読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシアが初の巡航ミサイル発射 大国介入でシリアは泥沼化

2015/10/08(木)<ロシアが初の巡航ミサイル発射 大国介入でシリアは泥沼化>
報道STATION】 http://www.tv-asahi.co.jp/hst/

www.tv-asahi.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓ <ロシアが初の巡航ミサイル発射 大国介入でシリアは泥沼化>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

  2015年10月7日
 【ロシア】
 ◇ショイグ 国防相
  目標を全て破壊しました。攻撃の効果が高いことが証明されました。


 ・ロシアがシリア領内に向け、26発の『巡航ミサイル』を撃ち込んだ。

  カスピ海に展開中の巡航艦から発射された『巡航ミサイル』。

  イラン・イラクの上空を通り、1千km以上離れたシリアの
  ラッカ/アレッポ/イドリブに着弾したとされる。


 ・標的は【IS】イスラム国の他に、アサド政権と敵対する【反体制派】勢力の
  軍事拠点だった。

 ・『巡航ミサイル』は低空を飛びながら敵側のレーダーをくぐり抜け、目標を破壊する
  という特徴を持つ。

 ・ロシアが実戦で『巡航ミサイル』を使用するのは初めてのこと。


  2015年10月7日
 【ロシア】
 ◇プーチン 大統領
  難しい作戦なのは理解している。成果は当然高評価に値する。


 ・ロシアによるシリアへの軍事介入。その影響力は広がりを見せつつある。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  先月2015年9月
 【イラク
  【IS】イスラム国と戦闘するクルド人部隊。

 ・「アメリカなどによる空爆は効果がない」として「ロシアに空爆を要請すべき」
  との声が上がっている。


 ◇アバディ 首相 イラク
  イラクでのロシアによる対【IS・イスラム国】空爆を歓迎する。

 ◇マトビエンコ 議長 ロシア上院
  イラクからの正式要請があればロシアは、
  「イラク空爆」の政治的・軍事的妥当性を検討する。


  2011年3月
 『シリアの反政府デモ』
  4年半前、民主化を求める100人程度のデモから始まった【シリア内戦】。

 ・今やアメリカやフランスなどの欧米諸国と、
  サウジアラビア・イランなどの中東諸国に加え、
  ロシアが介入し「大国のパワー・ゲーム」の場となった。


 ・アサド政権のロシア製戦車をサウジアラビアなどの支援を受ける反体制派勢力が
  アメリカが援助したミサイルで破壊するシーンがYouTubeに上げられている。

www.youtube.com


 ・また先程、反体制派が勢力がロシア軍のヘリを撃墜したとの情報も入っている。
  ロシアは間違いなく報復するだろう。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■スタジオにて


 ◇古舘伊知郎 MC

  「なぜロシアがここまでシリアに」と考える時にですね、いろんな複合的な要因は
  あると思いますけれども、「イランの存在が大っきいのではないか」という風にも
  見られているんですね。

  これはあのぉアサド政権を維持させようという面ではロシアもイランも一緒に見える
  表面上は「仲良く」見せる所もあるけれども、プーチン大統領の腹の底はイランを
  どう思っているか? この辺り探らないと分からないのではないかという気がします

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・『巡航ミサイル』また戦車を破壊したロケット砲から発射されるミサイルの軌道は
  一見“ふらふら”としているんだけれども、的確に標的に当たっていく光景という
  のは見ていてゾッとしますね。レーダーの精度が上がり過ぎです。日本では暢気に
  「自動運転で縦列駐車も容易に」なんて報道をしてましたけど、あれも軍事技術の
  応用なんですかね。ちょうど企業は【三菱】だったし。だとしたら、どんでもない
  ものに使われているんだなと思ってしまいます。(悲)

┗・「大国のパワー・ゲーム」政治的、経済的な力を背景にして主導権を握ろうとして
  行う、国際政治上の駆け引き。なんて外側にいる人間は簡単に言うけれど、実際に
  行われる内側って双方にとって自国内じゃ決してないですからね。「汚い」よね。
  それが分かっているからテロは絶えないのであって、もう止めようがないのかも
  しれません。日本も確実に標的にされました。何気ない空港のボディースキャナー
  導入ニュース。それだけ危なくなっていることを痛感しなければいけません。

www.news24.jp

  ある意味、海外へ出たら戻って来られなくなるかもしれません。安全を理由にね。