ケモノを仕留める女が急増中!知られざる美味ジビエ

2015/10/01(木)<ケモノを仕留める女が急増中!知られざる美味ジビエ
【大日本○○白書 ~ 1億3000万人の狭すぎる世界 ~ 】
 http://www.fujitv.co.jp/b_hp/151001dainipponmarumaru/

www.fujitv.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  <ケモノを仕留める女が急増中!知られざる美味ジビエ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    この広い日本で“狭すぎる世界”に生きる人々を徹底調査!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■『ケモノを仕留める女猟師』白書


 『ジビエ料理
  狩りで仕留めた動物の肉を使った料理。


 東京都五反田
 【ジビエバル Umagoya】
  ジビエに群がる女子達が「ジビエ女子会」を開催していた。※20代後半の女性3人
  ジビエ料理の「鹿肉のステーキ」「イノシシとポルチーニ茸のプリカッセ」など。

food-stadium.com


 Q.『ジビエ料理』の良さは?

 A.
   「凄い美味しい。(笑)」 「“ヘルシー”なんで。(笑)」
   「肉々しい。*モグモグ* “肉食女子”にピッタリというか。」


 ・そんな『ジビエ料理』が“ヘルシー”で“美容に良い”と女性に大好評!


 ・しかしその一方で、今自ら「狩りに出る女」達がいるという。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆『ジビエ』ブームで“狩りガール”急増中
            Hunter Girls

 【長野県泰阜村
  コンビニも信号機もない村に「若い女漁師」がいるという。
  山の中を取材に行くと雨が降る中、いきなり大きな鹿を持ち上げて向かってくる
  その女性を遭遇!  ※前後の足をシッカリと掴んで軽トラの荷台へ運んだ。

 ◇井野春香さん(27)
  猟師歴4年。大学卒業後に『狩猟免許』を取得。主に『罠』を使った猟をしている。
  さらに女子のセンスを生かして「オシャレな革製品(鹿や猪)」も制作している。
                ※パスケース・小物入れ・スリッパ・靴など本格的だ

 『狩猟免許』
  主に『銃』・『罠』・『網』の3種類。
  各都道府県で年に数回試験を実施。


  <狩猟免状女性合格者の推移> 【環境省】鳥獣関係統計より

   2004年 1000人弱
   2007年 1400人弱
   2008年 1500人突破!
   2010年 1750人前後
   2012年 2037人    ※10年間で約2.5倍増加した


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  福井県の女性猟師
 ◇児玉千明さん(26) ※写真のみ
  猟師歴1年。大きなイノシシを前にダブるVサイン。
  普段は美容師として働く美人猟師。 ※確かに写真を見る限りでは美人ですね。(笑)


 ・そして、
 ◇杏(29) 女優
  鹿肉が好き過ぎて、去年2014年に『狩猟免許』を取得したという。 ※(驚)。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆さらに大分県には「狙った獲物は逃がさない」
  “美人姉妹ハンター”がいるという。


 【大分県豊後大野市
  大分で評判という姉妹ハンターは【キャッツアイ】のような肉食系女子

 ・山里の一軒家を訪ねると玄関先の小屋に『女猟師の加工所』の看板が掲げられていた


 ◇田北たず子さん(63)、東藤さき代さん(59) “たず子・さき代シスターズ”
  二人合わせて122歳。          ※曲のテーマに合わせてポーズ。(笑)

                     「ちょっと眼鏡ズリ上げていいですか?」
                                 *おちゃめ*(笑)
 ・5年前2011年、「畑を荒らすイノシシを駆除」するため
  『狩猟免許』を取得。 意外とフレッシュな“狩りガールズ”。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 女猟師たちのライフスタイルとは?
┣Part1:2015秋 最新「おしゃれワナ図鑑」

 【長野県泰阜村
 ◇井野春香さん(27)
  狙いはイノシシや鹿。狩猟の目的は主に害獣駆除。


 Q.トレンドに敏感な27歳。春香さんのMYワナとは?

 A.結構急な斜面。落ち葉が辺り一面に敷き詰められている中で、
   罠がある場所の間近な木に「札」を掛けて周りの者へ注意喚起している。

   外からは全く分からない。

  ◇井野春香さん(27)
   全然分からないようにしないと鹿も気付いてしまうので。


  ・春香さん自慢のマイ罠は『くくりワナ』。
   獲物が木の板を踏んだ瞬間に「ワイヤー」がギュッと足元を締める逸品。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 【大分県豊後大野市
 ◇田北たず子さん(63)、東藤さき代さん(59) “たず子・さき代シスターズ”
  大胆な色使い(黄色と赤色)の帽子とジャケットを着込んで、いざ狩猟へ。


  ◇田北たず子さん(63)    ◇東藤さき代さん(59) 
   目立つように。       大きなイノシシに間違われやすいんですよね。
   うっふふふふふふ。(笑)   姉も私も。

                 「大物がいた!」って撃たれると困りますので。


  ・こんなによく喋るイノシシはいない。(苦笑)


 Q.シスターズ愛用のMYワナとは?

 A.『箱ワナ』

  ◇田北たず子さん(63)
   臭いがクサい人は付けないで下さいね。
   「人間の臭い」が付くと(ケモノが)通らなくなるので。


  ・大人の女性らしく、ラグジュアルな雰囲気が漂う『箱ワナ』。

   エサに釣られたエモノ(イノシシ)が、中の方に引っ掛かると
   入り口の扉が塞がれて*ガシャン*、鮮やかにフィニッシュ!となる。


  ・イノシシが捕まると「鋭いやりを首に刺して血抜き」をするという。

  ◇田北たず子さん(63)    ◇東藤さき代さん(59) 
   全部血が出たら、
   美味しいイノシシ肉ぅ!   *コクリコクリ*
   GOOD!(笑)         (笑)

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 女猟師たちのライフスタイルとは?
┣Part2:オトナ女子流「解体」スタイル


 【長野県泰阜村
 ◇井野春香さん(27)

 ・立派なナイフ(包丁並みの大きさ)数本を丁寧に磨き、鹿の解体に取り掛かる。

  脚が4本あるので、そこから皮を剥いていきます。

  (綺麗に剥がれていきますね。)

  そうですね。鹿はあのぉ剥がれやすいので、脂肪がそんなに乗ってないので-


 ・解体は「スピードが命」。鮮度を保つため手早く削ぎ落とす。
  鹿の解体時間は「30分程度」。


  「迷惑だから獲る」だけじゃなくって「全部無駄にならないように」とか思いながら
  そうしないと可哀想で-


 ・真心がこもった「丁寧な解体スタイル」。 ※たった1人での解体。お見事だった。

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 【大分県豊後大野市
  『女猟師の加工所』にて

 ◇田北たず子さん(63)、東藤さき代さん(59) “たず子・さき代シスターズ”

 ・この日朝獲れた「特大イノシシ」。重さはなんと65キロ!

  早速解体を行うが(他に男性2人が参戦)シスターズの前に“難敵”が出現!


  ◇東藤さき代さん(59) 
   あっ、これオスやけん、好かんなぁ。ウヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ。(苦笑)

  (オスだと何かあるんですか?)
                          ◇田北たず子さん(63)
   オスは「オ〇ン〇ン」取るのが難しくてね。(笑)  「オ〇ン〇ン」は邪魔!
   邪魔! ウッハハハハハ・・・


 ・恥じらいを捨てた「豪快な解体スタイル」 ※イノシシの皮がブタのように綺麗に
                       剥ぎ落とされて。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 女猟師たちのライフスタイルとは?
┗Part3:オトナを磨く!「LOVEお肉」ランキング


 ◆お薦め『ジビエ』お肉ランキング


 【長野県泰阜村
 ◇井野春香さん(27)

 ・自分で解体した肉を使っての『ジビエ料理』。


  <好きなお肉ランキング>

   1位 鶏
   2位 豚
   3位 アナグマ  「美味しかったですね。脂がシッカリと乗って」
   4位 鹿
   5位 牛


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 【大分県豊後大野市
 ◇田北たず子さん(63)、東藤さき代さん(59) “たず子・さき代シスターズ”

 ・朝獲れの「特大イノシシ」を使ってクッキング。ジビエのフルコース4品が完成


 Q.イノシシのお肉を食べるようになって美容に・・・ ?

 A.
  ◇田北たず子さん(63)      ◇東藤さき代さん(59)
   そうですね。お肌ツルツルで。  エッハハハハハ。一緒にツルツルポーズ(笑)

   キレイになっていると思いますよ
   そうやって言われたことないけど エッハハハハハ。(苦笑)
   (苦笑)

     ※いや、顔をUPされても実際にお肌キレイだと思いますよ、ホントに。
      これが“肉食”効果なんでしょうね。お野菜は葉っぱ同様に萎びるから。


  <好きなお肉ランキング>

   1位 牛
   2位 イノシシ
   3位 鹿
   4位 アナグマ  !?  気になるぅ!
   5位 鶏


 『アナグマ』(ムジナ)
  イタチ科に属する哺乳類。
  本州・四国・九州に生息。 

 ・猟師達に「密かなご馳走」と言われる幻の食材。

  脂が乗ってコクがあり、「フルーツのような香り」が特徴だという。


  そんな『ジビエ料理』こそ、「美しさの源」。

  【大分のキャッツアイ】は今日も輝き続けるッ!

             「ちょっと眼鏡ズレるのよね」「エッハハハハハ」

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・番組内での1ネタでしたけど、ハンターには興味津々なので面白かったですね。
  狩猟免状女性合格者が2007年頃を境に急激に伸びていて驚いたのですが、
  どうやら趣味というよりも「害獣駆除」目的が大半を占めるようです。
  取らざるを得なかったというのが本音でしょうか?

┣・女優の杏(29)も免許取得しているとはね。彼女はカエルとかも平気で捕れる
  手で掴めるようですし、あの細身で多忙だから精力付く肉をガツガツ食べて
  いないと体が保たないんでしょうね。『銃』なのか『罠』なのかまでは不明
  でしたけど、NHKの特番なんかで、ジビエを獲って・剥いで・食っている
  シーンなど観たいものです。福山雅治の大自然番組など蹴散らしてね。(笑)
  女性の強さを世間に知らしめて欲しいものです。(^^ゞ

┣・都市部で一般職に就きながら、休日山で猟をするっていう方法もあるのですが
  車が必須ですからね。そのために車の免許を取得するのもなんですし、それと
  自分も『罠』希望なのですが、ある程度は通える範囲に自分も住んでいないと
  仕掛けた後に気になって仕方がないです。悪天候などで罠がどこかへ流されて
  しまう・人が誤って罠に掛かっている可能性もありますし。

┗・やはり『狩り』したいですね。通信環境が整っていて、ジビエ三昧できる所。
  住まいなども考えるとこれがなかなかないんだ、実際の話。(^^ゞ

 

 

山賊ダイアリー コミック 1-5巻セット (イブニングKC)
 

 

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

 
料理家ハンターガール奮戦記 ジビエの美味しさを知らないあなたへ

料理家ハンターガール奮戦記 ジビエの美味しさを知らないあなたへ

 

 

 

山賊ダイアリー(6) (イブニングKC)

山賊ダイアリー(6) (イブニングKC)