白狸の考現家 +TV・RADIO +shikohin

幅広・デカイです。パソコン・タブレットでの閲覧を推奨します。

【ETV特集】

連合赤軍 終わりなき旅

www4.nhk.or.jp 47年前、あさま山荘事件で日本を震撼させた連合赤軍。服役を終えた元メンバーたちが重い口を開いた。葛藤を抱え続けながら生きる、終わりなき人生を追った。 連合赤軍事件から47年。事件の記憶が薄れていく中、連合赤軍とは何だったのか知り…

すぐそばにいる他者の物語

www4.nhk.or.jp 私たちが気づかない「他者」の眼ふるまいに苦しみ「生きづらさ」を抱えてきた6人が、演劇に出演。自らの言葉で紡ぎお互いを発見していくノーナレーションドキュメンタリー 私たちが気づかない「他者」の眼ふるまいに苦しんできた人々が自らの…

HOME 我が愛しの甲子園

www4.nhk.or.jp 日本人の心のホーム、甲子園。夏の100回大会の年に追った、師弟関係で結ばれた2人の監督の壮大な物語。野球というスポーツを通じて人を育てる男たちの喜びと葛藤を描く メジャーリーガー大谷翔平や菊池雄星を輩出した花巻東高校野球部の佐々…

ETV特集「彼らは再び村を追われた 知られざる満蒙開拓団の戦後史」

www4.nhk.or.jp 昭和初期、旧満州・中国東北部に入植した満蒙開拓団。多くの犠牲を払い帰国した彼らを待っていたのは国内の山林原野を切りひらく新たな開拓事業。開拓者たちの苦難の戦後史 昭和初期、国策により旧満州・中国東北部に渡った27万人の「満蒙開…

ETV特集 アンコール「ドヤ街と詩人とおっちゃんたち~釜ヶ崎芸術大学の日々~」

www4.nhk.or.jp 日雇い労働者の街、大阪・釜ヶ崎。酒、ギャンブル、家族離散…辛酸をなめてきたおっちゃんたちが心をわしづかみにする絵や詩を生み出している。人生が刻まれた表現に迫る。 釜ヶ崎芸術大学。NPOが運営し、街のあちこちで詩や絵、書道、音楽な…

ETV特集「誰が命を救うのか 医師たちの原発事故」

www4.nhk.or.jp 原発事故発生直後、人々を救うため福島に入っていった医師たちがいた。数千に及ぶ医師たち自身撮影の写真と映像から、当時の医療現場の実態の全ぼうを明らかにする。 福島第一原発の事故発生直後、福島に入っていった医師たちがいた。「安全…

ETV特集「原発事故 命を脅かした心の傷」

www4.nhk.or.jp 原発事故から8年。「ふるさとの喪失」が人々の心と体に何をもたらしたのか。苛酷な避難生活の中で死に至った経緯を綴(つづ)った未公開記録の分析等を通じ真相に迫る。 原発事故から8年。住み慣れた「ふるさとの喪失」が人々の心と体に何を…

ETV特集 追悼 梅原猛「スーパー能 650年目の革新」

www4.nhk.or.jp 先月亡くなった哲学者・梅原猛さんを追悼しての名作再放送。2013年、伝統的な能の常識をくつがえした「スーパー能・世阿弥」。作者の梅原さんと能楽師たちの18か月。 先月亡くなった哲学者・梅原猛さんを追悼しての名作再放送。2013年、能の…

ETV特集「熊を崇(あが)め 熊を撃つ」

www4.nhk.or.jp 東北の名峰・鳥海山のふもとで今も熊狩りを続ける「鳥海マタギ」。熊を“山の神様の使い”として崇めながら、なぜマタギは熊を撃つのか。息詰まる冬の熊狩りに密着した。 太古より雪深い地で狩りをなりわいとしてきた山の民マタギ。東北の名峰…

ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅~慟哭(どうこく)の愛と祈り~」

www4.nhk.or.jp 宮沢賢治には、生涯をかけて愛した男性がいた。「銀河鉄道の夜」などの作品に思わぬ背景があった。残された手紙やノートを読み解き、新たな宮沢賢治像を浮き彫りにする。 宮沢賢治には、生涯をかけて愛した同い年の男性がいた。「風の又三郎…

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 4▽理想郷の行方~ある開拓詩人一族の歳月

www4.nhk.or.jp 昭和43年、南米に向かう移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。その後10年ごとに移住者を取材した。そして50年。半世紀撮り続けた空前の番組ついに完結。 昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。デ…

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 第3回「異郷に生きる」

www4.nhk.or.jp 昭和43年、南米に向かう移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。その後10年毎に移住者を取材した。そして50年。半世紀撮り続けた空前のドキュメンタリー。 昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。デ…

ETV特集 ふたりの道行き「志村ふくみと石牟礼道子の“沖宮”」

www4.nhk.or.jp 水俣を描き続けてきた作家・石牟礼道子さんと、長年の友人で人間国宝の染織家・志村ふくみさん。二人が最晩年をかけ挑んだ「能」にこめられた思いに迫る。 水俣を描き続けてきた作家・石牟礼道子さんと、長年の友人で人間国宝の染織家・志村…

ETV特集 アンコール「佐藤さんとサンくん~難民と歩む あかつきの村~」

www4.nhk.or.jp ベトナム難民を受け入れてきた群馬県のあかつきの村。20年間、共に暮らしてきた佐藤明子さんと、心に傷を持つベトナム難民のサンくん。二人の歩みを見つめていく。 日本がインドシナ難民を受け入れて40年が過ぎた。私たちは異なる人々とどう…

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 第2回「夢と希望と愛の軌跡」

www4.nhk.or.jp 昭和43年、南米に向かう移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。その後10年毎に移住者を取材した。そして50年。半世紀撮り続けた空前のドキュメンタリー。 昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。デ…

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 第1回「アマゾンに生きた人々」

www4.nhk.or.jp 昭和43年、南米に向かう移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。その後10年毎に移住者を取材した。そして50年。半世紀撮り続けた空前のドキュメンタリー。 昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。デ…

ETV特集「移住50年目の乗船名簿」 半世紀かけて撮った人生 ついに放送

www4.nhk.or.jp 昭和43年南米に移住した人々のその後を10年毎に取材してきた元NHKディレクター相田洋(82)は今年、50年目の番組を制作。半世紀続く取材の裏にあるものとは。 50年前日本から南米に移住した人々が、どのような人生を歩んだのか10年ごとに取材…

ETV特集 アンコール「基地で働き 基地と闘う~沖縄 上原康助の苦悩~」

www4.nhk.or.jp アメリカ統治下、米軍基地で働かざるを得なくなった沖縄の人たち。労働者たちのリーダーとなった、上原康助の人生を未公開ノートからひもとき、基地の島・沖縄の苦悩を描く アメリカ統治下、米軍基地で働かざるを得なくなった沖縄の人たち。…

ETV特集「アイヌらしく 人間らしく~北海道150年 家族の肖像」

www4.nhk.or.jp 今年は「北海道」と名づけられて150年。先住民族アイヌにとってこの150年はどんな時代だったのか。差別と同化に苦しんだ家族、アイヌ文化を受け継ぐ若者たちに密着。 今年は「北海道」と名づけられて150年。先住民族アイヌにとってこの150年…

ETV特集「キャメラマンMIYAGAWAの奇跡」

www4.nhk.or.jp 日本映画を代表するカメラマン宮川一夫。黒澤や溝口、小津などの作品を撮影し数々の世界的映画賞を受賞した。生誕百十年、膨大な資料から奇跡の映像を生み出した秘密に迫る 日本映画を代表するカメラマン宮川一夫。黒澤や溝口、小津などの巨…

ETV特集 アンコール「極夜 記憶の彼方へ~角幡唯介の旅~」

www4.nhk.or.jp 厳冬の北極圏で何か月も太陽が昇らない「極夜」。探検家・角幡唯介は、この暗闇と極寒の世界をたった一人で旅をした。自撮りカメラの映像と肉声でつづる壮絶な旅の記録! 厳冬の北極圏で何か月も太陽が昇らない「極夜」。探検家・角幡唯介は…

ETV特集 アンコール「静かで、にぎやかな世界~手話で生きる子どもたち~」

www4.nhk.or.jp 耳が聞こえない子どもたちが手話で学ぶ明晴学園。小さな手がたくさんの言葉を紡ぎ出す。子どもたちの静かで、にぎやかな世界と卒業生の日々をノーナレーションでみつめる。 子どもたちが目をキラキラさせながら、手話で教科書にある「春のう…

ETV特集 アンコール「長すぎた入院」

www4.nhk.or.jp 精神科病院大国、日本。人生の大半を精神科病院で過ごした人の実態が、原発事故をきっかけに見えてきた。なぜ彼らは長期入院になったのか。当事者の証言で探っていく。 精神科病院大国、日本。世界の病床のおよそ2割が集中し、長期間、精神科…

ETV特集「写真は小さな声である~ユージン・スミスの水俣~」

www4.nhk.or.jp 写真集「水俣」で知られるユージン・スミス。今年生誕100年を迎えた彼のプリントや撮影時の録音が公開された。水俣に住み込み、患者さんの姿を世界に伝えた素顔に迫る。 公害の原点・水俣を世界に伝えたアメリカの写真家ユージン・スミス。そ…

ETV特集「わたしは誰 我是誰~中国残留邦人3世の問いかけ~」

www4.nhk.or.jp 「私は誰?」自らのルーツをたどり始めた中国残留邦人3世の若者たち。40年前、涙の肉親探しで帰国した1、2世。その苦労を聞き取りながら3世は今何を問いかけるのか。 40年前、日中平和友好条約の締結を機に本格化した中国残留邦人の肉親探し…

ETV特集「蜆蝶(しじみちょう)我の心の中で舞え~少年俳人・小林凜~」

www4.nhk.or.jp いじめが原因で不登校を続けていた少年俳人・小林凜。医師・日野原重明との対話を通じ、成長していった中学から高校までの3年間の軌跡を見つめ、生きるとは何か考える。 若者の自殺が多いこの時期に、いじめと不登校を経験した少年俳人・小林…

ETV特集「隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~」

www4.nhk.or.jp 戦時中、精神障害兵士が送られた国府台陸軍病院。約8000人のカルテから日本兵のトラウマがあきらかになった。発病した中国の戦場を取材。戦後の家族の姿を追う。 日中戦争から太平洋戦争の時代、精神障害兵士が送られた国府台陸軍病院。密か…

ETV特集「自由はこうして奪われた~治安維持法 10万人の記録~」

www4.nhk.or.jp 1925年から20年間にわたって施行された治安維持法。取締りの実態を記録した司法省や内務省など公文書から検挙者に関するデータを抽出し、運用の軌跡を検証した。 1925年に制定された当初、主に共産党などの取締りを目的としていた治安維持法…

ETV特集 シリーズ アメリカと被爆者 第2回「“赤い背中”が残したもの」

www4.nhk.or.jp アメリカ人作家が書いた被爆者の物語「NAGASAKI」。いま静かな波紋を広げている。長崎の5人の被爆者、その半生を描いたこの本から米の若者たちは何を見出すのか。 アメリカ人作家スーザン・サザードさんが書いた 「NAGASAKI」に注目が集まっ…

ETV特集 シリーズ アメリカと被爆者 第1回「シュモーさんを探して」

www4.nhk.or.jp 1949年、被爆地・広島で、被災者のために家を建てたアメリカ人のフロイド・シュモー。参加した日米のボランティアの証言や発掘した新資料から知られざる生涯に迫る。 原爆投下から4年後の広島。家を失った人々のため、日米のボランティアが住…