バフェット氏率いるバークシャー、米最強の複合企業に

2015/08/18(火)<バフェット氏率いるバークシャー、米最強の複合企業に>
【Newsモーニングサテライト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/

www.tv-tokyo.co.jp


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓日経朝特急 <バフェット氏率いるバークシャー、米最強の複合企業に>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

www.nikkei.com


┣■米最強の複合企業に

 【バークシャー・ハザウェイ
  著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米国企業。


 ◆同企業は変身を遂げつつある。投資会社としてスタートしたが、株式などの
  売買に伴う投資事業の比率は小さく、利益のほとんどは傘下の事業会社が
  稼ぎ出す。保険から鉄道、エネルギー、製造業など多岐にわたる事業を抱え
  米国最強の“複合企業”(コングロマリット)として拡大する経営形態は、
  【グーグル】など有力企業も参考にしている。


 ◇ウォーレン・バフェット 投資家
  この事業は今後100年間に渡って続けるだろう。


    航空・エネルギー向け金属部品製造
 ・米【プレシジョン・キャストパーツ】を同氏にとっては史上最大となる
  320億ドル(約4兆円)を投じて買収。同社の株を100%買い取り、
  200社を超える【バークシャー・ハザウェイ】の1事業会社となる。


  現在の【バークシャー・ハザウェイ】は様々な領域に広がる複合企業だ。
  その領域をさらに広げるための取り組みを続ける。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆【バークシャー・ハザウェイ】の利益構造


 ・昨年2014年、原油先物相場の下落に苦しむ【エクソンモービル】といった
  エネルギー株を早々に売却。ただ同複合企業の業績の牽引役は、こうした
  株式を売買する投資部門の利益ではない。同部門の利益は全体の17%程
  に留まる。(年間ベース)


 ・利益の8割超は長期保有する投資先企業の利益が占める。
  買収したこれらの企業は連結子会社・事業会社となり、利益拡大が続く。
  「原則、子会社は売却しない」と強調する。


  【バークシャー・ハザウェイ
   総額198億7200ドル(2014年12月期)

   <事業部門> 『保険』           26%

          『製造業・サービス・小売り』 22%
          『鉄道』           19%
          『公益・エネルギー』     10%
          『金融商品』          6%

   <投資部門>                17%

 


 ・投資会社発の複合企業体のの強みの1つとして
  「成長分野への機動的な投資など、資金使途の効率性」を挙げている。

  資金融通の強みを生かす。


 ・しかし「事業が多肢に渡り、評価が難しい」という声もあり、
  PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり株主資本(BPS)は
  市場平均を下回っている。

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・超久しぶりに経済ネタをメモした。元々は経済を勉強するためにノートに
  書き込みしていたが、「字が汚い・筆圧が強すぎて異常に疲れる」という
  個人的問題からパソコンを使うようになった。(苦笑) 個人的DBとして
  記録するつもりでいたが、どの端末でも見られて・しかも容量は無料だし
  補完機能もあるという理由で始めたのがブログへの掲載。というわけです。

┣・【著作権】で訴えられるのがホント怖いんですけどね、伝えるというのは
  本来「世間に知って・学んで欲しい」という思いがあると私は考えてます
  ので載せているわけです。そこのところを皆様もよく踏まえてらっしゃる
  ようで、今のところ苦情・文句はありません。*感謝・感謝* <(_ _)>

┣・このNewsはビビッときました。資本主義社会の本質・上層部の形態を表して
  いますね。「お金は多く持っている者ほど益々富んでいく」という構図です。

┣・かつてウォーレン・バフェットに負けない、もっと著名な投資家が日本にも
  おりました。千昌夫です。東北新幹線の建設予定地を予め取得して売却して
  得た巨額の資金でホテル事業を買収。ついには親玉であるアメリカのハワイ
  にある有名ホテルまで手に入れてしまいます。めとった奥様はもち外国人。
  【新婚さんいらっしゃい!】で有名なジョーン・シェパード(1978.3.5~1981.11.8)
  正直あの頃が見ていて一番楽しかったなぁ。そしてそんな“わらしべ長者
  物語は長くは続かず、破産、離婚。一時長期、芸能界を去ることになります。

    ♪あの故郷へー、帰ろうかなぁー、帰ぇろーぉかなぁ~

  たまにTVに出て来ていたけれど、再び定着することはなかったですね・・・


┗・“複合企業”と化して大地に根を張るかのような、一見・盤石な態勢を敷く
  ウォーレン・バフェット。彼はこのまま成功者として終えられるのか !?

  「原則、子会社は売却しない」と言いながら、エネルギー株を早々に売却
  するなど、その会社に勤める従業員にとってはたまったもんじゃありません。
  日本の労働者・組合、会社らが買収に警戒するのはなんとなく理解できます。
  ちょっと守りすぎだと思いますけどね。お会計を捏造しちゃってるし。(苦笑)