読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーロ圏退場寸前、混迷極める『ギリシャ問題』

2015/07/03(金)<ユーロ圏退場寸前、混迷極める『ギリシャ問題』>
ワイド!スクランブル】 http://www.tv-asahi.co.jp/scramble/

ワイド!スクランブル|テレビ朝日


*敬称略しています。 また長文ゆえ誤字脱字が多いです。ご了承ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓池上彰氏 生解説  <ユーロ圏退場寸前、混迷極める『ギリシャ問題』>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┣■国民投票直前【ギリシャ

 先月2015年6月28日
 ◇チプラス 首相 ギリシャ
  【ギリシャ中央銀行】は銀行を休業させ、現金引き出しを制限せざるを得ない。


 ◆今、ギリシャ国内が大混乱に陥っている。
  市民が銀行から自由に預金を引き出せなくなっている。

 ・銀行のAMTの前には“いくらでもいいので”預金を引き出そうと長い行列。

   ◇ギリシャ市民 40代後半の男性
    ATMのお金がないよ。

   ◇ギリシャ市民 30代前半の男性
    (笑)。わからないよ!どうしたらいいんだ? *笑顔*  ※途方に暮れた様子。
                         終いには引きつり顔に・・・

 ◆約43兆円という膨大な債務を抱え、「財政破綻の危機」にある【ギリシャ】。
  政府は預金の流出を防ぐ為に、今週月曜日2015年6月29日から突如銀行を休業。
  預金の引き出しをATMで「1日60ユーロ(約8200円)に制限」した。

 ・キャッシュカードが無い「年金受給者」の為、一部の銀行は営業しているが
  炎天下に高齢者が長蛇の列を作っていた。

   ◇ギリシャ年金受給者 60代と思しき女性
    4時間も待っているわ。

   ◇ギリシャ年金受給者 70代と思しき女性
    暑いから倒れてしまうかもしれないわ。仕方ないけどね。

 ・受け取れる年金は支給額の一部だという。


 ◆ギリシャ政府は急遽、アテネ市内の公共交通機関を無料にするなど
  市民の不満を抑える為、やっきになっている・・・ 。


 ◆ギリシャ“神話”崩壊か。

 ・2009年に「財政危機」が発覚して以来、【EU】からの金融支援を受けてきた。
  その支援期限は2015年6月 一杯となっていた。

 【EU】による支援継続の条件
  「年金削減」や「増税」などこれまで以上の『財政緊縮策』を求めていた。


  しかし、
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 2015年6月27日
 ◇チプラス 首相 ギリシャ
 ・政府はギリシャ国民が自分たちの意思で決められるよう『国民投票』を提案
  しました。この提案は議会に於いて満場一致で受け入れられました。

   ※『財政緊縮策』の賛否を問う国民投票を今月2015年7月5日に行うと発表。

 ・この国民投票を行う為の1ヵ月間の支援期間延長と、
  国民投票後の交渉再開を【EU】側に求めた。


 2015年6月29日
 ◇ユンケル 委員長 欧州委員会
  合意の為に全力を尽くしましたが、少し“裏切られた”気分です。

 ◇メルケル 首相 ドイツ
  ギリシャ問題は【EU】各国にとって大きな課題だ。
  しかしギリシャ国民にとって現在の状況はまさに“拷問”だ。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆【EU】はギリシャ側の提案を拒否。
  2015年6月 一杯で予定通り金融支援を打ち切った。

 ・その為【ギリシャ】は返済期限を迎えた約15億ユーロ(約2000億円)が
  払えなくなり、【IMF国際通貨基金は「先進国初の延滞国」と表現。
  【ギリシャ】は事実上の「債務履行」状態に陥った。

  ※2015年6月30日「EU案支持派」の集会が行われた。


 2015年7月1日
 ◇チプラス 首相 ギリシャ
  「NOに投票すること」は【EU】側とのより良い「合意を得る為のステップ」
  になる。

 ・国民投票で「NO」の投票を呼び掛けた。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ・注目の国民投票まであと2日。

 ・混迷の要因。今回の経済危機の背景には何があるのか。

 ・そしてその陰でうごめく【ロシア】【中国】の存在。。。


 ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員
  世界史の授業で紀元前のこと習う時にを必ず【ギリシャ】出てきましたよね?
  その国がどうしてこーなっちゃうの?っていう印象ですよね。

 ◇池上彰 ジャーナリスト
  【ギリシャ】はとっても大変。言ってみればヨーロッパ各国から
  『イエローカード』を出てる。『イエローカード』が2枚になると
  『レッドカード』退場、、

 ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員    ◇下平さやか キャスター
  なんか何枚も出されてるみたいに思うね。(苦笑)  堪えてないっていう。(笑)

 ◇池上彰 ジャーナリスト
  もう何枚なんだろうっていう感じなんですけれども、一体どういうところなのか。
  まずは世界史から参りましょう。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■ギリシャ“神話”(世界史)


 ◆オリンポスの神々(十二神)

 ◇増田ユリヤ ジャーナリスト(27年余り高校で歴史を教えた。国際ジャーナリスト)
 ・【ギリシャ】硬貨の裏側に彫られている。
  ユーロの硬貨は各国で自由にデザインが可能。

 ・【ギリシャ】の2ユーロ硬貨には
  雄牛に姿を変えた全能の神ゼウスが女神のエウロパを背に乗せて
  駆け巡って・逃げ回ったのが『ヨーロッパ』の語源になっている。
  『エウロパ』からきたのが『ヨーロッパ』

  つまり【ギリシャ】は自分たちがヨーロッパという国を造ったという自負がある。
                                 プライド

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 【ギリシャ

  ・「欧州文明」発祥国(多数の都市国家を形成)

  ・「オリンピック」発祥の地

  ・【民主主義】発祥の地

  ・偉大な「哲学者」を輩出。
      ◇ソクラテス     ◇アリストテレス
      「汝自らを知れ」   「我々の性格は、我々の行動の結果なり」 etc.

  ・偉大な「数学者」を輩出。
      ◇ピタゴラス     ◇アルキメデス
      『ピタゴラスの定理』 『円周率』


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■ギリシャ“神話”崩壊か


 ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員
  そもそも“ギリシャ危機”ってういうのは【ギリシャ】が嘘をついたから
  「粉飾決算」をしてたのが原因なんですよね?


 ◇池上彰 ジャーナリスト
 ◆実は【ユーロ】に加盟する時にはですね、財政状態が悪い国ですと
  他の国に迷惑が掛かるので、入る為の条件があるんですね。

  <【ユーロ】参加の条件>
  ・財政赤字の対GDP比3%以下。・・・ etc.


  2001年
 ・【ギリシャ】は【ユーロ】に参加。
   財政赤字の対GDP比3%以下クリア。

  2009年
 ・リーマンショック
   財政赤字 GDP比 3.7%(約0.9兆円)

  → 政権交代すると
  実は、
   財政赤字 GDP比12.7%(約3.0兆円)だった。※【ギリシャ政府】発表
            借金総額 約38.0兆円

  疑わしい・・・ 調べ直すと
   財政赤字 GDP比13.6%        だった。※【ユーロ】発表


 ・これがいわゆる“ギリシャ危機”そして“ユーロ危機”になっていった。

  ルール違反として最初のイエローカードが【ギリシャ】に対して切られる。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆とはいえ【ギリシャ】がこのままでは大変だと、最初の違反と言うこともあり
  助けてあげようと「巨額の借金」に関してこれを肩代わりすることになった。
  【EU】欧州連合や【IMF国際通貨基金、または【ECB】欧州中央銀行らが
  総額約2400億ユーロ(約33兆円)を【ギリシャ】に貸し付けした。

  その代わり「公務員の削減」「年金支給の減額」など様々な条件を付けた。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆巨額の借金返済のため【ギリシャ】は・・・

   「パルテノン神殿のレンタル」  1日1600ユーロ(約22万円)
                     ※結婚式、CM撮影など

   「警察官の貸し出し」      1時間 30ユーロ(約 4千円)
                     ※民間警護代わりに非番の警察官が対応

   「高速道路の売却」       スペインの会社に売却
                     ※収益がスペインへの返済代わりに


   ◇下平さやか キャスター
    エ~ッ、なんかちょっと借金の額に比べると小さいかもしれませんけど(笑)
    これ、「役に立った」んですか? 池上さん?

   ◇池上彰 ジャーナリスト
   ・いくらか姿勢を示しただけですよねー。(苦笑)
    これじゃ「抜本的な解決策にはならない」ということです。

   ・でもその一方で「年金」が減らされちゃったわけでしょ?
    「公務員」の数が減らされた、ということになりますと
    “プライド高き”ギリシャ人は我慢できない。暫くの間は我慢したけど
    もうやってられないよ!ということになって、


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  今年2015年1月
 ◆“反緊縮”チプラス首相 誕生

  ◇チプラス 首相 ギリシャ
   「壊滅的な緊縮はもう終わった」   ※逆ギレ状態に


 ・特に【ドイツ】は【ギリシャ】に対して多額の資金を出してくれていたが
  そもそも【ドイツ】はナチス時代に【ギリシャ】に大変な損害を与えたとして
  それを「今返せ」と言い出した。

  ◇チプラス 首相 ギリシャ
   ナチス・ドイツの損害賠償2970億ユーロ(約37兆9400億円)
   ギリシャに払え!(これでちょうど巨額の借金がチャラになる。)

  ◇メルケル 首相 ドイツ
   ヤダ。(不快感を示す。【ギリシャ】に対して厳しい態度に出るようになった。)


  2015年6月30日
 ・【IMF】への返済、約2000億円、延滞中。「返せません」

  → 【ギリシャ】借金総額 約43兆円  ※【ギリシャ統計局】
                       以前より増えてしまった。


   ◇下平さやか キャスター
    それでもやっぱり「公務員の人は多いまま」だったり、
    構造的には「何も変わっていない」ってことなんですか?

   ◇増田ユリヤ 国際ジャーナリスト
    そういうことですね。で、どれだけ国民に“大盤振る舞い”をしてきたか
    ということをご覧頂きたいと思います。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■ギリシャ“混迷の要因”


 ◆公務員が多い!

 ・労働人口の5人に1人  ※多い時には。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆社会保障が手厚い!

 ・公務員の年金 : 給与(現役当時)の8割保障
           ※61歳から


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆給与支給額の伸び率(大学卒公務員の初任給)

 ・2002年の基準として、2009年までの間  ※図表から目視

  【日本】  最大 -3%の範疇で下がり続ける。

  【ギリシャ】2003年 5%超
        2004年20%弱  ※驚くべき右肩上がり!
        2005年22%程
        2006年25%程
        2007年28%程
        2008年35%超
        2009年35%超(前年2008年とほぼ横並び)

   さらに【ギリシャ】では、 定時出勤  =特別手当
               パソコン使える=技能手当

   ◇増田ユリヤ 国際ジャーナリスト
    (手当のレベルが低いですね。(笑))
    「手当を付ければ朝ちゃんと来てくれる」こういう発想。
    こういうような状況があったということなんですね。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◆借金がしやすい理由・・・

  【EU】「欧州連合」加盟国    28ヵ国

  【ユーロ】EURO(通貨)参加国 19ヵ国 ※イギリスなど採用していない


 ◇増田ユリヤ 国際ジャーナリスト
 【EU】の旗(青地に12の星の輪)は発足時に加盟したのが12ヵ国だったから。
  その後加盟国は増えたわけだが「12」という数が「完全」という意味を表すため
  変えずにこのままでずっといる。

 【EU】は連合だが『国歌』がある。ベートーベンの『第九』歓喜の歌、そのもの。
  歓喜の歌は“自由を賛美する”歌でもあり、市民の平和を称えるところから採用。

 【EU】の理念
 「ヨーロッパを1つの国に」する。

  第二次世界大戦の後に、やはり「戦争は良くない」。地続きのヨーロッパで
  これを「一つの国」にするんだ。そんな思いがあって【EU】が形成されていった。

   1951年 欧州石炭鉄鋼共同体【ECSC
   1958年 欧州経済共同体  【EEC】
       欧州原子力共同体 【EURATOM】
   1967年 欧州共同体    【EC】
   1993年 欧州連合     【EU】
   1999年 統一通貨『ユーロ』誕生  ※2002年流通開始
  (1998年 欧州中央銀行 設立【ECB】)


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◇池上彰 ジャーナリスト
 ・そこで「一つの国」にするならば、やっぱり「通貨は一つ」にしようよね。
  ということで【ギリシャ】は【ユーロ】に入るのですが、
  【ユーロ】に入ると借金しやすくなる、というのがあるんですよ。


  【ギリシャ】独自通貨  →  ユーロ圏統一通貨
        ドラクマ         ユーロ
              ↓

           『ギリシャ国債
            信用力↑upする

 

   国債金利  【ドイツ】   【ギリシャ

    1995年  7%前後     20%弱

    2001年  5%台       5%台 ※ユーロ導入で金利急落/信用UP

    2009年  5%以下     財政赤字発覚
                  翌年以降10%、15%と超えていき
                  今では30%近くにまで金利が跳ね上がる。


 ・借金(国債)をしても(金利が低くなったおかげで)返すお金が少なくて済む。
  非常に借金がしやすくなった。ドンドン借りちゃった。と、こういうことです。

 

   ◇下平さやか キャスター
    なんかデーブさん、複雑な構造の中で【ドイツ】の気持ちを考えると
    いたたまれないというか(苦笑)、なんか一生懸命にやっている人と
    まぁいいや、ユーロに乗っかって上手くやっていこうという人と
    だいぶ違いますね。(苦笑)

   ◇デーブ・スペクター 米テレビプロデューサー
    いろいろと見えてきましたね、これでね。
    だけど今朝コンビニに行って『ギリシャヨーグルト』買おうとしたら
    「後払いでいい」って言われたんですよ。*一同苦笑い*
    ということがまだあるんですよ。

    でも民間とか個人でこんなにお金返せなかったら、怖いお兄さん達が
    セカンドバックを持って来ますよね? よくこう、なんで他の国が
    そこまで起きてないかというのが不思議ですよねぇ。
    いくら(【ギリシャ】の)国民性とはいえ・・・


   ◇下平さやか キャスター
    まさにそこ、実は【ギリシャ】が開き直って・強気でいる背景には
    大国の影が池上さん、あるということなんですね?

   ◇池上彰 ジャーナリスト
    そう、つまりですね『オリンポスの神々』ではなくて、現在こちらに
    睨みを利かせているのは、【中国】そして【ロシア】ということなんですよ。

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■ギリシャ「強気」の背景


 ◆急接近する【中国】【ロシア】

  先月2015年6月29日 ベルギーブリュッセル
 ◇李克強 首相 中国
  中国は【ギリシャ】が債務危機を克服する為の一切の懸念や求めに対して
  実際に行動して対応します。


  先月2015年6月19日 ロシア・サンクトペテルブルク
 ◇チプラス 首相 ギリシャ
  緊縮策は問題の解決に繋がらない。【ギリシャ】の債務はヨーロッパ全体の問題だ。


 ・【EU】の一員ながら政権発足以降、【中国】や【ロシア】との関係を深めている
  【ギリシャ】のチプラス首相。

  果たして2つの大国が【ギリシャ】に接近する思惑とは?


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◇池上彰 ジャーナリスト
  「いざって時には【中国】【ロシア】に頼るけど、
        それでいいのかい?【EU】諸国。」という(笑)わけで、

  どうして【ロシア】と【中国】が出てくるかっていうと、


  今年2015年2月19日
 『新春祝賀艦上レセプション』
  【ギリシャアテネのすぐ近くにある最大の港ピレウス港に、中国の軍艦
  (中国海軍第18回護衛編隊)が訪れて、軍艦の中で行われた祝賀レセプション。

  出席にしたチプラス首相は“にこやか”な顔をしていた。これには【中国】側の
  思惑があった。


 ◇2013年に習近平国家主席
  「【ギリシャ】は地政学的に『一帯一路』戦略における重要な位置にある」と発言。

  『一帯一路』
   ・中国から中央アジアを経由して欧州にいたる陸路を『シルクロード経済帯』
    (一帯)とし、中国から東南アジア/インド/アフリカ/中東を経て欧州に
    至る海路を「21世紀海上シルクロード」(一路)と名付け、
    この地域を包括する経済共同体の構築を目指す戦略・構想。


 【中国】
 ・ピレウス港(【ギリシャ】最大の港)の権益を
   34億ユーロ(約4600億円)で35年契約済。

 ・港近郊の陸運積み替え施設など買収。

 ・アテネ国際空港20年間契約(2026年~)
    5億ユーロ(約680億円)で交渉中。

 ・今現在2015年7月3日、李克強首相がヨーロッパを歴訪している。
  【中国】がヨーロッパに於いて「自分たちの存在」を示したい思惑がある。


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◇増田ユリヤ ジャーナリスト(27年余り高校で歴史を教えた。国際ジャーナリスト)
  一方で【ロシア】とは歴史的な繋がりが【ギリシャ】とある。


 【ロシア】
 ・『新・天然ガスパイプライン』を【ギリシャ】経由で建設計画。

 ・宗教的な繋がりが歴史的にある。『ロシア正教会』/『ギリシャ正教会
  ギリシャに対する親しみを感じるロシア人も多いという。


   ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員
    デーブさん、こうなると【アメリカ】もなんか黙っていられないって
    感じに・・・

   ◇デーブ・スペクター 米テレビプロデューサー
    まぁ簡単に言えば「“悪徳高利貸し”に遭った」という感じもしますよね。
    つまり自分たちの自業自得で、それでこういう風に助けてもらうと
    “ツケが回って来ますよ”絶対にですね。

    メルケルさんにとっては【EU】がこれで壊れてしまうことを当然心配して
    いるわけで、せっかくここまで来たわけですから。そんな安易に彼らが逃れて
    いいかどうかっていうペナルティーが全く感じませんね。罰が。これでもう
    解決できたらそれで済むっていうのは、ちょっと甘いような気もしますよね。


   ◇下平さやか キャスター
    経沢さん、いろんな思惑があるわけですね。


   ◇経沢香保子 トレンダーズ創業者(女性社長として最年少の上場経験を持つ)
    短期的に良いことが長期的に良いとは限りませんし、やはりその政治力の信用
    ってものが国の価値にも繋がるところってあるので、まっちょっとやり方が、
    もうちょっと長期的なものないのかなーっていうのと、

    あのまぁとはいえ【日本】も借金が沢山あるから、まっ(笑)学ぶべきことが
    沢山あるのかなーとは、もちろん同じシチュエーションとは思わないんですけど

   ◇デーブ・スペクター         ◇経沢香保子
    なんか「アテネにならないね」     ぐわはは。*大口を慌てて手で隠す*

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■迫る『ギリシャ国民投票


 ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員
  いよいよ明後日2015年7月5日、『国民投票』ですけれども
  チプラス政権はなんとかして【EU】に対して「NOと突きつけたい」。
  こういうことですよね?

 ◇池上彰 ジャーナリスト
  そういうことですね。『国民投票』をして、国民がほらNOと言ってるんだから
  これを緊縮策を止めろ!って、借金をさせろ!って、こう言おうとしてるんですが
                         ◇橋本大二郎 *大笑い*


 『国民投票』の投票用紙(見本)
 ・「いいえ」が上に、先にある。 ※Yes/Noではなく、No/Yesになっている。

 ・さらに【EU】から課せられる『緊縮財政』について
  具体的な説明が書かれていないものとなっている。


   ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員
    『世論調査』で時々ね、そういう「訊き方によって違いが出てくる」
    同じやり方ですよね。


 ◇池上彰 ジャーナリスト
 ・もし「Yes」で可決したならば
  チプラス政権としては「No」と言ってきたが国民がそういうのであれば
  “受け入れましょう”ということで“責任逃れ”が出来る。

 ・これが「No」ということになったら
  チプラス政権としては【EU】諸国に対して、ギリシャ国民が「No」と言っている
  だから“我々の要求を聞け!”と言える。(緊縮策を止めろ!借金をさせろ!)


  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員
  これ最初に【ギリシャ】の借金がバレた、2009年~2010年にかけての危機の時は
  スペインやイタリアとかに影響が出たじゃないですか。その点はどうなんですかね?

 ◇池上彰 ジャーナリスト
  その点は当然心配になりますよね。

  ※先月2015年6月26日『EU首脳会議』 ベルギーブリュッセル


 2009年当時
 『PIIGS』
  ポルトガル  (Portugal)    ※ポルトガルは自力で財政建て直し出来た。
  イタリア   (Italy)      ※まだ不安定
  アイルランド (Ireland)     ※アイルランドも自力で財政建て直し出来た。
  ギリシャ   (Greece)     ※ギリシャはご覧の通り全く出来ておらず。
  スペイン   (Spain)  を指す。※まだ不安定


 ◇増田ユリヤ ジャーナリスト(27年余り高校で歴史を教えた。国際ジャーナリスト)
 ・ヨーロッパの場合には今「移民」や「難民」の問題など多くありますよね。

 ・で、こうなった場合に【EU】が解体してしまうと、じゃあそれをどうするのか?
  という問題も出てきますし、

 ・ましてこの【ギリシャ】というのはアジアの地域から、例えばアフガニスタン
  中東の地域からヨーロッパに入ってくるところの「通り道」になると。
  地理的にもですよね。“非常に重要な場所”ですので、これからもやっぱり
  「頑張ってもらわなくてはいけない」という側面もあるんですよね。(苦笑)


   ◇橋本大二郎高知県知事/元NHK職員
    本当に「人迷惑な」話でもありますよね。

   ◇下平さやか キャスター
    ねー、デーブさん本当に、理念が「ヨーロッパを一つの国に」ってことで
    素晴らしいのに、実際は大変ですね、上手くやっていくのは。(苦)

   ◇デーブ・スペクター 米テレビプロデューサー
    そう。理想はいいんですけど現実いかにも違うって感じしますよね・・・ 。

 

◇感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣・ウ~ン、メモし終えてみればそれほど大した内容じゃなかったかな。(苦笑)
  ボードで、チプラス首相がメルケル首相に「損害賠償金で借金をチャラにしろ」
  という顔写真付きの吹き出しがとても面白かったんだよね(「ヤダ」って(笑))

  【ロシア】とは宗教的な歴史的繋がりか。その点は忘れていましたね。

┣・5日の国民投票の結果は61%を超える「No」でしたね。自分たちは悪くない
  とでも言いたげなギリシャ国民。不安視する声を挙げていたのは富裕層の人?
  「こんな財政じゃマズイだろう」と声高にせず、甘い妄想ばかり実行してきた。
  なんだかコレ、日本も割と当てはまるんじゃないかと書きながら真面目に
  怖くなってきた・・・

┣・2013年に公言された『一帯一路』構想。私は当時特に壮大な構想だとは思わな
  かったんですが、逆に紛争地帯を中国が開拓してくれるのであれば、それは
  素晴らしいことだなと感心したくらいです。ミャンマーなどは既に港までの
  道が開通されているわけでしょ? ラオスも東西道路網の要所として中国が
  やはり幅を効かせているようですし(日本もメコン川?などで橋を架けている
  と大きく報道してたが、そのすぐ脇でまた中国も橋を架けていたりする(笑))

┗・日本の報道を見聞していると、批判ばかり並んでいて、実はこのように我々が
  想っている以上の市場開拓が中国によって奪われているのではないかと不安を
  感じずにはいられなくなる。安倍首相が米国ベッタリなのは、媚び売る弱者の
  典型的な姿じゃないかと・・・ 。あーあ、おい、大丈夫か?>アベ自民党政権