朝鮮の狙い

2015/10/11(日)<「いかなる戦争も準備」軍事パレード&超エリート養成・・・ 北朝鮮の狙い>
サンデースクランブル】 http://www.tv-asahi.co.jp/sundayscramble/

 テレビ朝日|サンデースクランブル


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓追跡 <「いかなる戦争も準備」軍事パレード&超エリート養成・・・ 北朝鮮の狙い>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      現地で取材するカメラは北朝鮮の変化を捉えていた。

 大規模な軍事パレードに登場したのは、“強大なミサイル”に“女性兵士”達

           金正恩第1書記の思惑に迫る!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■“過去最大”軍事パレード 金正恩第1書記の狙いは・・・


  昨日2015年10月10日
 【北朝鮮平壌
  軍事パレードに登場した金正恩第1書記。
  その隣には中国共産党最高幹部(序列5位)劉雲山 政治局常務委員が出席した。
  時折柔らかな表情で言葉を交わしていた。そして両者は手を繋ぎ、大勢の観客に対し
  友好をアピールした。

www.news24.jp


 『朝鮮労働党 創建70周年 軍事パレード』
  金正恩体制が始まって以来“最大規模”だったという。


 ◇武貞秀士 特任教授 拓殖大学
  前回の軍事パレードと比較すると規模は大きいですね。
  「2倍ぐらいの規模」になっていたと。


 ・25分間の金正恩氏の演説。3時間以上によって行われたパレード。
  韓国メディアによると「約10万人」の市民が参加したという。

 ◇武貞秀士 特任教授 拓殖大学
  「今までと全く違うスタイル」ですよねぇ-

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■最大規模の軍事パレードの中身


  昨日2015年10月10日
 【北朝鮮平壌

 ・早朝、平壌市内は小雨が降っていた。
  川の畔では踊っている中高年の女性達の姿があった。
  さらに取材班が宿泊するホテルの窓からは、メイン会場へ向かう道路には軍の車両が
  ズラリと並んでいた。

 ・パレードは午前中に始まる予定だったが、開始時間が大幅に遅れるとの情報が入り
  報道陣達はホテル(平壌・羊角島ホテル)のロビーなどで待機。北朝鮮の女性ガイド
  もその対応に追われていた。 ※CA、ホテルフロントロビーの正装の美女が目立つ


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆午後3時
 『朝鮮労働党 創建70周年 軍事パレード』
  青空が広がる金日成広場で軍事パレードが開始された。 ※晴天を待っていたのか?


 ◇武貞秀士 特任教授 拓殖大学
  (軍事パレードの規模に関して)

  アメリカを意識して「核戦争が起きても勝つよ」ということをアピールしたかった。
  それに絞って武器も行進をさせましたね。
  まぁ前回の軍事パレードと比較すると規模は大きいですね。「2倍くらいの規模」に
  なっていた。


 ・“新しい兵器”が登城するのではないか?という情報もあったが-

 ◇武貞秀士 特任教授 拓殖大学
  (軍事パレードの映像を確認してもらうと)

  これは『放射砲』。防御する側にとっては非常に防ぎにくいもので、
  この開発に非常に力を入れていますね、北朝鮮は。

  『自走砲』ですね。非常にこれは古いものですね。

  朝鮮人民軍のマークを描いて飛行している映像ですね。
  労働党70周年記念の「70」の文字を描いて(いるものも)
  これは中国の2015年9月3日の軍事パレードに習っているのではないかという話を
  恐らく出ているんでしょうね。(二人の)和やかな雰囲気がよく分かりますよね。

  これが『ノドンミサイル』ですね。射程(距離)が約1300km。

  これは『(KN-08の)改良型のミサイル』。弾道ミサイルの能力は健在である
  ということを、コレを示したいというのがポイントだったんですね。


 ・一方、北朝鮮が今年2015年5月 に発射実験に成功したと主張する
  『潜水艦発射弾道ミサイル』は結局登場しなかった。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆パレードの前に行われた演説

 ◇金正恩第1書記
  アメリカが望む、いかなる形の戦争にも全て相手にすることができる。
  我が党の偉大さは、すなわち「人民」の偉大さであり、
  我が党が収めた勝利は、偉大な我が「人民」の勝利であります。


 ・「人民」を強調した金正恩氏。拍手の数は30回を超えた。


 ◇武貞秀士 特任教授 拓殖大学
  全体としてマイルドな感じを受けましたよねぇ。
  女性兵士の数も多かったですよ、今回。金正恩第1書記の発想でしょうね。

  中国からの常務委員とこう談笑しながら閲兵していましたよね。
  非常に印象的で「今までと全く違うスタイル」ですよねぇ。

  (笑)それも興味深いと言えば興味深いですよね。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆演説で「人民重視」を強調した金正恩第1書記。
  果たして北朝鮮の人々は今、どんな生活をしているのだろうか-

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■北朝鮮・市民の今


  北朝鮮平壌
 【平壌第一高等中学校】
  日本の高等学校に当たる。
  北朝鮮各地から理系の優秀な生徒を集めた中高一貫のエリート校で
  将来の科学技術者達を養成している。


 ◇男子生徒  ※高校生っぽい。ふっくらとして体格のいい男子
  将来は金正恩元帥様を科学充実で支える人材になりたいです。


  ♪子供達を王と奉る私達の国 一番素晴らしい ※女生徒がマイク片手に歌っている


 ・廊下に飾られているのは金正恩第1書記からのメッセージ

  「宇宙を征服した科学者達みたいに頑張りなさい」


 ・教室で自習をしている生徒達。 ※縦5列横6列。最前列に女生徒らし姿もあるが
                  この教室には1,2人ほどしかいないようだ。

  この日は英語や数学の授業が行われていた。


  ◇男子生徒  ※高校生っぽい。ふっくらとして体格のいい男子
   毎日授業で6時間。課外授業で4時間勉強しています。 ※背後に沢山の女生徒

 Q.女の子と親しくするゆとりはなさそうだね。

 A.
  ◇男子生徒  ※高校生っぽい。ふっくらとして体格のいい男子
    !? (苦笑)まだそんなこと考えたことありません。(笑) ※眼鏡を掛けている

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  今年2015年7月開業
 【平壌国際空港・新ターミナル】
  到着ロビーの売店では青い制服姿の若い女性が笑顔で接客。
  日本製のカップラーメンやカップ焼きそばなどが売られている。
  (マルちゃん『ごつ盛り』味噌・豚骨・ソース焼きそば)

  ※値札は見当たらない。またよく見れば品種も品数もかなり少ないことが覗える。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 【平壌市内・地下鉄駅】
  改札はカードによるタッチ式。日本とほぼ同じシステムが導入されている。
  ホームへと下りるエスカレーターはかなり長い距離をかなり深い所まで下りる。

  ※深さ100mあると言われている。地下シェルターとして元々作られたが
   それを指摘されて慌てて地下鉄にしたという話も-

  ※広々としたホーム。旧式の車両が4両以上は連なって走行していた。

  車内に乗り込むと中は薄暗いが照明は灯されており、非常にシンプルな造り。

  ※車内広告などもちろんなく、濃い緑色に8人掛けシート。釣り革も無かった。

  乗客の1人オジサンは『携帯電話』スマホで『将棋ゲーム』をして遊んでいた。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆急速に近代化する平壌市内


  ※最長は有名な『柳京ホテル』だが、その半分の高さくらいある建物もチラホラ
   見受けられる。首都だけのことはあり、ちょっとした大都市圏並みのビル群に
   囲まれている。

retrip.jp


 ・一方で、中国と接する国境の街は-

  【中国・丹東市】側から北朝鮮を見てみると、
  対岸にある遊園地の観覧車は止まったままで営業をしていない様子。

  70周年祝賀行事当日、
  中国側から見た北朝鮮の国境側付近は、ひっそりと静まりかえっていた。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 ◆力強く発せられた国内へ向けてのメッセージ
  金正恩第1書記の狙いは?


 Q.久々に「生」で登場。“健康不安説”もあったが?

 A.
  ◇辺真一 編集長 コリア・レポート
   私の第一印象は“非常に早口”でね、
   あの25分間演説をぶっておりましたけれども、
   その声はやみ声(?濁声)で祖父の金日成書記に似ておりましたけれども
   早口のところはね、父親(金正日)に似ておりましたよね。

   で、金正恩はやはり演壇に寄り掛かるような形でね、演説をしていた所ですね
   (手を付くような形)はい。やはり足腰に不安を感じているのではないかっていう
   それはあのぉ肥満がですね、今ひとつのあのぉ問題として浮上しておりますよね。

   で、かつて足を引きずったりですね、杖を付いて歩いている場面がありましたので
   やっぱり肥満があるがゆえに足腰不安を抱えて演壇にこう寄り掛かるような、
   もたれつつ感じで演説をせざるを得ないと。ですから若干「健康不安」を抱えて
   いるんじゃないかという風に思いますね。


  ◇下平さやか MC
   ただ本人は笑顔も多いし、その元気さはアピールしたいっていう気持ちは
   あるんだろうなって感じはしましたねぇ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  <“25分間”の演説>

   ◇金正恩第1書記

    我が党の歴史は 「人民」が歩んできた道

    我が党の力は  「人民」の力

    我が党の偉大さは「人民」の偉大さ

    我が党の勝利は 「人民」の勝利


 ・「人民」という言葉が繰り返し出てきた。


   ◇金正恩第1書記

    党と運命を共にしてくれた愛する全ての「人民」に
    朝鮮労働党を代表し、深く腰を屈め、
    “厚い感謝の挨拶を謹んで申し上げます”。

   ※他にも

    我が「人民」は朝鮮労働党のかけがえのない“支持者・助言者”であり
    “助け人”でした。

 

  ◇辺真一 編集長 コリア・レポート
   やはり国際社会の金正恩氏に対する「人権抑圧」っていう負のイメージというか
   マイナスのイメージを払拭したいと。金正恩第1書記は「非常に人民を大事に」、
   そしてですね「特に重要視している」ということをこういう「人民」という言葉を
   連発することによってアピールしたいっていう。

   これ逆に言うとまだ「人民」の支持・忠誠心が、今ひとつ金正恩第1書記としても
   物足りない。ですからこの機会にですね、そういう「人民の支持を仰ぎたい」
   という、そういう狙いも込められていると思いますね。(逆に透けて見えてくる)


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ・軍事パレードの他に海外メディアに公開されたもの


 【平壌市内の地下鉄】
  改札が自動改札になった。ICカードのタッチ式に。

 【平壌国際空港・新ターミナル】
  ターミナル内の様子。

 【平壌第一高等中学校】
  エリート校の教育の様子


  2015年9月25日
 【朝鮮中央通信
  『朝鮮労働党創建70周年』の記念として、国民に対して

  「1ヵ月分の生活費に当たる現金を支給」と発表。


 Q.北朝鮮国民の生活は豊かになってきたと見てもよい?

 A.
  ◇辺真一 編集長 コリア・レポート

   今までもこの「節目の記念日」にはですね、必ず特別配給というのがあるんですね
   普段よりも多めの「食糧配給」だとか、あるいは「生活の日常品」だとか。
   子供に対しては「学用品」だとか。
   でも今回はあのボーナスという形でね、1ヵ月分余分の(現金を)支給したって
   ことでですね。

   あのぉ恐らく北朝鮮の国民からしますと、「現金」よりも「物」の方がですね
   現物の方が望ましいのではないかと思いますね。ということはやっぱり
   北朝鮮の“貨幣の価値”というのがね、今ひとつその“低い”ということで
   あの“物価高”というのもありますから、やはり「現生よりも現物を」-
   ですから「食糧」とかですね、あるいはその他「生活必需品」とか、それの方が
   むしろ喜ばれるんじゃないかと思われますね。


  ◇下平さやか MC
   そうですね。簡単に「豊かになった」というわけではないわけですよね。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆中国との関係改善?


 Q.後ろ盾となる「中国との関係」は今どういう状況にある?

 A.
  ◇辺真一 編集長 コリア・レポート

   非常に“冷ややかな”関係で、そして“疎遠”の関係で、
   あのぉなかなかですね「関係修復」これが難しいと言われたんですが、今回
   劉雲山 政治局常務委員 が訪朝したことによって、一応「中朝友好」の演出は
   ですね、謀られましたけれども、しかし根本的な関係改善という点からしますとね
   全て事の発端、すなわち中朝がその関係が不仲になったという理由はですね、
   北朝鮮の「ミサイル発射」に原因があるんですね。

   北朝鮮は「ミサイルじゃなくて衛星」だと。
   それを中国はアメリカと一緒になってですね「制裁」をかけて、
   それでその「自分達の宇宙の開発の権利を奪われた」というようなことでですね
   中朝が仲違いしましたので、この中国が北朝鮮のミサイル発射・衛星発射を容認
   しない限り、恐らく根本的なこの関係改善には繋がらないのではないかと。

   逆に言うと今度の劉雲山 政治局常務委員 が金正恩第1書記との会談でですね、
   どの程度その「説得が出来た」のであろうかと。ミサイル発射、あるいは核実験
   についてですね「自制を求める」ことができたのだろうか。

   よっぽどの手土産というかね。例えば中国が北朝鮮に求めている『休戦協定』を
   『平和協定』に変える、これをアメリカと交渉してなんとか受け入れさせようとか

   あるいは北朝鮮が再三に渡ってこだわっている『米韓の合同軍事演習』。これを
   中国が中に入ってですね「止める」ように努力してくれと。

   こういうような担保がない限りですね、今度の劉雲山氏の訪朝を以て、北朝鮮
   主権と称する「衛星の発射」を止めるっていうのはちょっと考えにくいなと私は
   見ておりますけれども。*頷く*


  ◇下平さやか MC
   日本としては『拉致問題』のこともありますし『核兵器』を持っているのかどうか
   ということも含めて、北朝鮮の状況。生活には少し変化はあったかもしれませんが
   でも国際問題としてはなんら変わっていないんですよねー。

  ◇友利新 医師
   いくらこういう風な映像を見たとしても、なんとなくこうなんか疑問が残る点が
   どうしてもありますよねぇ。


  ◇黒鉄ヒロシ 漫画家

   日本からね、いっつも“じくじたる思い”っていうか“能動的に動けない”
   んですよ。だから予測するだけなんですけどね。イギリスが発表したこと、つまり
   中国の問題がバックにありますから。南沙であのアメリカ軍が行くって言ってます
   よね?そうすると中国はにっちもさっちもいかんのですよ。「どうしようもない」

   そうすると切り札として北朝鮮との関係というのは話せるのは中国だけですから。
   すると突き出す、あるいは保護する、脅迫の材料に使う。
   だから「カード」になっていくような気がしますけどね。

 

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・TBS【ひるおび】などでも詳しく紹介されていましたが、端的に短くこちらの方が
  まとめられていたので、こちらをメモしてみました。【地下鉄】では改札の他にも
  電光掲示板で行き先が判りやすくなったのもあったのですが、「十字の路線しかなく
  短い区間でそんなの不要だろう」と揶揄する声も別番組では聞かれました。*びびる*
  事情はどうであれ、私には北朝鮮側の「必死さ」が伝わってきました。

┣・『拉致問題』は決して許されることではないが、なぜそこまでする事態になったのか
  相手の事情を配慮しないと根本的に解決しないことは、日本の学校教育・社会問題を
  通じて見ても明らかだろう。NPOなどを通じて必死に交流を築こうと努力してるが
  あまりにも弱々・少々しすぎる。やはり国のリーダー同士が語り合わねば解決しない

┗・大国の影に怯えて表立っては何も言えない日本。「貧乏くじを引かないように」と
  常にビクビクして生きているのは我々日本人の方じゃないのか? 欧米の表彰ものに
  やたらと媚びる姿は非常に情けないの一言。偉そうに他国を言えた義理じゃない。